205件中 51 - 60件表示
  • グレタル・ステインソン

    グレタル・ステインソンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    翌シーズン2008年8月16日の開幕戦ストーク・シティFC相手に、移籍後初ゴールを決め3-1で勝利した。11月22日のミドルズブラ戦で2ゴール目を決めると、テイラーのゴールをお膳立てをし3-1で勝利した。シーズン最終節の1つ前の試合では、ハル・シティAFCでゴールを決め1-1と引き分けた。次のシーズンは、FAカップ4回戦シェフィールド・ユナイテッドFC戦で、シーズン初にして唯一となるゴールを決め2-0で勝利した。2010年3月20日に0-2と敗北したエヴァートンFC戦では1発レッドを貰い退場。グレタル・ステインソン フレッシュアイペディアより)

  • グレアム・カヴァナ

    グレアム・カヴァナから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ホーム・ファームFCでキャリアを開始し、そこでの活躍がミドルズブラFCのスカウトの目に留まり、イングランドに渡る。1992年には初出場を飾り、以降次の1993-94シーズンまでで20試合以上に出場していたが、プレミアリーグに復帰した1995-96シーズンを機にブライアン・ロブソン監督がファブリッツィオ・ラバネッリ、ニック・バーンビー、ジュニーニョ・パウリスタ、エメルソン(en)、ブランコ(en)といった大物を何百万ポンドも掛けて次々と補強する方針の影響から出場機会を得るのに苦戦し、1996年にストーク・シティFCへの短期期限付きを経て、同クラブと移籍金25万ポンドで完全移籍をした。ストーク・シティでは、加入1季目の1996-97シーズンにブリタニア・スタジアムでのフットボールリーグカップのロッチデールAFC戦で初得点を挙げ、ヴィクトリア・グラウンド(en)でのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦での決勝点を含む41試合4得点を記録した。1997-98シーズンは3部に降格する中で10得点を挙げた。新たにブライアン・リトル(en)監督を迎えた1998-99シーズンは、公式戦でチーム最多の13得点を挙げるも昇格出来ず、10得点を挙げた翌1999-2000シーズンは、プレーオフのジリンガムFC戦で敗れて昇格を逃しているが、フットボールリーグトロフィー決勝でのブリストル・シティFC戦(2-1)で先制点を挙げて優勝に貢献した。2000-01シーズンも中心選手として奮闘したものの、プレーオフのウォルソールFC戦で敗れて昇格を逃し、244得点45試合を記録したストーク・シティを2001年夏に退団した。グレアム・カヴァナ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ヘンリー

    トニー・ヘンリーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    1987年 - 1989年 : ストーク・シティFCトニー・ヘンリー フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・リケッツ

    マイケル・リケッツから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2004年6月、リーズ・ユナイテッドにフリートランスファーで入団。加入早々アピールに失敗し、ストーク・シティ、カーディフ・シティ、バーンリーとローン移籍を繰り返した。マイケル・リケッツ フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ベルゲル

    パトリック・ベルゲルから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ベルゲルは選手キャリアの多くを怪我に悩まされた。2006年11月にマーティン・オニール監督の構想から外れると2006年にストーク・シティFCにレンタル移籍、その後2007年5月28日にアストンヴィラとの契約を1年延長する事に合意した。そして2007-08シーズンを最後にクラブを去る事になった。アストン・ヴィラでは3シーズン在籍し、リーグ戦29試合に出場した。退団後はユース時代に所属していたスパルタ・プラハと2年契約を交わした。2010年1月6日、現役引退を表明した。パトリック・ベルゲル フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ピーテルス

    エリック・ピーテルスから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2013年6月、ストーク・シティFCへ移籍金360万ユーロで移籍。4年契約を結んだ。エリック・ピーテルス フレッシュアイペディアより)

  • セグンド・カスティージョ

    セグンド・カスティージョから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    そして2008年8月、長年エヴァートンFCの中盤を支えてきたリー・カーズリーの後釜として同クラブに加入した。契約は2008-09シーズン終了までのローン移籍。エヴァートンでの初出場は2008年9月14日のストーク・シティFC戦。同期入団のマルアン・フェライニと共にデビューした。初ゴールは、デビュー2戦目のスタンダール・リエージュ戦(2008年9月18日、UEFAカップ)。前半37分に約23メートルから強烈なミドルシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。セグンド・カスティージョ フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・フランシス

    ジェリー・フランシスから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2008年10月4日、彼にはニューカッスルのコーチオファーがあったが、その期間の不透明さを理由に、同時にオファーを受けていたストーク・シティのコーチに就任し、2012-2013シーズンの終わりまでストークでコーチをした。ジェリー・フランシス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレーアス・ヨハンソン

    アンドレーアス・ヨハンソンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2005年にイングランドのウィガン・アスレティックFCに移籍し、同年2月のストーク・シティFC戦でデビューしたが、専らガリー・ティールの控えだった。2007年7月にデンマークのオールボーBKに移籍。2007-08シーズンにリーグ戦31試合に出場し7得点をあげ、1999年シーズン以来となるリーグ優勝。UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09では予選を突破しグループステージ進出に貢献した。また2009年7月からはキャプテンを務めていた。アンドレーアス・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ピュー

    ダニー・ピューから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2007年11月2日、ストーク・シティFCはピューを獲得した。完全移籍を含んだローン契約で、2008年1月3日には完全移籍を果たす。主に左サイドのMFと左サイドバックとして活躍した。その翌年には控えに回るが、レギュラーのダニー・ヒギンボザムが負傷すると代役を務めた。ストークがプレミアリーグに昇格してからはそれほどレギュラーとしてプレーしていなかったが、当時ストーク監督のトニー・ピューリスはピューを評価して2010年12月20日に2013年までの契約を締結した。ダニー・ピュー フレッシュアイペディアより)

205件中 51 - 60件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード