106件中 51 - 60件表示
  • バックパス・ルール

    バックパス・ルールから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2011年11月にバックパス・ルールの反則を取られ滑稽なゴールを決められた後、ストーク・シティの代表Peter Coatesは「競技規則のあの部分は実際には全く機能していない。私はゴールキーパーへのバックパスでフリーキックが与えられた場面を最後に見た時期を覚えていない。至極当然のように無視されてきたように思う」と述べた。バックパス・ルール フレッシュアイペディアより)

  • ベン・フォスター (サッカー選手)

    ベン・フォスター (サッカー選手)から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    地元の小さなクラブチーム、レーシング・クラブ・ウォリックでキャリアを始める。2005年7月19日にストーク・シティからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。この移籍はアレックス・ファーガソンが偶然見に来た試合に出場していたGKがフォスターであり、その試合での活躍から獲得が決まった。移籍後すぐに下部リーグのワトフォードFCへとレンタル移籍で放出され、2005-2006シーズンは丸々ワトフォードで過ごすことになる。そこでフォスターはワトフォードをチャンピオンシップ3位へと導く大きな原動力となり、ワトフォードのプレミアリーグ昇格に貢献をする。昇格したワトフォードからの強い要請もあり、2006-2007シーズンも継続してワトフォードで過ごすことになったが、フォスターの孤軍奮闘も虚しくワトフォードは昇格1年目でプレミアリーグから降格してしまう。ベン・フォスター (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・エザリントン

    マシュー・エザリントンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    マシュー・エザリントン(Matthew Etherington, 1981年8月14日 - )は、イングランド、コーンウォール州トルーロ出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(左サイドハーフ)。プレミアリーグ・ストーク・シティ所属。マシュー・エザリントン フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・バトランド

    ジャック・バトランドから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2007年からバーミンガム・シティFCのユースチームに所属し、2010年にトップチーム昇格した。2011年から経験を積むためにフットボールリーグ2のチェルトナム・タウンFCにレンタル移籍した。チェルシーFCからも関心を寄せられたが、2013年1月31日、ストーク・シティFCと4年契約を結んだものの、2012-13シーズン後半戦はバーミンガムにレンタル移籍という形で残留することになった。ジャック・バトランド フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・アップソン

    マシュー・アップソンから見たストーク・シティストーク・シティFC

    2011年8月9日、ウェストハムの2部降格に伴いストーク・シティへ移籍。マシュー・アップソン フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ヒギンボザム

    ダニー・ヒギンボザムから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2006-07シーズンにはストーク・シティFCのキャプテンを務め、クラブのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。ダニー・ヒギンボザム フレッシュアイペディアより)

  • ブリタニア・スタジアム

    ブリタニア・スタジアムから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ブリタニア・スタジアム(Britannia Stadium)はイングランドのストーク・オン・トレントにあるスタジアムで、ストーク・シティのホームスタジアムである。ブリタニア・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・デ・ヘア

    ダビド・デ・ヘアから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2011年6月27日にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCのメディカルチェックを受け、6月29日に5年契約を交わした。7月23日、シカゴ・ファイアーとのプレシーズンマッチ(3-1)でマンUでの初出場を飾った。8月7日、FAコミュニティ・シールドのマンチェスター・シティFC戦(3-2)で公式戦デビューした。前半に2点を失ったが、後半に3点を奪って逆転勝利した。コミュニティ・シールドの1週間後、開幕のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦でプレミアリーグデビューし、シェーン・ロングのなんでもないシュートを後逸して失点したが、チームは2-1で勝利した。WBA戦の翌節のトッテナム・ホットスパーFC戦(3-0)でオールド・トラッフォードデビューし、何度かの決定機を防いで移籍後初のクリーンシートを達成した。トッテナム戦の6日後のアーセナル戦ではロビン・ファン・ペルシーのPKを防いだ。その後も何度かファン・ペルシーとアンドレイ・アルシャビンのシュートをセーブし、強豪相手の8-2という大勝につなげた。9月18日のチェルシーFC戦では印象的なセーブを何度も見せ、特にラミレスが空のゴールにシュートした場面では体全体を投げ出してゴールを阻止した。続くストーク・シティFC戦(1-1)でも2度の美しいセーブを見せ、急速なパフォーマンス改善を印象付けた。9月27日、UEFAチャンピオンズリーグのFCバーゼル戦(3-3)では、同大会において自身初の先発出場を果たした。10月23日に行われたマンチェスター・シティとのマンチェスター・ダービーでは、1955年以降のホームゲームで最悪となる6失点を喫した。その後はアンデルス・リンデゴーアとの併用となったが最終的には29試合に出場した。ダビド・デ・ヘア フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ジェラード

    スティーヴン・ジェラードから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    リヴァプールのチームメイトであるジェイミー・キャラガー、現在ストーク・シティFCに在籍中のマイケル・オーウェンとは、リヴァプールのアカデミー時代からの親友である。スティーヴン・ジェラード フレッシュアイペディアより)

  • アサモア・ギャン

    アサモア・ギャンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2010年8月31日、イングランド・プレミアリーグのサンダーランドAFCと4年契約を結んだ。スタッド・レンヌには移籍金1300万ポンドが支払われたが、この移籍金はトッテナム・ホットスパーFCからダレン・ベントを獲得した際の金額を上回り、サンダーランドAFC史上最高金額となった。背番号33を与えられ、9月11日のウィガン・アスレティックFC戦でダニー・ウェルベックとの交代で出場してデビューし、その試合で先制点を決めた。9月21日、フットボールリーグカップのウェストハム・ユナイテッドFC戦で初めて先発出場し、チーム唯一となる得点を決めた。11月6日のストーク・シティFC戦(2-0)ではプレミアリーグの試合で初めて先発出場して2得点を決めた。ストーク・シティFC戦の3日後に行われたトッテナム・ホットスパーFC戦(1-1)では同点弾を決め、チームを順位表の7位に押し上げた。11月14日には、スタンフォード・ブリッジで行われたチェルシーFC戦(3-0)で得点し、強豪相手のアウェーでの快勝に貢献した。2011年1月16日にはニューカッスル・ユナイテッドFCとのダービーマッチに先発出場し、94分に同点弾を決めて、ニューカッスル相手のシーズン2度目の敗北を阻止した。2011年9月、UAEリーグのアル・アインFCに期限付き移籍。アサモア・ギャン フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード