205件中 61 - 70件表示
  • セイ・オロフィンジャナ

    セイ・オロフィンジャナから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2003年にノルウェーのSKブランに移籍。この年28試合に出場し守備的MFながら9ゴールを奪う活躍みせ、2004年6月当時チャンピオンシップのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCに170万ユーロで移籍。その後2008年にプレミアリーグのストーク・シティFCを経て、2009年に現在所属しているハル・シティAFCに移籍した。ハル・シティ移籍後初ゴールは2009年11月、前所属クラブであるストークから奪ったものであった(この試合はハルが2-1で勝利した)。セイ・オロフィンジャナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・アリスメンディ

    ディエゴ・アリスメンディから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2008-09シーズンは28試合に出場した。56回目のリーグ制覇に貢献するとともにリーグ最優秀選手に選ばれた。2009年8月31日、300万ユーロ(約4億円)の移籍金でイングランドのストーク・シティFCに移籍した。移籍金は場合によっては550万ユーロ(約7億4000万円)まで上昇する。契約期間は5年間。南米のクラブから直接選手を獲得するのはストークの歴史上初だという。同チームでは期限付き移籍を繰り返した。ディエゴ・アリスメンディ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・オブライエン

    ジョーイ・オブライエンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ウェストハムでは、右サイドバックとしてプレーしてプレミアリーグ昇格に貢献し、昇格1季目の2012-13シーズンも当初は右サイドバックで起用されていた。しかし、ジョージ・マッカートニーが期待外れのパフォーマンスに終始していたことでサム・アラダイス監督によって左サイドバックへ転向して以来、大半を左サイドバックとして過ごしており、2012年11月19日のストーク・シティFC戦でプレミアリーグでの初得点を記録し、2013年1月1日のノリッジ・シティFC戦では決勝点を挙げている。1月13日に契約を2016年まで延長した。翌2013-14シーズンは両サイドバックで定期的に起用されていたが、2014年1月29日のチェルシー戦で肩を脱臼したことで約3ヶ月の離脱が決定し、5月11日の最終節でのマンチェスター・シティFC戦まで実戦から遠ざかっていた。ジョーイ・オブライエン フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・フラー

    リカルド・フラーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    サウサンプトン復帰後はシーズン最後の6試合に出場し6得点を決める活躍を見せ、4月のチャンピオンシップ月間最優秀選手賞を受賞した。しかし翌シーズンから指揮を執ることとなったのチーム構想から外れたため、2006年8月31日にストーク・シティFCへ移籍することとなった。リカルド・フラー フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・デュベリー

    マイケル・デュベリーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ストーク・シティFC 2004-2005 (loan)マイケル・デュベリー フレッシュアイペディアより)

  • ギー・ムッシー

    ギー・ムッシーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2011年7月19日にはエヴァートンFC、ウィガン・アスレティックFC、ストーク・シティFC、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCへの移籍が囁かれた中、6月30日に消滅したノッティンガム・フォレストFCとの契約を更新した。ギー・ムッシー フレッシュアイペディアより)

  • ティム・シャーウッド

    ティム・シャーウッドから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2015年2月14日、シャーウッドはアストン・ヴィラの監督に就任した。この発表はクラブの公式ツイッターを通して、2月11日にポール・ランバート解任の報に続いて発表された。翌日に行われたFAカップのレスター・シティ戦のハーフタイムにチームトークを行ったが、正式に指揮を執ったのはストーク・シティ戦であり、後半アディショナルタイムにヴィクター・モーゼスのペナルティキックにより1-2で敗れた。次戦のニューカッスル・ユナイテッド戦も0-1で落とし、初勝利は2015年3月3日に行われたウェスト・ミッドランズのライバルクラブであるウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦となった。その試合ではラスト1分にクリスティアン・ベンテケのペナルティキックにより2-1で勝利したが、それはストーク戦でシャーウッドが経験した内容と同様のものであった。4日後にはFAカップ準決勝でウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに2-0で勝利し、クラブを2010年以来となるウェンブリーへ導いた。2015年3月14日に行われたサンダランド戦では残留を争うライバルを前半の内に4-0と圧倒し、勝利を挙げた。2015年4月19日には2000年以来となるFAカップ決勝を戦ったが、アーセナルに0-4で敗れた。ティム・シャーウッド フレッシュアイペディアより)

  • ファイク・ボルキア

    ファイク・ボルキアから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2009年、AFCニューベリーの下部組織に在籍した時に、1年契約でサウサンプトンFCのアカデミーに移籍。その後、レディングFC、アーセナルFCの下部組織にも在籍した。アーセナルでは2013 ライオンシティカップに出場しSCコリンチャンス・パウリスタ、アイントラハト・フランクフルト、PSVアイントホーフェン、シンガポール国立フットボールアカデミーと対戦、シンガポール国立フットボールアカデミーから1得点を奪い、2-1の勝利に貢献した。2014年に2年契約でチェルシーFCに移籍した。2016年夏に契約満了であったが、2015年12月に退団しストーク・シティFCのトライアルに参加した。2016年3月に3年のプロ契約でレスター・シティFCに移籍した。当初はU-18チームの所属であったが、2016年7月にU-23チームに昇格、現在はそこに所属している。ファイク・ボルキア フレッシュアイペディアより)

  • ジェイク・リバモア

    ジェイク・リバモアから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2006年にトッテナムのアカデミーでキャリアをスタートさせ、2008年にトップチーム昇格。その後ミルトン・キーンズ・ドンズFC、クルー・アレクサンドラFC、ダービー・カウンティFCへのレンタル移籍を経験した後、2010年3月20日にストーク・シティFC戦でトップチームデビューを果たした。ジェイク・リバモア フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・パヴリュチェンコ

    ロマン・パヴリュチェンコから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    決定力にムラがあったものの、その決定力を開花させたEURO2008後は注目され始めた。2008年8月30日にディミタール・ベルバトフの後釜を探していたトッテナム・ホットスパーFCに移籍することが公式サイトで発表された。移籍金は1400万ユーロ。移籍後は初の国外移籍、クラブ自体の不振のせいか、EURO2008の輝きはみせられずにいたが、ハリー・レドナップが監督に就任しての一戦目、ボルトン・ワンダラーズFC戦では先制ゴールを挙げ、チームのシーズン初勝利に貢献した。トッテナムでの1年目は、カップ戦では8試合・9得点と活躍したものの、リーグ戦では28試合で5得点という結果に終わった。2009-10シーズンはじめには放出が取り沙汰され、ASローマ、ヘルタ・ベルリンへの移籍が噂されたが、プレシーズンでアピールし残留している。一時は、ジャーメイン・デフォー、ピーター・クラウチ、エイドゥル・グジョンセンに続く4番目のフォワードであったが、2月のウィガン・アスレティックFC戦で2ゴールをあげたのを皮切りに、クラウチを押しのけてレギュラーに復帰し、ゴールを上げ続けている。以前からメンタルの弱さを指摘し、パヴリュチェンコを冷遇してきたレドナップも「まるでロケットのようだ」と絶賛した。また、2010-11シーズンの重要な試合となったUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11のプレーオフ対BSCヤングボーイズ戦では、試合の大部分では消えていたのにもかかわらず、チームを救うミドルシュートを決め、トッテナムのフロントにフォワードの獲得を見送らせた。このシーズンはリーグ戦で29試合・9得点とフォワードの中では最高の成績を残し、チャンピオンズリーグではチームのベスト8進出に貢献した。また、同ポジションのライバルであるデフォーをベンチに、ロビー・キーン(シーズン途中にウェストハム・ユナイテッドFCへ)、クラウチ(ストーク・シティFCへ)を移籍に追い込んだ。ロマン・パヴリュチェンコ フレッシュアイペディアより)

205件中 61 - 70件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード