205件中 71 - 80件表示
  • ジョナサン・ウッドゲート

    ジョナサン・ウッドゲートから見たストーク・シティストーク・シティFC

    スパーズとの契約が2011年夏を以って満了なることを受けて、現地時間の7月11日にストーク・シティへの移籍が発表された。契約内容は1年契約で契約金は出場試合数に応じて支払われる歩合制で、活躍次第では1年間の契約延長のオプションも付いている。スパーズとの契約延長については打診があったようだが、トニー・ピューリス監督のラブコールと自身の新たなチャレンジとして移籍を決意したようだ。ジョナサン・ウッドゲート フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ペトロフ

    マルティン・ペトロフから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2009-10シーズンになると、カルロス・テベスやエマニュエル・アデバヨール等の新規選手が次々と加入していったためペトロフ退団の動きが見られ、移籍期限最終日の2009年9月1日にデヴィッド・ベントリーがマンチェスター・シティへ向かっていたことでペトロフがトッテナムと契約するのではとの憶測を呼んだ。トッテナム側は移籍金1000万ポンド+ベントリーの代役としてペトロフを望んでいたが、最終的にシティ側が期限付き・完全移籍の両方でベントリー獲得を取りやめたため、移籍話は消滅した。これに対し、ペトロフの代理人ラチェザル・タネフ(en)は監督であるヒューズが望まなかったため、この取引は決裂したと語った。しばしば出場すら出来ない状態が続いていたが、初先発した2010年9月28日のウェストハム・ユナイテッド戦で得点を挙げた。以降は再度出番が訪れなかったが、久しぶりの出場にして初先発となった10月18日のウィガン・アスレティックFC戦で得点を挙げると、続くフラム戦ではショーン・ライト=フィリップスに代わり先発起用され、それに応えるように得点を挙げた。2試合連続で先発起用、得点と上り調子にいくかに思われたが、以前から悩まされてきた膝の怪我を10月26日に悪化させてしまった。その後、ヒューズ監督に代わりロベルト・マンチーニ監督が就任すると、2試合連続で先発起用され、ストーク・シティFC戦(2-0)で得点を挙げた。また、頻繁に先発起用されていったことで、ヒューズ前監督の起用法を公に批判した。マルティン・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ジョンソン (サッカー選手)

    アダム・ジョンソン (サッカー選手)から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2011-12シーズン前の親善試合ダブリン・スーパーカップでのインテルナツィオナーレ・ミラノとリーグ・オブ・アイルランド11を相手(共に3-0)にそれぞれ得点を挙げる等、新シーズンに向けて好調さを見せると、スウォンジ・シティFCとの開幕戦 (4-0) では、シュートをミシェル・フォルムに一旦弾かれるも、エディン・ジェコが詰め込み得点を挙げたことでアシストを記録し、イーウッド・パークでのブラックバーン・ローヴァーズFC戦 (4-0) でゴール上隅へカーブをかけたシュートを放ち、先制点にして今季初得点を挙げ、続くアストン・ヴィラ戦 (4-1) でも得点した。2011年10月26日にフットボールリーグカップのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦 (5-2) で得点を挙げて勝利に貢献し、その3日後にリーグ戦でのウルヴァーハンプトン戦 (3-1) でも得点した。リーグカップでのアーセナルFC戦 (1-0) でセルヒオ・アグエロの決勝点をアシストし、ノリッジ・シティFC戦 (5-1) で途中出場から今季5得点目を記録。12月1日のストーク・シティFC戦 (3-0) 、4月14日のキャロウ・ロードでのノリッジ・シティ戦 (6-1) でも得点し、公式戦7得点でシーズンを終了した。アダム・ジョンソン (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ギジェルモ・フランコ

    ギジェルモ・フランコから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2009年夏の移籍期間中には所属クラブが決まらなかったが、9月11日、イングランドのプレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドFCと1年契約を結び、ウェストハム・Uに在籍する初めてのメキシコ人選手となった。9月25日には、クラブが破産の危機に陥っていることが明らかにされた。10月17日のストーク・シティFC戦 (1-2) でデビューし、10月31日のサンダーランドAFC戦で移籍後初得点となる先制点を挙げたが、この試合は2-2の引き分けに終わった。2010年4月24日のウィガン・アスレティックFC戦 (3-2) ではスコット・パーカーの決勝点をアシストし、FLチャンピオンシップ(2部)降格から遠ざかる勝利に貢献。彼自身はクラブ残留を希望したが、シーズン終了後の契約満了にともなってウェストハム・Uを離れた。ギジェルモ・フランコ フレッシュアイペディアより)

  • ロリー・デラップ

    ロリー・デラップから見たストーク・シティストーク・シティFC

    デラップの最大の武器として知られているのが、“人間発射台”とも言われるその群を抜くスローインの能力である。彼のスローインの飛距離、速度ともフリーキック並みである為、特にサイドライン間が狭いストーク・シティのブリタニア・スタジアムではゴール前のニアサイドはおろかファーサイドにも低く鋭い弾道の高速スローインを投げ込むことが可能となっている。その飛距離は40メートルと言われている。ロリー・デラップ フレッシュアイペディアより)

  • ロリー・デラップ

    ロリー・デラップから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2006年、ミック・マッカーシー元アイルランド代表監督が指揮するサンダーランドAFCに移籍するも、故障に悩まされてあまり出場機会は無かった。この年の秋に監督がロイ・キーンへと交代するとデラップはポジションを失い、10月にストーク・シティFCへレンタルで出されてしまう。ロリー・デラップ フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・キューウェル

    ハリー・キューウェルから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    デビュー戦となったのは、1996年3月30日にホームで行われ、0-1で敗れたミドルズブラ戦であった。この頃は、後にウエストライフのメンバーとなるニッキー・バーンと同居していた。4月にはチリ戦でオーストラリア代表デビューを飾った。リーズでの初得点は、1997年10月に行われ、3-1で勝利したリーグカップのストーク・シティ戦で記録したものである。ハリー・キューウェル フレッシュアイペディアより)

  • サロモン・カルー

    サロモン・カルーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2010年は出場機会数こそは減るものの、4月25日のストーク・シティFC戦でチェルシーでは自身初となるハットトリックを達成するなど能力の高さを証明している。サロモン・カルー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・アレン (1990年生のサッカー選手)

    ジョー・アレン (1990年生のサッカー選手)から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ジョセフ・マイケル・"ジョー"・アレン(Joseph Michael "Joe" Allen, 1990年3月14日 - )は、イギリス(ウェールズ)・カーマーゼン出身サッカー選手。プレミアリーグ・ストーク・シティFC所属。ポジションはMF。ウェールズ代表。ジョー・アレン (1990年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • リッチー・デ・ラエト

    リッチー・デ・ラエトから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2007年8月17日、デ・ラエトは100,000ポンドでベルギーのロイヤル・アントワープFCからストーク・シティFCに加入し、3年間の契約を結んだ。リッチー・デ・ラエト フレッシュアイペディアより)

205件中 71 - 80件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード