205件中 81 - 90件表示
  • ヘイザル・ヘルグソン

    ヘイザル・ヘルグソンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2009-10シーズンの殆どをレンタル先のワトフォードFCで過ごし、シーズン終了に伴いQPRへ戻った。復帰した2010-11シーズンのヘルグソンは、レギュラーの座を勝ち取り、ロンドンのライバルであるクリスタル・パレスFCをホームのロフタス・ロードで決勝ゴールを決めたのを含め13ゴールを記録。また、チームは同シーズンを優勝した。プレミアリーグへ昇格した2010-11シーズン、ヘルグソンは監督の下でレギュラーとしてプレーし、最大のライバルであるチェルシーFC戦でダヴィド・ルイスに倒されPKを獲得、自らPKを決めると、これが決勝ゴールとなり1-0で勝利。このウェスト・ロンドン・ダービーの勝利は、プレミアリーグ創設後に初勝利した1996年から15年以上も経過していた。その後、アウェーのストーク・シティFC戦では、見事なヘディングゴールと押し込んで決めたゴールで2得点を決め3-2と勝利した。2011年12月3日に、1-1と引き分けたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦でヘディングゴールを決めると、QPRのクラブ記録となるホームでの最多得点記録に並んだ。鼠径部の負傷により、後半戦の殆どを欠場しなければならなかったものの、全大会で記録した9ゴールはチーム内トップだった。シーズン最終戦でマンチェスター・シティFC相手に2-3と敗北したが、かろうじて降格を回避した。ヘイザル・ヘルグソン フレッシュアイペディアより)

  • プレミアリーグ2013-2014

    プレミアリーグ2013-2014から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

     一方残留争いでは、クリスマス時点で最下位で降格候補筆頭であったサンダーランドが、シーズン最終盤でチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドを撃破するなど4連勝で降格圏を脱出。結局14位でフィニッシュした。1961-62シーズン以来のトップディヴィジョン昇格でプレミアリーグ初挑戦のカーディフ・シティは、マンチェスター・シティを撃破するなどまずまずの立ち上がりを見せたものの、徐々に下降線をたどり、第21節に降格圏に。さらに冬の移籍市場を巡りタン会長とマッケイ監督が対立してマッケイ監督が解任され、スールシャールが就任するも、第22節以降3勝3分11敗と状況は変わらず。第37節のニューカッスル・ユナイテッド戦に敗れて降格が決定した。シーズン序盤から6連敗を喫し下位に低迷していたフラムは、2度の監督交代に踏み切るも効果はあまり出ず。新年に入っても9戦勝ちなしなど苦戦が続き、結局第24節以降降格圏を抜け出せず、第37節にストーク・シティに敗れて降格が決定。シーズン中盤まで中下位で推移していたノリッジ・シティは、第32節のスウォンジー・シティに敗れて17位になり降格圏が目前にせまると、監督交代に踏み切るも時すでに遅し。ラスト7試合で1勝もできず、第37節で降格圏に転落し最終節(第38節)にアーセナルに敗れて降格が決定した。プレミアリーグ2013-2014 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーの歴史

    サッカーの歴史から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    チャーターハウスはアソシエーション・フットボールを設立させるための歴史的な呼びかけを行った。この頃、パブリックスクールではフットボールは冬場の主流スポーツであった。1840年代、チャーターハウスとウェストミンスター・スクールの生徒の取り巻きは回廊でフットボールをプレーする際に制限されるという意味の発言を行い、ラグビー校のような他の学校で発展していた、ラフプレーで転倒するようなハンドリングゲームは不可能であるとし、新たなルール策定を希望していた。アソシエーション・フットボールのルール策定が行われた1860年代に、チャーターハウスとウェストミンスター校の代表者はパスゲームに対する推奨を行い、特にボール保持者の前方へとパスをすることを許すルールを策定した。その他の学校(特にイートン校、シュルーズベリー校、ハーロー校)は厳しいオフサイドルールを用いたドリブルによるゲームを好んだ。の見習い労働者がストーク・オン・トレントにいた1863年、チャーターハウス校の卒業生はストーク・ランブラーズというサッカークラブを設立した。1867年、フットボール・アソシエーションはチャーターハウスとウェストミンスター校の試合を好意的にとらえ、前方にパスを送ることを認める「ルーズ」なオフサイドルールを採択した。現代の前方へパスを出すことを許可するルールはチャーターハウスとウェストミンスター校の試合のルールが直接反映されたものとなっている。サッカーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ヘセ・ロドリゲス

    ヘセ・ロドリゲスから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ヘセ・ロドリゲス・ルイス(、 1993年2月26日 - )は、スペイン・カナリア諸島州ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア出身のサッカー選手。ストーク・シティFC所属。ポジションはフォワード。ヘセ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • マルク・ムニエッサ

    マルク・ムニエッサから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2012-13シーズンよりトップチームに昇格。2013年7月2日、ストーク・シティFCに移籍決定。マルク・ムニエッサ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・サンマルティン・マト

    ホセ・ルイス・サンマルティン・マトから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2015年6月16日、ストーク・シティFCへ完全移籍した。ホセ・ルイス・サンマルティン・マト フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ホジナー

    フィリップ・ホジナーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    U20までのカテゴリーでは招集され、2011年にA代表デビューを果たすが、同じフォワードのポジションにギド・ブルクシュタラー(シャルケ04)やマーティン・ハルニック(ハノーファー96)、マルク・ヤンコ(FCバーゼル)、マルコ・アルナウトヴィッチ(ストーク・シティFC)らがいるため、2017年5月現在A代表には招集されていない。フィリップ・ホジナー フレッシュアイペディアより)

  • ディーン・アシュトン

    ディーン・アシュトンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ウィルトシャーのスウィンドンに生まれ、チェシャーのホームズチャペルで育ったアシュトンは、ユース時代をストーク・シティFCとクルー・アレクサンドラFCの下部組織で過ごし、ダリオ・グラディ(en)監督の下、2000年のジリンガムFC戦(1-0)に16歳でプロデビューを果たした。それから3ヶ月後のグリムズビー・タウンFC戦(3-1)で途中出場から2試合目を飾り、バーンリーFC戦(4-2)でプロ初得点を記録。2001年1月にFAカップのカーディフ・シティFC戦で初先発出場をしている。最終的にプロ1季目である2000-01シーズンは、ボルトン・ワンダラーズFC戦、ポーツマスFC戦、ジリンガム戦、ウィンブルドンFC戦での決勝点を含めて2部で8得点を記録した。ディーン・アシュトン フレッシュアイペディアより)

  • カールトン・コール

    カールトン・コールから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    トルコ1部のガラタサライとプレミアリーグのストーク・シティFCからのオファーがあったものの、クラブをトップリーグへ昇格させる戦いのために残留することを決意したコールは、2部での2011-12シーズン開幕戦のカーディフ・シティFC戦と次のドンカスター・ローヴァーズFC戦で共に先発落ちをし、フレデリック・ピキオンヌに代わって75分と62分に途中出場するも得点を挙げられず、あまり良いスタートを切れなかった。しかし、次の4試合で立て続けに先発出場すると毎試合得点を挙げて4得点を挙げて4得点を記録し、9月10日のポーツマスFC戦(4-3)では、76分にマシュー・テイラーのクロスが上隅へ逸れる前に追いついて得点を挙げ、打ち合いを制することに一役買った。2011年11月19日にアウェイでのコヴェントリー・シティFC戦(2-1)でクラブのリーグアウェイ戦通算2000得点目を挙げる。12月26日のバーミンガム・シティFC戦(1-1)で移籍後通算50得点目を記録した。2012年5月19日にブラックプールFCとの昇格プレーオフ決勝戦(2-1)という重要な試合で今季15得点目となる先制点を挙げ、1季でのプレミアリーグ復帰に貢献した。カールトン・コール フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)

    セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2005年夏、レアル・サラゴサに移籍した。サイドハーフとしてもフォワードとしてもプレーできることから利便性が高く、2006-07シーズンにレギュラーに定着し、2007-08シーズンにはリーグ戦38試合すべてに出場したが、結局はセグンダ・ディビシオン(2部)に降格した。クラブが降格したことでレアル・サラゴサを離れるのではないかという噂がいっそう煽られ、2008年夏にはプレミアリーグのリヴァプールFC、トッテナム・ホットスパーFC、ウェストハム・ユナイテッドFC、ストーク・シティFCなどが獲得に興味を寄せた。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督はプレシーズンの練習から彼を除外し、2008-09シーズン開幕戦のレバンテUD戦も招集外となった。セルヒオ・ガルシア (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

205件中 81 - 90件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード