166件中 101 - 110件表示
  • ゲイリー・コール

    ゲイリー・コールから見たスヌーピースヌーピー

    イリノイ州に生まれる。幼い頃から俳優業に興味を抱き、最初の演技は地元の高校が製作したスヌーピーの劇だった。その高校を卒業後には、イリノイ州立大学へ進学して本格的に演技を学ぶ。ゲイリー・コール フレッシュアイペディアより)

  • サイボーグクロちゃん

    サイボーグクロちゃんから見たスヌーピースヌーピー

    2015年(平成27年)11月には作中(第1巻のみ作後)の出来事に至るまでを描いた新作を収録した、新装版を刊行開始。第1巻の帯には、同じ名前であるお笑い芸人のクロちゃんがコメントを寄せている。また、スヌーピーの着ぐるみが登場するシーンでは着ぐるみにモザイクがかけられており、ミーの台詞も改変されている。サイボーグクロちゃん フレッシュアイペディアより)

  • ボトルキャップ

    ボトルキャップから見たスヌーピースヌーピー

    玩具(景品)としてのボトルキャップはペプシコーラが1998年に日本で発売したペプシマンのボトルキャップが最初である。その成功から清涼飲料水の定番のおまけとして定着し、スター・ウォーズ・シリーズ、猿の惑星、SNOOPY、イチロー、ガンダム、ドラえもんなど様々なプロパティとのコラボレーションを実現させ、コレクターも多い。食品に付属されているため、広義には食玩に含まれる。ちなみにこの種のおまけは、ボトルのキャップ部の下(首部分)にぶら下げることから首掛け景品と呼ばれることがある。ボトルキャップ フレッシュアイペディアより)

  • サクマ式ドロップス

    サクマ式ドロップスから見たスヌーピースヌーピー

    スヌーピータウン CANDY!!(販売:明治製菓株式会社)サクマ式ドロップス フレッシュアイペディアより)

  • 曽我部恵一

    曽我部恵一から見たスヌーピースヌーピー

    ケンタッキーフライドチキン 「スヌーピーボウル&プレートつきパック『走る女の子』」篇」(2008年11月27日 - )※ボーカルは娘の曽我部ハルコが担当。曽我部恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木まりえ

    鈴木まりえから見たスヌーピースヌーピー

    好きなキャラクターはスヌーピー。部屋にはスヌーピーのぬいぐるみが大量に置かれている(らしい)。鈴木まりえ フレッシュアイペディアより)

  • 林原めぐみ

    林原めぐみから見たスヌーピースヌーピー

    趣味はスヌーピーグッズや金券などの収集、アロマテラピー。好きな食べ物は肉・いちご・盛岡冷麺・焼肉・寿司。神戸市に愛着を持っており、自分の第2の故郷とも語っている。好きなキャラクターに前述のスヌーピーとハローキティと快獣ブースカを挙げており、ブースカ!ブースカ!!の主題歌を歌うのもその縁である。スヌーピーに関しては、特にその兄である「スパイク」を「ヒゲ」という呼称で気に入っており、旅行などで遠出をする際にぬいぐるみを持って行くことが多い。また、エッセイ執筆や作詞の際に過去使用していたワープロには「ウッドストック」と名づけて愛用していたほか、スヌーピーの文庫本の1冊にはあとがき部分に寄稿をしたこともある。林原めぐみ フレッシュアイペディアより)

  • リラックス (雑誌)

    リラックス (雑誌)から見たスヌーピースヌーピー

    2000年05月号:スヌーピー、SUBURBIA SUITE 2000リラックス (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 漫画家

    漫画家から見たスヌーピースヌーピー

    個人名とチーム・スタジオ名明記のケースも多くなっている(永井豪:ダイナミックプロ 等)。一方で、スヌーピーで有名なアメリカの漫画「ピーナッツ」の漫画家チャールズ・M・シュルツのように、数十年に渡って1人の漫画家がアシスタントも使わず作品を描くケースもある。漫画家 フレッシュアイペディアより)

  • 東京キャラクターストリート

    東京キャラクターストリートから見たスヌーピースヌーピー

    テレビ局のキャラクターグッズショップ、『ウルトラマン』や『あらいぐまラスカル』『スヌーピー』などのキャラクターグッズ専門店、トミカやレゴの専門店など、キャラクターショップ29店が、約80mの通路を挟んで軒を連ねており、旅行客や親子連れ、キャラクター好きの若者などで賑わっている。なお、店舗数は2011年4月以前は14店、2011年7月のリニューアル時点では18店とカフェ1店、2013年12月初頭までは21店だった。東京キャラクターストリート フレッシュアイペディアより)

166件中 101 - 110件表示