62件中 21 - 30件表示
  • スヌーピー

    スヌーピーから見たピーター・ラビット

    山高帽(驚くと飛ぶ)と黒い蝶ネクタイを着用し、常に鞄を引きずっている。名刺には「破産処理、財産管理、事故処理、医療問題、遺言検認、遺言書作成、そして、犬にかまれたときに」と書かれている。ピーター・ラビットや赤ずきんが顧客になったこともある。公判の日に法廷の場所が分からなくなることもしばしば。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見たヘリコプター

    視力が悪く普段はコンタクトレンズを着けている。後悔していることは髭を生やさなかったことなど。恋多き性格で、何度か結婚寸前まで話が進んだこともあるがいずれも破局。結婚式の直前に媒酌人を頼んだ兄のスパイクに婚約者を奪われたこともあり、そのこともあってかガールハントの対象は女の子になってしまった。スポーツ万能で漫画の中では様々なスポーツに挑戦している。チャーリー・ブラウンの野球チームでも不動のショート。冬の時期はアイスホッケーにいそしみ、1980年頃からスケートリンクの製氷車、ザンボーニの運転を始め、1991年には「世界一のザンボーニ・ドライバー」としてザンボニー社から表彰されている。さらに耳を回転させることにより、ヘリコプターのように飛行することが可能。成犬になってからは背中に大きな黒斑があるのだが、めったに描かれない(背を見せるシーンがない)。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見たザンボニー

    視力が悪く普段はコンタクトレンズを着けている。後悔していることは髭を生やさなかったことなど。恋多き性格で、何度か結婚寸前まで話が進んだこともあるがいずれも破局。結婚式の直前に媒酌人を頼んだ兄のスパイクに婚約者を奪われたこともあり、そのこともあってかガールハントの対象は女の子になってしまった。スポーツ万能で漫画の中では様々なスポーツに挑戦している。チャーリー・ブラウンの野球チームでも不動のショート。冬の時期はアイスホッケーにいそしみ、1980年頃からスケートリンクの製氷車、ザンボーニの運転を始め、1991年には「世界一のザンボーニ・ドライバー」としてザンボニー社から表彰されている。さらに耳を回転させることにより、ヘリコプターのように飛行することが可能。成犬になってからは背中に大きな黒斑があるのだが、めったに描かれない(背を見せるシーンがない)。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見たソニー・クリエイティブプロダクツ

    誕生日は8月10日。初めは、この日か8月28日かはっきりしなかったが、2011年6月1日付のソニー・クリエイティブプロダクツ発行のプレスリリース及び同年7月4日付の日本のスヌーピー公式サイト(下記リンクを参照のこと)発行のメールマガジン111号にて、それが8月10日に決定したことが発表され、これに伴い、同サイトでは、スヌーピーのバースデー特設サイトをオープンさせた。また、2015年に日本記念日協会に「スヌーピーの日」と認定された。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見たQVC

    SNOOPY×USPP(長谷川ミキプロデュース) - QVCがファッションブランドUSPP&キャラクターのコラボが実現。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見たピーナッツ (漫画)

    スヌーピー(Snoopy)は、アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に登場するビーグル犬。性別はオス。作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬である。趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたる。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見たチャーリー・ブラウン (ピーナッツ)

    スヌーピー(Snoopy)は、アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に登場するビーグル犬。性別はオス。作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬である。趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたる。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見たルートビア

    好きな食べ物はドッグフードはもちろんのこと、チョコチップクッキーやピザ、アイスクリーム、ルートビアなど。コーラも飲んでいるらしく、段ボール2箱以上ビンがたまっている。しかし、大好物である筈のチョコチップクッキーや、アーモンドクッキーのような「食べ物が中に入っている食べ物」は嫌いだと言っていたこともあった。彼は犬歯をはじめとした犬の歯並びをしておらず、人間と同じ歯並びをしているのが、「いたずらスヌーピー」の作中でにんまり笑った時に確認できる(かなりキレイな歯並びをしている)。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見た遊撃手

    視力が悪く普段はコンタクトレンズを着けている。後悔していることは髭を生やさなかったことなど。恋多き性格で、何度か結婚寸前まで話が進んだこともあるがいずれも破局。結婚式の直前に媒酌人を頼んだ兄のスパイクに婚約者を奪われたこともあり、そのこともあってかガールハントの対象は女の子になってしまった。スポーツ万能で漫画の中では様々なスポーツに挑戦している。チャーリー・ブラウンの野球チームでも不動のショート。冬の時期はアイスホッケーにいそしみ、1980年頃からスケートリンクの製氷車、ザンボーニの運転を始め、1991年には「世界一のザンボーニ・ドライバー」としてザンボニー社から表彰されている。さらに耳を回転させることにより、ヘリコプターのように飛行することが可能。成犬になってからは背中に大きな黒斑があるのだが、めったに描かれない(背を見せるシーンがない)。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

  • スヌーピー

    スヌーピーから見たココナッツ

    苦手な物は隣に住む猫(名前はWW2、すなわち「第二次世界大戦」。シュルツは第二次世界大戦に従軍している)やココナッツ(作者自身が苦手だった。スヌーピーに限らず、『ピーナッツ』の登場人物の多くがココナッツを嫌う描写がある)、ビーツなど。フリーダの飼い猫・ファーロンとも仲が悪い。閉所恐怖症なので犬小屋の屋根の上で眠る。眠っていても屋根から落ちないのは作者曰く「渡り鳥の足と同じで、耳の筋肉が収縮して屋根につかまって落ちないようにしているから」らしい。スヌーピー フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「スヌーピー」のニューストピックワード