86件中 21 - 30件表示
  • スノーボード

    スノーボードから見たハーフパイプ

    1998年 長野冬季オリンピックより、アルペンスタイルのパラレル大回転、フリースタイルのハーフパイプが正式種目となる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たスノーボードクロス

    2006年 トリノ冬季オリンピックより、スノーボードクロスが正式種目となる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たアメリカ合衆国

    1800年代にすでに1枚の板で雪山を滑っていたとも言われているが、アメリカ合衆国で1963年にトム・シムスがスケートボードを加工して作ったスキーボードや、1965年にシャーマン・ポッペン (Sherman Poppen) が作った「Snurfer(スナーファー:snow とsurfer の合成語)」と呼ばれる雪上サーフィンの玩具などが起原とされている。これは、非常に小さな合板の板に紐をつけバランスを取り真直ぐに斜面を滑り降りるだけの乗り物であった。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たスケートボード

    1990年代に入り、当時若者に人気があったスケートボードのイメージと重なり、爆発的ブームとなって産業として育ってゆく。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たプロスノーボーダーズ アソシエイション アジア

    PSA ASIAスノーボードプロツアースノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た炭素繊維

    世界的にスキー・スノーボード製造工場が数社に集約されており、多くのブランドがそれらの工場に生産を委託し、大量生産されている。各工場が独自の技術でしのぎをけずっているが、それはスキーにおける各工場とメーカーの技術提携に見られるものと同じである。一般に流通するスノーボードにはほとんど性能の差はなく、乗り心地の好みによるところが大きい。一方、昔ながらの職人的技術で個性的な上級者向けスノーボードの少量生産を続けているメーカーも存在する。独自の製造技術を持っている場合もあるが、多くは職人の手工業的スキー製造技術で生産している。大量生産製品と違い、細かな改良が出来るといった小回りが得意なため、大手メーカーにはない独自な形状や性能を持ったスノーボードが生産され、マニアを中心に比較的高価な価格で流通している。日本ではヨネックスが独自の炭素繊維加工技術をもち、またオガサカスキーでは多くの日本産ブランドのモデルが生産されているが、日本国外のメーカーが技術的優位に立ち、量的にも日本国内に流通するスノーボードのうち日本製は20%前後と言われる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た大回転

    1998年 長野冬季オリンピックより、アルペンスタイルのパラレル大回転、フリースタイルのハーフパイプが正式種目となる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たボブスレー

    「スノーボード」という名称は、アメリカとカナダを中心とした北米スノーボード協会が発足した時、新しいスポーツのジャンルとしてスノーボードという名称に統一したことに始まる。1970年代まで、同じく「スノーボード」という名称の雪上を滑るボブスレーのような競技が存在していたが、一般には普及しなかった。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たサーフィン

    1800年代にすでに1枚の板で雪山を滑っていたとも言われているが、アメリカ合衆国で1963年にトム・シムスがスケートボードを加工して作ったスキーボードや、1965年にシャーマン・ポッペン (Sherman Poppen) が作った「Snurfer(スナーファー:snow とsurfer の合成語)」と呼ばれる雪上サーフィンの玩具などが起原とされている。これは、非常に小さな合板の板に紐をつけバランスを取り真直ぐに斜面を滑り降りるだけの乗り物であった。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た回転 (スキー)

    2014年 ソチ冬季オリンピックより、アルペンスタイルのパラレル回転、フリースタイルのスロープスタイルが正式種目となる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

86件中 21 - 30件表示

「スノーボード」のニューストピックワード