86件中 61 - 70件表示
  • スノーボード

    スノーボードから見た国際スキー連盟

    1974年のブラジルIOC総会ではすでに協議されていた。1998年の長野大会からの正式種目化が決まったとき、国際オリンピック委員会は、国際スノーボード連盟ではなく国際スキー連盟を統括団体と決定した。現在もスキー競技としてのスノーボード種目となっている。当時3回のワールドチャンピオンに輝いていたテリエ・ハーコンセンをはじめとするスノーボーダーの中には「スキーヤーではない」との思いから出場をボイコットした者もいた。また、「国のために大会に出るのではない」とする意識から、ハーフパイプ競技はスノーボーダーから嫌忌されることもある。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たレール

    スノーボード禁止としたスキー場でも、登録や受講、スキー場が実施するテストを受検してライセンスを取得するなどの条件を満たせば滑走できるようにする所も増えていった。その後、スノーボーダーの技術向上などによりライセンス制の廃止が相継ぎ、現在では見られなくなった。バブル期にはスキーが大流行し、週末になると1台のリフトを数時間待つということもあったが、時代は移り変わり、客の減少と年々増加するスノーボード比率も受け入れなくてはならないという、スキー場の経営的側面も影響している。長野県の老舗スキー場などでは、事故が多いスノーボード解禁には消極的だったが、現在はスノーボードを全面滑走禁止にしているゲレンデはほとんどない。近年では、キッカーやレール、ハーフパイプといった施設を揃えたスノーボードパークを設置するリゾートも増え、多くのスノーボーダーの人気を集めている。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た六甲山人工スキー場

    六甲山人工スキー場(デイタイムの16時まで滑走禁止 ナイターのみ滑走可能)スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たフィンランド

    正統性、オープン性、革新性を基本理念とし、世界最高級のスノーボード競技環境を創造することを使命とするライダー中心の非営利組織で、現在もっとも大きなフリースタイルイベントのツアーとなっている。TTRはThe Ticket to Rideの略。2002年の国際スノーボード連盟の破綻を受け、ミュンヘンで行われたISPO(国際スポーツ用品見本市)でテリエ・ハーコンセンと業界のイノベーター達によって創設された。アメリカ合衆国、ノルウェー、韓国、中国、オーストリア、スイス、イングランド、日本、ロシア、フランス、イタリア、トルコ、フィンランド、スウェーデン、アンドラ、ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドほかの国で、1から6個の星によってランクづけされたイベントを開催している。1シーズンにおける個人成績の高い方から8大会を取って平均し、その平均成績トップの男女1名ずつがチャンピオンとなる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た応急手当

    もともとはサーフィンやスケートボードを雪山でも、といった楽しみ方をされていたが、既にスキー場という娯楽施設が整備されていたため、その環境にも適応すべくスキー製造技術を取り入れていった。圧雪された斜面での滑走性能が上がり、現在では整備されたゲレンデで滑るのが一般的となったが、ゲレンデ外(オフピステ)の雪山を滑るバックカントリースノーボードも人気である。人工的に管理された範囲外での滑走となるため、より高度な滑走技術だけでなく、雪崩のリスクマネジメント、応急手当など、安全に関わる知識を学ぶことや、ビーコンなどの専用の装備が必要である。バックカントリースノーボードはビッグマウンテン、狭義にはエクストリームなどとも呼ばれる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たオーストリア

    正統性、オープン性、革新性を基本理念とし、世界最高級のスノーボード競技環境を創造することを使命とするライダー中心の非営利組織で、現在もっとも大きなフリースタイルイベントのツアーとなっている。TTRはThe Ticket to Rideの略。2002年の国際スノーボード連盟の破綻を受け、ミュンヘンで行われたISPO(国際スポーツ用品見本市)でテリエ・ハーコンセンと業界のイノベーター達によって創設された。アメリカ合衆国、ノルウェー、韓国、中国、オーストリア、スイス、イングランド、日本、ロシア、フランス、イタリア、トルコ、フィンランド、スウェーデン、アンドラ、ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドほかの国で、1から6個の星によってランクづけされたイベントを開催している。1シーズンにおける個人成績の高い方から8大会を取って平均し、その平均成績トップの男女1名ずつがチャンピオンとなる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たバックカントリースノーボード

    もともとはサーフィンやスケートボードを雪山でも、といった楽しみ方をされていたが、既にスキー場という娯楽施設が整備されていたため、その環境にも適応すべくスキー製造技術を取り入れていった。圧雪された斜面での滑走性能が上がり、現在では整備されたゲレンデで滑るのが一般的となったが、ゲレンデ外(オフピステ)の雪山を滑るバックカントリースノーボードも人気である。人工的に管理された範囲外での滑走となるため、より高度な滑走技術だけでなく、雪崩のリスクマネジメント、応急手当など、安全に関わる知識を学ぶことや、ビーコンなどの専用の装備が必要である。バックカントリースノーボードはビッグマウンテン、狭義にはエクストリームなどとも呼ばれる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た国際スノーボード連盟

    1974年のブラジルIOC総会ではすでに協議されていた。1998年の長野大会からの正式種目化が決まったとき、国際オリンピック委員会は、国際スノーボード連盟ではなく国際スキー連盟を統括団体と決定した。現在もスキー競技としてのスノーボード種目となっている。当時3回のワールドチャンピオンに輝いていたテリエ・ハーコンセンをはじめとするスノーボーダーの中には「スキーヤーではない」との思いから出場をボイコットした者もいた。また、「国のために大会に出るのではない」とする意識から、ハーフパイプ競技はスノーボーダーから嫌忌されることもある。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た木材

    コア材には、ブナやポプラをはじめ、竹や樺などの木材が使われる。アルミニウム、アクリル、複合材ハニカム、フォーム、レジンなども木材と組み合わせて、あるいは単独で使われることがある。固さとねじれ剛性を出すため、コアは通常2層以上のファイバーグラスでラミネートされる。さらにアルミニウム、炭素繊維、アラミド(トワロンやケブラー)のストリンガーで弾力性と剛性を増してあるものもある。変わったところでは圧電衝撃吸収剤といった素材も使われている。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見たバインディング

    表面と滑走面が一体となった一枚の板に、バインディングが直接取り付けられるようになっていて、進行方向に対してバインディングを、斜めまたは横向きに取り付けたもの。スノーボード フレッシュアイペディアより)

86件中 61 - 70件表示

「スノーボード」のニューストピックワード