スパイ活動 ニュース&Wiki etc.

諜報活動(ちょうほうかつどう, )とは、もっぱら国家の安全保障にまつわる、収集をはじめとした情報に関する活動である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「諜報活動」のつながり調べ

  • 里見甫

    里見甫から見た諜報活動

    1931年9月に満州事変が勃発すると、翌10月に関東軍で対満政策を担当する司令部第4課の嘱託辞令を受けて奉天に移り、奉天特務機関長土肥原賢二大佐の指揮下で、甘粕正彦と共に諜報・宣伝・宣撫活動を担当する。これらの活動を通じ、中国の地下組織との人脈が形成された。また、司令部第4課課長松井太久郎の指示により、満州におけるナショナル・ニュース・エージェンシー(国家代表通信社)設立工作に務め、陸軍省軍務局課長鈴木貞一の協力のもと、新聞聯合社(以下「聯合」)の創設者岩永裕吉や総支配人古野伊之助、電通の創業者光永星郎との交渉を行い、1932年12月、満州における聯合と電通の通信網を統合した国策会社である満州国通信社(以下「国通」)が設立され、初代主幹(事実上の社長)兼主筆に就任する(里見甫 フレッシュアイペディアより)

  • エルゲネコン

    エルゲネコンから見た情報活動

    「エルゲネコン」という名前が最初に語られたのはススルルク事件の時で、当時はギャングの一種のような扱いだった。しかしそれ以来、エルゲネコンは危険な方向へ変化してきていると言われている。次にエルゲネコンの名前が出たときはすでに軍人が絡んでおり、アメリカのCIAなどの後押しで設立されたと語られた。実際、エルゲネコン疑惑において主張される「破壊活動や暗殺で社会を不安におとしいれ、一種のパニック状態になった国民が自分たちを支持するように仕向ける」というやり方は、イタリアで行われた情報活動であるグラディオ作戦の手口、また同作戦におけるトルコ支部「コントルゲリラ」の動きに似ているとも指摘されている。(エルゲネコン フレッシュアイペディアより)

「諜報活動」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「スパイ活動」のニューストピックワード