1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
97件中 91 - 97件表示
  • スパム

    スパムから見たソビエト連邦

    第二次世界大戦中、連合国軍(ソビエト連邦を含む)に広く供給されたスパムではあるが、特に日常的に食べさせられたイギリス軍の兵士は、食べ飽きたスパムに対して嫌悪感すら抱いたため、いまだに英国内ではスパムに対して否定的な感情も存在する(下記参照。但し、現在のところ、イギリスはアメリカ、韓国に次いで消費量第3位)。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た三線

    この時代、沖縄は少ない物資の中で旺盛な変革を見せ、沖縄駐留米軍から貪欲なまでに文化を吸収、従来からの沖縄文化にアメリカ文化を加えた現在の沖縄文化(チャンプルー文化とも)の基盤を形成した。業務用の大型スパム缶の空き缶を利用して製作された「カンカラ三線」なる楽器も発明され、今日では学校教育の場でも利用されているという。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たビタミンA

    56グラムのスパムには、7グラムのタンパク質、2グラムの炭水化物、15グラムの脂質(アメリカ人が1日に必要とする量(US Daily Value)の23%)が含まれている。脂質のうち6グラムは飽和脂肪酸であり、170キロカロリーである。ナトリウムは1日の摂取量の3分の1に達する。ビタミンとミネラルの含有量は少なく、ビタミンAは0%、ビタミンCは1%、カルシウムは1%、鉄は3%である。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た沖縄県

    日本国内でも、沖縄県を始めとする在日米軍基地周辺では比較的有名である。沖縄県には米国ホーメル・コーポレーション出資の株式会社沖縄ホーメル(沖縄県中頭郡中城村)があり、同社から県内向けに製造・発売されている。沖縄県の家庭料理「ポーク卵」は薄切りにしたスパムを焼き、卵を添えたもの。現在では沖縄料理においてこのスパムをはじめとするランチョンミートは欠かせない食材となっている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たビタミンC

    56グラムのスパムには、7グラムのタンパク質、2グラムの炭水化物、15グラムの脂質(アメリカ人が1日に必要とする量(US Daily Value)の23%)が含まれている。脂質のうち6グラムは飽和脂肪酸であり、170キロカロリーである。ナトリウムは1日の摂取量の3分の1に達する。ビタミンとミネラルの含有量は少なく、ビタミンAは0%、ビタミンCは1%、カルシウムは1%、鉄は3%である。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たタンパク質

    56グラムのスパムには、7グラムのタンパク質、2グラムの炭水化物、15グラムの脂質(アメリカ人が1日に必要とする量(US Daily Value)の23%)が含まれている。脂質のうち6グラムは飽和脂肪酸であり、170キロカロリーである。ナトリウムは1日の摂取量の3分の1に達する。ビタミンとミネラルの含有量は少なく、ビタミンAは0%、ビタミンCは1%、カルシウムは1%、鉄は3%である。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たスパム (メール)

    その後、電子メールでのスパム(迷惑メール)が、ネット内にはとどまらない大きな社会問題となり、一般にスパムと言えば今日では電子メールによるスパムを指す。詳細はスパム \(メール\)を参照。歴史についての詳細は:en:Spam (electronic)にある。スパム フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
97件中 91 - 97件表示

「スパム」のニューストピックワード