139件中 11 - 20件表示
  • スパム

    スパムから見たニキータ・フルシチョフ

    ソ連軍がアメリカ軍から提供されたスパムは、1億ポンドにも上る。ニキータ・フルシチョフは、「スパムが無ければ、我が軍に食料を配給する事はできなかっただろう」と語った。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た賞味期限

    スパムが、軍における食糧として、飽き飽きするものだとされていたという話がある。これは、同製品が比較的安価で賞味期限も長いことから、第二次世界大戦から朝鮮戦争・ベトナム戦争の時代を通して、連合国軍やアメリカ軍内で主食だった戦闘糧食として、利用されたことに端を発すると言われている。この製品は決して不味い物ではない(それどころか愛好者も少なからず存在する人気商品である)のだが、非常に塩味が濃く、毎日繰り返し食べていると、流石に飽きてくる。しかし、軍ではスパムばかり供給してくる。しまいには、兵士達が「昨日もスパム、今日もスパム、明日もスパム、来週になってもまだスパム……」等と、ぼやいたと言われている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たソーセージ

    スパム()とは、アメリカ合衆国のが販売するランチョンミート(ソーセージの材料を、腸ではなく型に詰めたもの)の缶詰である。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たハッカー

    ハッカーとモンティ・パイソンとの親和性は指摘されるところであり(ハッカー文化も参照されたし)、メッセージを繰り返して何かを溢れさせるような迷惑行為を、ハッカー達がスパムと呼ぶようになった。The Net Abuse FAQ では、MUDのメッセージ機能で、SPAM SPAM SPAM ... と繰り返す嫌がらせを行った者がいた、という話を紹介している。『ハッカーズ大辞典』初版のspamの項には、1とあり、これを語源としているが、現行のジャーゴンファイル ではモンティ・パイソンからとしている。FOLDOCの記述 も参照されたい。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たカロリー

    56グラムのスパムには、7グラムのタンパク質、2グラムの炭水化物、15グラムの脂質(アメリカ人が1日に必要とする量(US Daily Value)の23%)が含まれている。脂質のうち6グラムは飽和脂肪酸であり、170キロカロリーである。ナトリウムは1日の摂取量の3分の1に達する。ビタミンとミネラルの含有量は少なく、ビタミンAは0%、ビタミンCは1%、カルシウムは1%、鉄は3%である。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た秋葉原

    なおこの現象に対し、ホーメル食品側は商標の普通名称化を懸念し「当社の商標はSPAMである」として、迷惑メールに関しては“spam”と小文字で表記することを提案、自社ウェブサイト上で呼び掛けている。しかし同社は、商標名を社名や商品名に使用することは容認しておらず、SpamArrest社(迷惑メール対策ソフトウェアを開発)を商標権侵害で訴えた。その一方、インターネット利用者の中にも「spamは食えない(面白みが無い)が、SPAMはウマい!」等とする愛好者も現れるに至り、インターネット経由で愛好者を増やしたり、日本ではギークが秋葉原に行くついでに「アメ横でスパム缶を購入」が、冗談用のスタイルとして派生している。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た花火

    ホーメル社の発祥の地で本社のあるアメリカのミネソタ州のオースティンではSPAM Jamの愛称で知られた地方祭典があり、この中でパレードや景気付けに打ち上げられる花火と並んで、調理されたスパムは人気がある。また、オースティンにはスパム博物館があり、スパムの町として名高い。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た沖縄戦

    沖縄県とスパムの関係は、主にアメリカ合衆国による沖縄統治中に始まる。元々沖縄本島には、豚肉を好んで利用する食文化があった。だが第二次世界大戦末期において、沖縄戦が行われた結果、これら豚肉が手に入りにくくなった。終戦直後にはアメリカ合衆国から沖縄県民に配給物資としてスパムが提供された他、在沖縄米軍の内部で消費していたスパムの一部が(保管期限切れの払い下げや物資横流し等で)市場に出回ったため、沖縄県民はこれを消費した。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た商標権

    なおこの現象に対し、ホーメル食品側は商標の普通名称化を懸念し「当社の商標はSPAMである」として、迷惑メールに関しては“spam”と小文字で表記することを提案、自社ウェブサイト上で呼び掛けている。しかし同社は、商標名を社名や商品名に使用することは容認しておらず、SpamArrest社(迷惑メール対策ソフトウェアを開発)を商標権侵害で訴えた。その一方、インターネット利用者の中にも「spamは食えない(面白みが無い)が、SPAMはウマい!」等とする愛好者も現れるに至り、インターネット経由で愛好者を増やしたり、日本ではギークが秋葉原に行くついでに「アメ横でスパム缶を購入」が、冗談用のスタイルとして派生している。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た東日本大震災

    スパムは賞味期限が3年で常温で保存可能、缶詰を開けて加熱せずにそのまま食べることもできる。東日本大震災の際に、ホーメル食品は、岩手県・宮城県・福島県の被災者に、スパム36,000缶を救援物資として提供、また会社として10万米ドルを「マッチングギフト」とて拠出し、従業員達から募った義援金と併せてアメリカ赤十字社を通じて寄付をした。2013年も引き続き被災者に、スパムを救援物資として提供した。スパム フレッシュアイペディアより)

139件中 11 - 20件表示

「スパム」のニューストピックワード