97件中 21 - 30件表示
  • スパム

    スパムから見た登録商標

    SPAMはホーメルフーズ社の登録商標である。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た北マリアナ諸島

    環太平洋地域のサイパン(北マリアナ諸島)や、フィリピンを含む南太平洋諸島においても、スパムは一定の需要がある。これは第二次世界大戦中アメリカ軍が進駐した影響もあると考えられている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たスーパーマーケット

    国内では、沖縄県内のスーパーやコンビニ、わしたショップ等の沖縄物産店などで沖縄ホーメル製品が、本土でも輸入食品店・スーパー等では米国直輸入品の入手が可能である。(輸入元は伊藤忠商事)スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た商標権

    なおこの現象に対し、ホーメルフーズ側は「当社の商標はSPAMである」として、迷惑メールに関しては“spam”と小文字で表記することを提案、自社サイト上で呼び掛けている。しかし同社は、商標名を社名や商品名に使用することは容認しておらず、SpamArrest社(迷惑メール対策ソフトウェアを開発)を商標権侵害で訴えた。その一方、インターネット利用者の中にも「spamは食えない(面白みが無い)がSPAMはウマい!」等とする愛好者も現れるに至り、インターネット経由で愛好者を増やしたり、日本ではギークが秋葉原に行くついでに「アメ横でスパム缶を購入」が冗談用のスタイルとして派生している。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た寿司

    アメリカのハワイ州とグアムはスパム消費が最も多い地域として知られている。日系アメリカ人によって考案された、薄切りにして焼かれ、飯の塊に海苔で留められた、寿司ネタの玉子に似た「スパムむすび」はハワイ州において多くの人に愛好されており、ABCストアなどでも販売されている。その発展形として、スパム寿司も普及している。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たABCストア

    アメリカのハワイ州とグアムはスパム消費が最も多い地域として知られている。日系アメリカ人によって考案された、薄切りにして焼かれ、飯の塊に海苔で留められた、寿司ネタの玉子に似た「スパムむすび」はハワイ州において多くの人に愛好されており、ABCストアなどでも販売されている。その発展形として、スパム寿司も普及している。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たランチョンミート

    スパム(SPAM)とは、アメリカのホーメル食品(Hormel Foods Corporation)が販売する、ランチョンミート(ソーセージの材料を腸ではなく型に詰めたもの)の缶詰である。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た大韓民国

    韓国のプデ(部隊)チゲは、韓国的な辛いスープでスパムやハム、ラーメンなどを野菜と共に煮込む鍋料理である。なお、韓国では、スパムは地元食品会社、CJ株式会社がホーメル社よりライセンスを受けて韓国国内で製造されたものが一般的である。この韓国向けスパムは、日本国内の韓国食材店でも販売されている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た沖縄料理

    日本国内でも、沖縄県を始めとする在日米軍基地周辺では比較的有名である。沖縄県には米国ホーメル・コーポレーション出資の株式会社沖縄ホーメル(沖縄県中頭郡中城村)があり、同社から県内向けに製造・発売されている。沖縄県の家庭料理「ポーク卵」は薄切りにしたスパムを焼き、卵を添えたもの。現在では沖縄料理においてこのスパムをはじめとするランチョンミートは欠かせない食材となっている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たチャンプルー

    この時代、沖縄は少ない物資の中で旺盛な変革を見せ、沖縄駐留米軍から貪欲なまでに文化を吸収、従来からの沖縄文化にアメリカ文化を加えた現在の沖縄文化(チャンプルー文化とも)の基盤を形成した。業務用の大型スパム缶の空き缶を利用して製作された「カンカラ三線」なる楽器も発明され、今日では学校教育の場でも利用されているという。スパム フレッシュアイペディアより)

97件中 21 - 30件表示

「スパム」のニューストピックワード