139件中 51 - 60件表示
  • スパム

    スパムから見た沖縄県

    日本国内でも、沖縄県をはじめとする在日米軍基地周辺では比較的有名である。沖縄県には米国ホーメル・コーポレーション出資の沖縄ホーメル(沖縄県中頭郡中城村)があり、同社から県内向けに製造・発売されている。沖縄県の家庭料理「ポーク玉子」は、薄切りにしたスパムを焼き、卵焼きを添えたものである。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たネットニュース

    大量のメッセージングによる迷惑行為がネットコミュニティで最初に問題になったのは、ネットニュースにおいてであった。「初の」、ではないが初期の有名なUsenet(ネットニュース)スパムに1994年のグリーンカードスパム(:en:Canter & Siegel)がある。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たアメリカ合衆国による沖縄統治

    沖縄県とスパムの関係は、主にアメリカ合衆国による沖縄統治中に始まる。元々沖縄本島には、豚肉を好んで利用する食文化があった。だが第二次世界大戦末期において、沖縄戦が行われた結果、これら豚肉が手に入りにくくなった。終戦直後にはアメリカ合衆国から沖縄県民に配給物資としてスパムが提供された他、在沖縄米軍の内部で消費していたスパムの一部が(保管期限切れの払い下げや物資横流し等で)市場に出回ったため、沖縄県民はこれを消費した。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たヴァイキング

    モンティ・パイソンによるコメディ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」に「スパム」というコント(sketch)がある。内容は、『豚肉と煮豆とスパム』、『卵とソーセージとスパム』、果ては『スパムとスパムとスパムと……(執拗に繰り返し)……とスパム』といった具合にメニューがスパムだらけの食堂で、ウェイトレスがメニューでスパムを連呼する度に他の客(なぜかバイキング)がスパムスパム……という歌を歌い出し、最後のスタッフロールの表記すらスパムだらけになるというものであった。これが、迷惑行為を指すスパムの始源とされている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た中頭郡

    日本国内でも、沖縄県をはじめとする在日米軍基地周辺では比較的有名である。沖縄県には米国ホーメル・コーポレーション出資の沖縄ホーメル(沖縄県中頭郡中城村)があり、同社から県内向けに製造・発売されている。沖縄県の家庭料理「ポーク玉子」は、薄切りにしたスパムを焼き、卵焼きを添えたものである。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たミネソタ州

    ホーメル社の発祥の地で本社のあるアメリカのミネソタ州のオースティンではSPAM Jamの愛称で知られた地方祭典があり、この中でパレードや景気付けに打ち上げられる花火と並んで、調理されたスパムは人気がある。また、オースティンにはスパム博物館があり、スパムの町として名高い。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たコマーシャルメッセージ

    スパムや他社ランチョンミートのテレビCMも沖縄県限定で放映されている。スパムのCMは2007年6月現在、韓国の歌手グループ神話(シンファ)のメンバーエリック(ムン・ジョンヒョク)を起用したものが放映されているが、これは韓国国内向けに作成されたCMを沖縄向けにアレンジしたものである。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た渋谷区

    2008年には、米国ホーメル・コーポレーションが直下にホーメルフーズジャパン(日本ホーメル、本社:渋谷区道玄坂・渋谷マークシティ)を設立。従来通りに伊藤忠商事が輸入元となり、同社の流通網を通じて米国産のSPAMクラシックがゼネラルマーチャンダイズストアを中心に販売されている。また、ウォルマート・ストアーズ傘下の西友では、伊藤忠商事が日本向けに輸入した製品ではあるものの、独自のシール包装を被せる形で貼付して西友プロキュアメントが販売元となっている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たビタミンB

    Spammy™は、どのような食文化でも広く受け入れられる様に七面鳥の肉を用い、栄養失調の子供を飢餓から救済するために開発された製品である。栄養支援に特化された製品で、アメリカ合衆国農務省は、亜鉛・鉄・ビタミンB・その他ミネラルが強化されたこの製品を、アメリカ合衆国内には流通させない様に求めている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た渋谷マークシティ

    2008年には、米国ホーメル・コーポレーションが直下にホーメルフーズジャパン(日本ホーメル、本社:渋谷区道玄坂・渋谷マークシティ)を設立。従来通りに伊藤忠商事が輸入元となり、同社の流通網を通じて米国産のSPAMクラシックがゼネラルマーチャンダイズストアを中心に販売されている。また、ウォルマート・ストアーズ傘下の西友では、伊藤忠商事が日本向けに輸入した製品ではあるものの、独自のシール包装を被せる形で貼付して西友プロキュアメントが販売元となっている。スパム フレッシュアイペディアより)

139件中 51 - 60件表示

「スパム」のニューストピックワード