139件中 61 - 70件表示
  • スパム

    スパムから見たエイプリルフール

    2004年4月1日には、技術情報関連ニュースサイトから個人情報が流出、7名にスパム(同製品)が宅配便で届けられるという ニュース(勿論、エイプリルフールのジョーク)が掲載されている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たカマス

    戦後は経済不況と世界的な食料不足のため、かえって食糧事情が悪くなり、ジャガイモすら1947年に初めて統制品になった。イギリス政府は食料不足を補うため、カマスを含め色々な食品を輸入した。肉は最後まで配給対象品として残され、外れたのは1954年だった。カマスは骨が多く油っぽいとして、英国の食卓に馴染まなかったが、SPAMは定着した。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た関東広域圏

    2010年3月からは、関東広域圏など一部地域で、ホーメルフーズジャパンによる加熱調理のレシピ例を例示するテレビコマーシャルのスポットCMが放映されている。SPAM缶の縫いぐるみキャラクター「SPAMMY(スパミー)君」が、コマ撮りで踊る内容である。なお、歌はたつやくんが歌っている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たスパマロット

    スパム ゴールデンハニーグレイル(Spam Golden Honey Grail) - モンティ・パイソンの映画を基にしたミュージカルスパマロットを記念して作られた。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たゼネラルマーチャンダイズストア

    2008年には、米国ホーメル・コーポレーションが直下にホーメルフーズジャパン(日本ホーメル、本社:渋谷区道玄坂・渋谷マークシティ)を設立。従来通りに伊藤忠商事が輸入元となり、同社の流通網を通じて米国産のSPAMクラシックがゼネラルマーチャンダイズストアを中心に販売されている。また、ウォルマート・ストアーズ傘下の西友では、伊藤忠商事が日本向けに輸入した製品ではあるものの、独自のシール包装を被せる形で貼付して西友プロキュアメントが販売元となっている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たフィリピン

    環太平洋地域のサイパン(北マリアナ諸島)や、フィリピンを含む南太平洋諸島においても、スパムは一定の需要がある。これは第二次世界大戦中アメリカ軍が進駐した影響もあると考えられている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た兵糧攻め

    第二次大戦前、イギリスは食料の70%を輸入に頼っていた。肉は50%が輸入だった。これが弱点と知っていた枢軸国は、食料輸入路を断つ事で兵糧攻めを狙った(詳細は大西洋の戦い (第二次世界大戦)を参照)。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た照り焼き

    テリヤキスパム(Spam Teriyaki)スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た炭水化物

    56グラムのスパムには、7グラムのタンパク質、2グラムの炭水化物、15グラムの脂質(アメリカ人が1日に必要とする量(US Daily Value)の23%)が含まれている。脂質のうち6グラムは飽和脂肪酸であり、170キロカロリーである。ナトリウムは1日の摂取量の3分の1に達する。ビタミンとミネラルの含有量は少なく、ビタミンAは0%、ビタミンCは1%、カルシウムは1%、鉄は3%である。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た大西洋の戦い (第二次世界大戦)

    第二次大戦前、イギリスは食料の70%を輸入に頼っていた。肉は50%が輸入だった。これが弱点と知っていた枢軸国は、食料輸入路を断つ事で兵糧攻めを狙った(詳細は大西洋の戦い \(第二次世界大戦\)を参照)。スパム フレッシュアイペディアより)

139件中 61 - 70件表示

「スパム」のニューストピックワード