97件中 81 - 90件表示
  • スパム

    スパムから見たMRE

    なお糧食の単調さが士気に与える悪影響を防ぐため、20世紀の終わり頃から、米軍のMREに代表されるバラエティーに富む糧食が各国とも導入されるようになっており、多くの軍隊ではSPAMばかり支給されるような軍隊生活は過去のものとなっている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たインターネット

    なおこの現象に対し、ホーメルフーズ側は「当社の商標はSPAMである」として、迷惑メールに関しては“spam”と小文字で表記することを提案、自社サイト上で呼び掛けている。しかし同社は、商標名を社名や商品名に使用することは容認しておらず、SpamArrest社(迷惑メール対策ソフトウェアを開発)を商標権侵害で訴えた。その一方、インターネット利用者の中にも「spamは食えない(面白みが無い)がSPAMはウマい!」等とする愛好者も現れるに至り、インターネット経由で愛好者を増やしたり、日本ではギークが秋葉原に行くついでに「アメ横でスパム缶を購入」が冗談用のスタイルとして派生している。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たハラール

    スパム オーブンローストターキー(Spam Oven Roasted Turkey) - ハラールの規格にも適合しており、イスラムの市場でも人気がある。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たスポットCM

    2010年3月からは、関東広域圏など一部地域で、ホーメルフーズジャパンによる加熱調理のレシピ例を例示するテレビコマーシャルのスポットCMが放映されている。SPAM缶の縫いぐるみキャラクター「SPAMMY(スパミー)君」が、コマ撮りで踊る内容である。なお、歌はたつやくんが歌っている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たベトナム戦争

    スパムが、軍における食糧として飽き飽きするものだとされていたという話がある。これは同製品が比較的安価で賞味期限も長いことから、第二次世界大戦から朝鮮戦争・ベトナム戦争の時代を通して連合国軍や米軍内で主だった戦闘糧食として利用されたことに端を発すると言われている。この製品、決して不味い物ではない(それどころか愛好者も少なからず存在する人気商品である)のだが、非常に塩味が濃く、日常的に繰り返し食べていると流石に飽きてくる。しかし軍ではそればかりを供給してくる。しまいには兵士達は「昨日もスパム、今日もスパム、明日もスパム、来週になってもまだスパム・・・」等とぼやいたと言われている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たチゲ

    プデ(部隊)チゲ(韓国のチゲ(鍋料理)の一種で、スパムなどのランチョンミートを必ず使用する)スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た空飛ぶモンティ・パイソン

    モンティ・パイソンによるコメディ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」に「スパム」というコント(sketch)があり、『豚肉と煮豆とスパム』、『卵とソーセージとスパム』、果ては『スパムとスパムとスパムと・・・(執拗に繰り返し)・・・とスパム』といった具合にメニューがスパムだらけで、店主のおばさんがメニューでスパムを連呼する度に他の客(なぜかバイキング)がスパムスパム・・・・・・という歌を歌い出し、番組自体さえスパムだらけになるというものであった。これが、迷惑行為を指すスパムの始源とされている。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た楽器

    この時代、沖縄は少ない物資の中で旺盛な変革を見せ、沖縄駐留米軍から貪欲なまでに文化を吸収、従来からの沖縄文化にアメリカ文化を加えた現在の沖縄文化(チャンプルー文化とも)の基盤を形成した。業務用の大型スパム缶の空き缶を利用して製作された「カンカラ三線」なる楽器も発明され、今日では学校教育の場でも利用されているという。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見たグアム

    アメリカのハワイ州とグアムはスパム消費が最も多い地域として知られている。日系アメリカ人によって考案された、薄切りにして焼かれ、飯の塊に海苔で留められた、寿司ネタの玉子に似た「スパムむすび」はハワイ州において多くの人に愛好されており、ABCストアなどでも販売されている。その発展形として、スパム寿司も普及している。スパム フレッシュアイペディアより)

  • スパム

    スパムから見た朝鮮戦争

    スパムが、軍における食糧として飽き飽きするものだとされていたという話がある。これは同製品が比較的安価で賞味期限も長いことから、第二次世界大戦から朝鮮戦争・ベトナム戦争の時代を通して連合国軍や米軍内で主だった戦闘糧食として利用されたことに端を発すると言われている。この製品、決して不味い物ではない(それどころか愛好者も少なからず存在する人気商品である)のだが、非常に塩味が濃く、日常的に繰り返し食べていると流石に飽きてくる。しかし軍ではそればかりを供給してくる。しまいには兵士達は「昨日もスパム、今日もスパム、明日もスパム、来週になってもまだスパム・・・」等とぼやいたと言われている。スパム フレッシュアイペディアより)

97件中 81 - 90件表示

「スパム」のニューストピックワード