39件中 21 - 30件表示
  • スピードスケート

    スピードスケートから見た冬季オリンピック

    冬季オリンピックでは、男子500m・1000m・1500m・5000m・10000m、女子500m・1000m・1500m・3000m・5000mの個人種目のほか、トリノ大会から国別対抗団体種目として「団体追い抜き(チームパシュート)」が採用された。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たチームパシュート

    チームパシュートは、2チームが出場。リンクのメインストレートとバックスストレートの中央から1チーム3人が同時にスタートし、女子は6周、男子は8周で勝敗を決する。最終的に最後尾の選手が完走した時点でのタイムの早いチームが勝ちとなる。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たISUワールドカップ

    他に、ワールドカップでは2008-09シーズンまで男女とも100mが実施されていた。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たオリンピックスピードスケート競技

    オリンピックをはじめ、ほとんどの大会では「ダブルトラック」方式が採用されている。インとアウトから2人の選手が同時にスタートし、1周ごとにバックストレートで交差してコースを変えながら規定の距離を滑り、刃の一部がゴールラインを通過した瞬間のタイムで順位が決定される。レースは常に左回りで行われる。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たショートトラックスピードスケート

    スピードスケート (Speed skating) は、1周400mのスケートリンクを周回し、ゴールタイムを競う競技。広義では、1周111.12mのトラックを使うショートトラックスケート競技を含めることもある。ショートトラックに対してロングトラックともいう。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たカルガリーオリンピックにおけるスピードスケート競技

    オリンピックの種目となったのは1924年シャモニーオリンピックから。1988年カルガリーオリンピックでは初めて室内リンクが使用され、以降、1992年アルベールビルオリンピックを除き、各大会で新設の室内リンクが使用されている。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見た世界スプリントスピードスケート選手権大会

    得点は、ゴールタイムを500mあたりに換算したもので、たとえば1500mでは(タイム÷3)がその種目の得点となるため、総合得点が低いものほど上位となる。この形式で行われる代表的な大会には「世界選手権」「世界スプリント選手権」「全日本選手権」「全日本スプリント選手権」がある。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たシャモニーオリンピックにおけるスピードスケート競技

    オリンピックの種目となったのは1924年シャモニーオリンピックから。1988年カルガリーオリンピックでは初めて室内リンクが使用され、以降、1992年アルベールビルオリンピックを除き、各大会で新設の室内リンクが使用されている。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見た長野オリンピックにおけるスピードスケート競技

    選手の能力やトレーニング方法の向上、また製氷技術の発達に伴って記録は縮まってきたが、1998年長野オリンピック直前に登場したスラップスケート(かかと部分がバネ仕掛けで着脱する)は飛躍的な記録の向上を生み、道具のスポーツという側面が強いことをあらためて示した。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たトリノオリンピック

    冬季オリンピックでは、男子500m・1000m・1500m・5000m・10000m、女子500m・1000m・1500m・3000m・5000mの個人種目のほか、トリノ大会から国別対抗団体種目として「団体追い抜き(チームパシュート)」が採用された。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「スピードスケート」のニューストピックワード