1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示
  • スピードスケート

    スピードスケートから見たオランダ

    発祥の地はオランダと言われ、古くから冬の間凍った運河や川を行き来するための交通手段として発達し、13世紀頃には、木靴の底に鉄製のブレード(刃)を取り付けた現在のスケートシューズの原型が出現した。1892年に国際スケート連盟 (ISU) が発足。翌1893年にアムステルダムで世界選手権が開催され、これが今に残る最古の世界大会となっている。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見た全日本スピードスケート距離別選手権大会

    この形式で行われる代表的な大会は「オリンピック」「世界距離別選手権」「全日本距離別選手権」などがある。世界を転戦する「ワールドカップ」は、各々のレースは単独大会として行われ、なおかつ各距離各レースの順位点の合計をもって、各距離ごとにシーズン総合チャンピオンが決められる。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たアルベールビルオリンピックにおけるスピードスケート競技

    オリンピックの種目となったのは1924年シャモニーオリンピックから。1988年カルガリーオリンピックでは初めて室内リンクが使用され、以降、1992年アルベールビルオリンピックを除き、各大会で新設の室内リンクが使用されている。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見た全日本スピードスケート選手権大会

    得点は、ゴールタイムを500mあたりに換算したもので、たとえば1500mでは(タイム÷3)がその種目の得点となるため、総合得点が低いものほど上位となる。この形式で行われる代表的な大会には「世界選手権」「世界スプリント選手権」「全日本選手権」「全日本スプリント選手権」がある。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見たスラップスケート

    選手の能力やトレーニング方法の向上、また製氷技術の発達に伴って記録は縮まってきたが、1998年長野オリンピック直前に登場したスラップスケート(かかと部分がバネ仕掛けで着脱する)は飛躍的な記録の向上を生み、道具のスポーツという側面が強いことをあらためて示した。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見た世界オールラウンドスピードスケート選手権大会

    得点は、ゴールタイムを500mあたりに換算したもので、たとえば1500mでは(タイム÷3)がその種目の得点となるため、総合得点が低いものほど上位となる。この形式で行われる代表的な大会には「世界選手権」「世界スプリント選手権」「全日本選手権」「全日本スプリント選手権」がある。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見た全日本スプリントスピードスケート選手権大会

    得点は、ゴールタイムを500mあたりに換算したもので、たとえば1500mでは(タイム÷3)がその種目の得点となるため、総合得点が低いものほど上位となる。この形式で行われる代表的な大会には「世界選手権」「世界スプリント選手権」「全日本選手権」「全日本スプリント選手権」がある。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見た長野県

    日本には19世紀末に北海道に伝わり、その後、東北や長野など環境に恵まれた地方で競技が普及し、1929年、大日本スケート競技連盟(現在の日本スケート連盟)が発足した。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

  • スピードスケート

    スピードスケートから見た北海道

    日本には19世紀末に北海道に伝わり、その後、東北や長野など環境に恵まれた地方で競技が普及し、1929年、大日本スケート競技連盟(現在の日本スケート連盟)が発足した。スピードスケート フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示

「スピードスケート」のニューストピックワード