9810件中 91 - 100件表示
  • ガストン・ガウディオ

    ガストン・ガウディオから見たスペインスペイン

    2002年4月、スペインのバルセロナ大会とマヨルカ大会で2週連続優勝を果たす。バルセロナ大会では準決勝で第1シードのレイトン・ヒューイットを破り、決勝でスペインのアルベルト・コスタを破ってツアー初優勝を決めた。翌週のマヨルカ大会では準々決勝でグスタボ・クエルテンを破った後、決勝でフィンランドのヤルコ・ニエミネンを破り、2週連続優勝を飾った。しかし、ガウディオはその後2004年全仏オープンまで2年間シングルスの優勝がなかった。ガストン・ガウディオ フレッシュアイペディアより)

  • サンフアン (プエルトリコ)

    サンフアン (プエルトリコ)から見たスペインスペイン

    プエルト・リコに最初のスペイン人、フアン・ポンセ・デ・レオンが入植したのは1508年である。当時は、島ではなく入植地を「豊かな港」を意味する「プエルト・リコ」と呼んでいた。サンフアン (プエルトリコ) フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ザビエル

    フランシスコ・ザビエルから見たスペインスペイン

    フランシスコ・デ・ザビエル(スペイン語:Francisco de Xavier または Francisco de Gassu y Javier, 1506年頃4月7日 - 1552年12月2日)は、スペイン・ナバラ生まれのカトリック教会の司祭、宣教師。イエズス会の創設メンバーの1人。バスク人。フランシスコ・ザビエル フレッシュアイペディアより)

  • エア・ヨーロッパ (スペイン)

    エア・ヨーロッパ (スペイン)から見たスペインスペイン

    エア・ヨーロッパ(Air Europa、スペイン語:Air Europa Líneas Aéreas, S.A)はスペイン、マヨルカ島パルマ・デ・マリョルカを本拠地としている航空会社。エア・ヨーロッパ (スペイン) フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・シャルディー

    ジェレミー・シャルディーから見たスペインスペイン

    フランス男子のトップ2であるリシャール・ガスケとジョー=ウィルフリード・ツォンガが共に故障で欠場する中、シャルディーは主催者推薦(ワイルドカード)での出場を認められ、2回戦で第6シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)に 3-6, 4-6, 6-2, 6-2, 6-1 のフルセットで逆転勝利を収める。続く3回戦でも第30シードのドミトリー・トゥルスノフ(ロシア)に 7-6(1),6-3,6-4のストレートで勝ち、4回戦で第19シードのニコラス・アルマグロ(スペイン)に6-7,6-7(7),5-7のストレートで敗れた。この活躍により急遽ワイルドカードを授与され本戦からの出場を果たしたウィンブルドンでは、2回戦で同じフランスのポール=アンリ・マチューに 3-6, 5-7, 6-7(1)で敗退した。この年は他にもスイス・グシュタード大会で予選を勝ち上がりベスト8進出、10月のロシア・モスクワ大会でもベスト8の成績を収める等ツアーレベルでも好成績を残すようになり、ランキングも年初の172位から年末には75位にまで大幅に上昇させ、自身初の年間トップ100フィニッシュを果たした。ジェレミー・シャルディー フレッシュアイペディアより)

  • 狂えるオルランド

    狂えるオルランドから見たスペインスペイン

    内容的には、マッテーオ・マリーア・ボイアルドの未完に終わった叙事詩、『恋するオルランド』(Orlando Innamorato、1495年に発行)の続編という形式をとっている。アリオストは、歴史に忠実に物語を作成することはなく、また地理的な精度も大雑把。そもそもスペインのイスラム教徒がフランスへ侵攻してくるのはシャルルマーニュの父親、ピピン3世の時代であり、またシャルルマーニュの活躍した8世紀であるのにもかかわらず火縄銃が登場する。ことに東方世界への理解は甚だ怪しく、カタイ(契丹に由来する古代中国をモデルとした国)の姫の名前が西洋風に「アンジェリカ」だというように、時代考証は非常におおらか。狂えるオルランド フレッシュアイペディアより)

  • アルジェリアの歴史

    アルジェリアの歴史から見たスペインスペイン

    1236年にはトレムセン総督のヤグムラーサン・イブン=ザイヤーンがムワッヒド朝から独立し、トレムセンにザイヤーン朝を開いた。ザイヤーン朝は当時アルジェにまで至る地域を支配していたチュニスのハフス朝と、フェスのマリーン朝に挟まれた勢力であり、度々東西から両勢力の侵入を受けた。1492年にイベリア半島で統一スペインがナスル朝グラナダ王国を滅ぼし、レコンキスタが終焉すると、北アフリカ一帯に亡命アンダルシア人が流入し、アルジェリアにもアンダルシアのムスリムやユダヤ人(セファルディム)が定着した。彼等はモール人と呼ばれ、沿岸部の都市に定着し、商工業を支えた。アルジェリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 第五次対仏大同盟

    第五次対仏大同盟から見たスペインスペイン

    1808年、ナポレオンの覇権は欧州の全域に及びつつあった。しかし、海上ではイギリスが依然として制海権を握り海上封鎖を続けていた。そしてまたスペインではフランスの統治が現地住民の反感を呼びゲリラが各地で決起していた。イギリスはアーサー・ウェルズリーを派遣してスペインの反乱勢力を支援させた。いわゆる半島戦争が開始されたのである。こうした陸海でのナポレオンのつまづきを見たオーストリア帝国は、1809年4月9日イギリスと第五次対仏大同盟を結成し、1805年のプレスブルクの和約で失った領土の奪還へと乗り出した。第五次対仏大同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ハバナ

    ハバナから見たスペインスペイン

    ハバナの始まりはコンキスタドールであるディエゴ・ベラスケスが、1514年にキューバ島の南岸(バタバノ湾側)にある現在のスルヒエドロ・デ・バタバノの近くに居住地を築いた時点まで遡る。現在地(メキシコ湾側)に都市が移されたのは1519年のことである。1553年にはそれまでのサンティアゴ・デ・クーバに代わってキューバ総督領の首府となった。1519年以降、港を中心に都市を築かれていったハバナはスペインの新大陸における植民地経営の中心地として、及びに貿易の主要な中継地として発展した。そのためにキューバはフランス、イギリス、オランダの海賊の攻撃を受けるようになった。1537年にはフランス海賊によって最初の襲撃が加えられ、焼き討ちにあい、1553年と1555年にも略奪を受けるなどの被害を受けた。このため、ハバナにはフエルサ要塞、プンタ要塞、モーロ要塞などの多数の要塞が築かれ、軍事都市としての趣が整えられた。1713年のユトレヒト条約によってイギリスのイスパノアメリカ貿易の参入が限定的ながらも承認されると、以降海賊に代わって密貿易が盛んとなった。ハバナ フレッシュアイペディアより)

  • 悪地

    悪地から見たスペインスペイン

    世界でも最もユニークな悪地はスペインのラス・メドゥラスであろう。ラス・メドゥラスはローマ帝国によるローマ水道の技術を用いたによる数百年にわたる大規模な砂金採取の結果、約2200ヘクタールの悪地が残された、いわば「人工悪地」である。悪地 フレッシュアイペディアより)

9810件中 91 - 100件表示

「スペイン」のニューストピックワード