13002件中 21 - 30件表示
  • ヨーロッパの道路標識

    ヨーロッパの道路標識から見たスペインスペイン

    ヨーロッパの道路標識(ヨーロッパのどうろひょうしき)では現在ヨーロッパ諸国で用いられている標識の一覧を掲載する。イギリスとスペイン,アイルランド,モルドバを除き、ヨーロッパ諸国は1968年にウィーンで締結された道路標識及び信号に関する条約を参考に自国での道路標識を定めている。そのため、締結国の間で道路標識のデザインがおおよそ統一されている。ヨーロッパの道路標識 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・スイフト

    スズキ・スイフトから見たスペインスペイン

    ベースとなるスイフト(イグニス)スポーツがホモロゲーション(公認申請)取得後に例外的に認められた10箇所の変更をすべて使い果たし、改良に限界が出てきたため、ベース車輌を兄弟車である5ドアモデルの欧州仕様のイグニス(フロントデザインは初代型シボレー・クルーズとほぼ同一)に変更する。これによりFIAには「別車両で新たに申請した」ことになり、中身はほぼ前年と同一のマシンであるが新たに改良をすることが可能となった。チームは昨年の勢いをさらに増し、第1戦モンテカルロ2位、第2戦ギリシャ優勝、第3戦トルコ優勝、第4戦フィンランド優勝、第5戦イギリス優勝、第6戦イタリア優勝、第7戦スペイン2位と猛威を振るった。中でも第3戦トルコと第6戦イタリアでは表彰台をスズキ勢が独占するという強さで、もはやイグニス同士で競い合っているような状態であった。この年のイグニスは、そのあまりの強さと速さから「Yellow Bullet(黄色い弾丸)」と呼ばれた。2004年シーズンのドライバーズチャンピオンはパー・ガンナー・アンダーソン。JWRC参戦からわずか3年。スズキ初のJWRCドライバーズチャンピオン誕生であった。スズキ・スイフト フレッシュアイペディアより)

  • ロシアン・レッド

    ロシアン・レッドから見たスペインスペイン

    ロシアン・レッド(Russian Red、本名Lourdes Hernández(ルルデス・エルナンデス)、1985年 - )は、スペインのフォークソング・シンガーソングライター。ロシアン・レッド フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史

    アメリカ合衆国の歴史から見たスペインスペイン

    イタリア半島を中心としたヨーロッパでルネサンスが花開いたこの時代、ポルトガルとスペインがいち早く遠洋航海技術を身に付け、大航海時代が幕をあけた。イタリア(ジェノヴァ)人クリストファー・コロンブスはスペイン女王の承諾を受け、大西洋周りによるアジア発見を志したが、1492年に西インド諸島に到達した。これに引き続き、1498年英国人ジョン・カボットが北米大陸の東海岸を探検し英国がこれを領有(ニューイングランド植民地)、1534年フランス人ジャック・カルティエがセントローレンス川を遡ってこれをフランスが領有化(カナダ植民地)するなど、西欧人による南北アメリカ大陸の探検と開拓、インディアンに対する領土略奪と虐殺がはじまった。コロンブスの上陸を記念する「コロンブス・デー (10月第2月曜日) 」は、インディアン虐殺の象徴日として毎年、全米でインディアンたちが抗議行動を決行する日でもある。アメリカ合衆国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 軌間

    軌間から見たスペインスペイン

    スペイン - レール上面から14.5mm(±5mm)下の位置での内面距離。軌間 フレッシュアイペディアより)

  • ファシズム

    ファシズムから見たスペインスペイン

    「ファシズム」()の語源はイタリア語の「ファッショ」(束(たば)、集団、結束)で、更に「ファッショ」の語源はラテン語の「ファスケス」(fasces、束桿)である。ファスケスは斧の回りにロッド(短杖)を束ねたもので、古代ローマの執政官の権威の象徴とされた。ファスケスは彼のリクトルによって運ばれ、彼の命令で体罰や死刑にも使われた。ファスケスの象徴的意味は「統一による力」で、1本のロッドは簡単に壊れるが、束になると容易に壊せないことに由来する。類似の象徴の例にはスペインのファランヘ党の党旗があり、束にした矢が2頭の牛にかけるくびきと結合されている。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパにおける政教分離の歴史

    ヨーロッパにおける政教分離の歴史から見たスペインスペイン

    「信教の自由」との関連では、日本国憲法を含む多くの近代憲法で、その権利の保障を確実にする手立てとして政教分離原則が採用されている。他方、政教分離が信教の自由を維持するために必ずしも不可欠の必要条件というわけではない。イギリスなど国教制を採用する国もあれば、スペインなど特定宗教に優越的な地位を認めたりする国もあり、そうした国家でもまた、現代では信教の自由を保障する規定を設けている場合が多い。とはいえ、信教の自由を徹底させようとするならば、政教分離の裏づけを与えることが望ましいことは言うまでもなく、政教分離のないところでは相対的に信教の自由が侵害されやすい傾向にあることも確かである。政教分離は、信教の自由を保障する手段としてヨーロッパにおける国家と宗教の錯綜した関係性のなかで徐々に確立してきたものであり、国家と宗教とがそれぞれ自らに固有の職務と領域に専心することで、宗教が国家から不当な干渉や圧力から守られると同時に、国家もまた宗教の側からの不当な影響から免れることをめざすものである。ヨーロッパにおける政教分離の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • マニュエル・サンタナ

    マニュエル・サンタナから見たスペインスペイン

    マヌエル・サンターナ(Manuel Santana, 1938年5月10日 - )は、スペイン・マドリード出身の男子テニス選手。主に1960年代に活躍し、4大大会の男子シングルスで通算4勝を挙げた。フルネームは Manuel Martinez Santana (マヌエル・マルティネス・サンターナ)という。「マノーロ」“Manolo”という愛称形で親しまれた。赤土のクレーコートが多いスペインの選手でありながら、サンタナはサーフェス(表面)が異なる芝生コートのウィンブルドン選手権と全米選手権でも優勝を飾り、両大会で史上初のスペイン人優勝者となった。彼は順応性に富むテニス・スタイルと、試合中に笑顔さえ見せるほどの気さくな人柄で高い人気を持っていた。年代的にはオーストラリア・テニス界の全盛期と同時代に位置している。マニュエル・サンタナ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・F・マークス

    ロバート・F・マークスから見たスペインスペイン

    クリストファー・コロンブスの初めての探検旅行を「ニーナII世号」で実際に再現した功績によって、スペイン国王イザベル・カトリック勲位による「ナイト」の称号を与えられた。ロバート・F・マークス フレッシュアイペディアより)

  • かみかぜいのうえ

    かみかぜいのうえから見たスペインスペイン

     外遊 スペイン、フランス、アメリカ、中国 かみかぜいのうえ フレッシュアイペディアより)

13002件中 21 - 30件表示

「スペイン」のニューストピックワード