13002件中 41 - 50件表示
  • イベロアメリカ

    イベロアメリカから見たスペインスペイン

    イベロアメリカ(Ibero-America)とは、アメリカ州のかつてスペインとポルトガルの植民地だった国々全体を指す用語であり、19世紀後半から使われるようになった。イベロアメリカ首脳会議やイベロアメリカ機構のようにスペインとポルトガル自身が含まれる場合もある。イベロアメリカ機構には中部アフリカの赤道ギニアも加盟している。イベロアメリカ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ陸軍

    メキシコ陸軍から見たスペインスペイン

    連邦国家であり、ヌエバ・エスパーニャの後継国家であるメキシコ合衆国の国土と都市部を国防する陸軍組織である。隊内では主にスペイン語が共通語とされ、一部では先住民の入隊も認められている。メキシコ合衆国全土の成年男子への1年間の選抜的徴兵制を実行する国民軍である。同国のメキシコ・シティー(首都)及び1億人2千万人を超えるメキシコ合衆国国籍を持つ国民の生命財産及び国家の国益を保護する為に、防空任務を受け持つメキシコ空軍やメキシコ海軍と共に、徴兵制と士官学校出身の職業軍人で編成されるメキシコ合衆国の正規軍である。人員数はメキシコ陸軍全体で常備軍約「223,000名」(大都市やその他地域での治安維持部隊を含む定数)、有事の際に備える予備役約「582,000名」を有しており、スペイン語圏では最大級の常備軍定員を持つ。陸軍内では各地の高級将校担当司令部と、国境など警備部隊、独立部隊に編成されている。警備部隊の担任区域は、12個軍管区の下で45個軍区に割り振られている。アルタ・カリフォルニア地域(現在のロサンゼルス及びサンフランシスコ含む地域)はヌエバ・エスパーニャ時代に領有しており、この時期1613年に、日本での江戸時代初期に仙台藩主伊達正宗が派遣したフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使とした慶長遣欧使節団は、途中で経由したヌエバ・エスパーニャ国にて、日本人初の北米大陸上陸経験者となったが、この時点で上陸したアカプルコの港からアルタ・カリフォルニア地域までは、現在のメキシコ陸軍前身組織にあたるヌエバ・エスパーニャ国境管理軍が国防を担当しており、当人たちの認識ではスペイン領内と記されてるが、実際にはこの地域であり、現在のメキシコ海軍及びメキシコ陸軍によって防備されているアカプルコが、北米大陸(中米含む)初上陸となった。その後使節団はキューバや大西洋を渡り首都マドリードに到着、最終目的地であったローマに到着した時点で1615年に入っており、母国日本では大阪夏の陣が起きている時期に常長はローマ法王との謁見とローマ市民権証書を受け取り、インド洋経由で同じくスペイン領フィリピンマニラまでの世界一周を達成した。この時点でメキシコ海軍の前身であるメキシコ海軍の先進的な技術や航海法を観察し、現在のメキシコ陸軍となるメキシコ・シティでのヌエバ・エスパーニャ兵士のパレードも見学したとされるが、当時の一般的な認識として「スペイン国内」として日記などにも記している為に、当時のメキシコ陸軍の詳しい装備内容などはわかっていないが、その後米墨戦争を経て、独立後のメキシコ帝国(第一帝政)はアルタ・カリフォルニア地域を失い、大都市ロサンゼルスはスペイン語風の都市名を持ちながら、英語圏(アメリカ合衆国領カリフォルニア州)に新たに組み込まれた。日本国内で幕末の時代に相当する時期の出来事であり、ペリー(黒船浦賀来航)提督がアメリカ合衆国海軍を率いて日本に到着した時点では、彼らが出立した北米大陸西海岸沿岸は、アメリカ合衆国の領土になったばかりであった。ゴールド・ラッシュをアメリカ合衆国に割譲した直後にこの地域で迎え、メキシコ国民は大いに同地域の奪還をメキシコ陸軍に対して期待していたが、圧倒的な英語圏のカナダを含む軍事力は覆せず、19世紀末期には内戦が勃発し、ナポレオンの後押しを受けたメキシコ第二帝政時期を経て、現在に至る。本来のメキシコ領カリフォルニア地域において、ほぼ南半分のみとなるバハ・カリフォルニア半島と隣接する港湾都市のみが、以後の20世紀初頭からメキシコ陸軍の国防担当地域となった。メキシコ陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • マニュエル・オランテス

    マニュエル・オランテスから見たスペインスペイン

    マニュエル・オランテス・コルラル(Manuel Orantes Corral, 1949年2月6日 - )は、スペイン・グラナダ出身の男子プロテニス選手。1970年代から1980年代前半にかけて活躍し、1975年の全米オープン男子シングルスで優勝した。左利きの選手。シングルス自己最高ランキングは2位。ATPツアーでシングルス33勝、ダブルス22勝を挙げた。身長177cm、体重75kgで、男子テニス選手としてはやや小柄な体格だった。マニュエル・オランテス フレッシュアイペディアより)

  • 文明の同盟

    文明の同盟から見たスペインスペイン

    国連『文明の同盟』(The Alliance of Civilizations)は、2005年、第59回国際連合総会の席上で、イスラム文化と関わりが深い歴史を持つスペインの首相ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロにより提案され、トルコの首相レジェップ・タイイップ・エルドアンが共同提案者となった。そして、2006年末までに国際連合加盟国が採用できる行動の策定が提言された。文明の同盟 フレッシュアイペディアより)

  • シックス・フラッグス・オーバー・テキサス

    シックス・フラッグス・オーバー・テキサスから見たスペインスペイン

    シックス・フラッグス・オーバー・テキサス()とは、現在アメリカ合衆国のテキサス州である土地で主権を持ったことのある6つの国を表現する時に用いるスローガン。6つの国とはスペイン、フランス、メキシコ、テキサス共和国と現在のアメリカ合衆国、および南北戦争中のアメリカ連合国である。テキサス州章の裏面デザインにも6つの旗がデザインされている。シックス・フラッグス・オーバー・テキサス フレッシュアイペディアより)

  • 第28SS義勇擲弾兵師団

    第28SS義勇擲弾兵師団から見たスペインスペイン

    1940年5月10日、ドイツが西方戦役の一環としてベルギー侵攻を開始した時、ベルギー当局はかねてから親独・親イタリア的であったデグレルをベルギーの潜在的な敵と見なし、彼を逮捕した。デグレルは同様に逮捕されたレクシズム関係者ともどもフランスへ送られ、そのうち21名が銃殺されたにもかかわらず、奇跡的にも処刑を免れた。後にデグレルはスペイン国境付近のル・ヴェルネ収容所(Vernet d'Ariège)に収監されたが、フランスがドイツに降伏した後の1940年7月20日にドイツ軍によって解放された。第28SS義勇擲弾兵師団 フレッシュアイペディアより)

  • 決戦III

    決戦IIIから見たスペインスペイン

    ネーデルランド出身の女南蛮傭兵。ゲームオリジナルキャラ。理由あって堺へ流れ傭兵として雇われる。堺に進軍(史実では織田軍は堺に進軍していない)した織田軍に敗れたが、武勇を信長に見込まれて仲間になる。兵種は刀足軽だが、南蛮人であるため鉄砲足軽も得意としている。イスパニアの密使ペドロとは何か因縁があるらしい。母性本能をくすぐる秀吉に好意を持っている。武将系統は「猛将」。決戦III フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンの歴史

    アルゼンチンの歴史から見たスペインスペイン

    1492年にスペイン王室に雇われたジェノヴァ人の航海家クリストーバル・コロンがアメリカ大陸を「発見」すると、以後南北アメリカはスペイン、ポルトガル、イギリス、フランスを主とするヨーロッパ諸国によって植民地化されることになった。アルゼンチンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ併合

    ハワイ併合から見たスペインスペイン

    カラカウアは、1879年からホノルルにイオラニ宮殿の建設を着手し、1881年、おさななじみの白人ウィリアム・アームストロングらを同行して「おしのび」での世界一周旅行をおこなった。カラカウアの世界一周はサンフランシスコにはじまって日本、中国、シャム、シンガポール、ビルマ、インド、エジプト、イタリア、フランス、イギリス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、スペイン、ポルトガルとつづいた約10か月の旅であった。その理由は移民の促進交渉と表敬訪問、そして各国の王室を見学することであった。日本では明治天皇に会見し、日本人のハワイ移民促進を要請するとともに、王の姪で王位継承者のカイウラニ王女と皇族のひとり山階宮定磨王(のちの東伏見宮依仁親王)の縁談をもちかけた。ハワイ併合 フレッシュアイペディアより)

  • ペトログリフ

    ペトログリフから見たスペインスペイン

    Image:Petroglifos do Castrinho de Conxo.jpg|スペイン、ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラのペトログラフペトログリフ フレッシュアイペディアより)

13002件中 41 - 50件表示

「スペイン」のニューストピックワード