13002件中 51 - 60件表示
  • 大船渡市

    大船渡市から見たスペインスペイン

    慶長16年(1611年):江戸幕府公認で行う日本列島沿岸部の測量事業の途上にあったスペイン人探検家セバスティアン・ビスカイノが、伊達政宗治世下の仙台藩を訪れ、大船渡の沿岸部も測量したが、その折、大船渡湾の景観を讃えて「サン・アンドレス湾」と名付ける。cf. 1992年の姉妹都市提携。その他のゆかりある著名人。大船渡市 フレッシュアイペディアより)

  • セブ島

    セブ島から見たスペインスペイン

    マクタン島は風光明媚で風通しがよく、一般に言うセブ・リゾートはここマクタン島を指す場合が多く、外国からの移住者も多い。1521年のマゼラン上陸でスペイン統治が始まるとともに、フィリピンを世界史の表舞台へと導くきっかけとなった。統治者らは宗教、食文化をはじめとする生活スタイルや建築様式に至るまで大きな影響を及ぼし、フィリピン全土へ浸透させていった。セブ市は最初にスペインによる植民地化がされた植民都市でありその名残である建造物や史跡が随所に残る。セブ・シティは現在のフィリピンのオリジンでもある。また、昔ながらの大きな市場カルボンマーケットがあるほか、観光客相手の巨大ショッピング・モールやリゾートホテルがセブ市やマクタン島に多数ある。セブ島 フレッシュアイペディアより)

  • オランダ黄金時代

    オランダ黄金時代から見たスペインスペイン

    1568年、後にユトレヒト同盟 () に加盟することとなった7つの州が、フェリペ2世に対する反乱を開始し、オランダ独立戦争に発展していった。低地諸国がことごとく再占領される前、イングランドとスペインの間に英西戦争が勃発したこでと、スペイン軍の進軍が止まり、ブルッヘやヘントといった貿易に重要な都市の支配に専念したが、当時間違いなく世界で最も重要な港であったアントウェルペンの支配権を失った。1585年8月17日、包囲戦の後、し、北ネーデルラントと南ネーデルラント(ほぼ現在のベルギー)の分割が確固たるものとなった。オランダ黄金時代 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・コレチャ

    アレックス・コレチャから見たスペインスペイン

    アレックス・コレチャ・イ・ベルデガイ(Àlex Corretja i Verdegay、カタルーニャ語発音: [http://ja.forvo.com/word/àlex_corretja/ ku?r?d?? ] アレックス・クレッジャ、1974年4月11日 - )は、スペイン・バルセロナ出身の男子プロテニス選手。シングルス自己最高ランキングは2位。ATPツアーでシングルス17勝、ダブルス3勝を挙げた。身長180cm、体重72kg、右利き。アレックス・コレチャ フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たスペインスペイン

    もう一つは、サッカーの母国イギリスより発祥して、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどに広まったインドアサッカーである。インドアサッカーは普通のサッカーと同じボールを使って、壁も使って行われる競技である。ルールや名称も国々によってまちまちで、スペインではフットボール・サラ、ドイツではハレン・フースバル、イタリアではカルチェット、オランダでザールと呼ばれるものがそれに当たる。ヨーロッパでは、ザールのルールを元にしてUEFAがインドアサッカーのルール統一を図った。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • ヤツメウナギ

    ヤツメウナギから見たスペインスペイン

    食感や風味が肉類や内臓類に近いこともあって、現在でもフランス、ポルトガル、スペインなどではパイやシチュー、リゾットの材料として盛んに用いられている。フランスにはヤツメウナギの赤ワイン煮込みである「ヤツメウナギのボルドー風 (Lamproie aux poireaux)」と呼ばれる料理がある。これはボルドー地方の名物料理であり、現地では缶詰にされたものも売られている。カワヤツメばかりでなく、ヨーロッパスナヤツメやウミヤツメも用いられる。ボルドー風煮込みやリゾットでは、ジビエにおける「血のソース」のように、風味づけに血液を活用することも多い。日本と同様に、旬は冬 - 初春とされており、季節限定の味覚として供するレストランやビストロも多い。ロシアでもザクースカなどとして供される。ドイツでは食材としては海に近い北部のほか、淡水種が獲れる内陸部でも利用されていた。ヤツメウナギ フレッシュアイペディアより)

  • フランス国鉄

    フランス国鉄から見たスペインスペイン

    高速鉄道路線は、2007年にドイツ方面のLGV東ヨーロッパ線が開業がしたが、以降の路線整備(スペインやイタリア方面)については、財政的な問題もあって建設ペースが鈍化すると言われている。フランス国鉄 フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たスペインスペイン

    1926年、マヤリ近郊のビランにて、スペインのガリシア人移民で裕福な農場主アンヘル・カストロ・イ・アルヒスの息子として生まれる。当初はマルカネにある公立のグラマースクールに入ったが、ハバナの私立小学校コレヒオ・ベレンを始めとするイエズス会の学校で教育を受け、野球に熱中した。1944年には最優秀高校スポーツ選手に選ばれ、1945年にはハバナ大学に入学して法律を学んだ。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • 八十年戦争

    八十年戦争から見たスペインスペイン

    八十年戦争(はちじゅうねんせんそう、)は、1568年から1648年にかけて(1609年から1621年までの12年間の休戦を挟む)ネーデルラント諸州がスペインに対して反乱を起こした戦争。これをきっかけに後のオランダが誕生したため、オランダ独立戦争と呼ばれることもある。この反乱の結果として、ネーデルラント17州の北部7州はネーデルラント連邦共和国として独立することになった。北部7州は、1581年にスペイン国王フェリペ2世の統治権を否認し、1648年のヴェストファーレン条約によって独立を承認された。八十年戦争 フレッシュアイペディアより)

  • アルジェリア

    アルジェリアから見たスペインスペイン

    16世紀に入ると東からはオスマン帝国の、西からはスペインの進出が進み、1533年にはアルジェを根拠地とした海賊バルバロッサがオスマン帝国の宗主権を受け入れた。1550年にオスマン帝国はザイヤーン朝を滅ぼした。オスマン帝国の治下ではトルコ人による支配体制 (オスマン帝国の属州という形であったが、実際にはエジプトのムハンマドアリー朝のような提督による間接支配に相当)アルジェリア フレッシュアイペディアより)

13002件中 51 - 60件表示

「スペイン」のニューストピックワード