9810件中 81 - 90件表示
  • オルティス

    オルティスから見たスペインスペイン

    オルティスあるいはオルティズ、オルティーズ(Ortiz)は、スペイン系の姓のひとつ。オルティス フレッシュアイペディアより)

  • マヌエラ・カラスコ

    マヌエラ・カラスコから見たスペインスペイン

    マヌエラ・カラスコ (本名:マヌエラ・カラスコ・サラサール Manuela Carrasco Salazar、1954年-)は、スペインのバイラオーラ (女性フラメンコダンサー)。 フラメンコ舞踊本流を代表する舞踏家。 セビージャ出身。 夫はギター奏者のホアキン・アマドール。マヌエラ・カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • アンブロジオ・スピノラ

    アンブロジオ・スピノラから見たスペインスペイン

    アンブロジオ・スピノラ(Ambrosio Spinola, 1569年 - 1630年9月25日)は17世紀前半スペインの将軍、初代ロス・バルバセス侯爵である。ヨーロッパ中にその名を轟かせた攻城戦の名人であり、17世紀のスペインを代表する名将でもある。1628年にフランス宮廷に立ち寄った際には宮廷挙げての歓迎を受けた他、軍事史上名高いオランダの名将オラニエ公マウリッツ・ファン・ナッサウも、敵ながらその能力を高く評価していたとされる。アンブロジオ・スピノラ フレッシュアイペディアより)

  • ホアキン・ニン=クルメル

    ホアキン・ニン=クルメルから見たスペインスペイン

    ホアキン(・マリア)・ニン=クルメル(Joaquin Maria Nin-Culmell, 1908年9月5日 - 2004年2月14日)はキューバ系スペイン人の作曲家・ピアニスト・指揮者。父親は、ライプツィヒに学んだスペインのピアニスト・作曲家のホアキン・ニン(またはホアキン・ニン・イ・カステリャーノス、1879年 - 1949年)で、母親はキューバ人歌手ローサ・クルメル、姉はフランスの文人アナイス・ニンであった。両親が離婚してから、母親に連れられ欧米各国で生活したため、姉同様にコスモポリタンとなった。ホアキン・ニン=クルメル フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ジェラール

    ロベルト・ジェラールから見たスペインスペイン

    ロベルト・ジェラール(Roberto Gerhard カタルーニャ語:Robert Gerhard IPA:????art ルベルド・ジェラルト, 1896年9月25日 バルセロナ近郊のバリュス - 1970年1月5日 ケンブリッジ)はスペインの現代音楽の作曲家・音楽学者。第二次世界大戦中に祖国を追われてイングランドに亡命し、そのまま英語圏で過ごした。近年になってその実績が国際的に知られるようになり、ファリャ以後の世代で最もすぐれたスペイン人作曲家の一人として再評価されるようになった。ロベルト・ジェラール フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・テヘーロ

    アントニオ・テヘーロから見たスペインスペイン

    アントニオ・テヘーロ(Antonio Tejero Molina 、1932年 - )は、スペインの元軍人。1981年2月にスペインで発生した軍事クーデター「23-F」の首謀者の1人である。アントニオ・テヘーロ フレッシュアイペディアより)

  • スペインの宗教

    スペインの宗教から見たスペインスペイン

    スペインの宗教に関する調査では、ローマ・カトリック教会がスペイン国内で圧倒的に最大規模のキリスト教の教派となっている。2011年8月に行われた社会学調査センター調査によると、約70.1%のスペイン人がカトリック教徒であると申告し、2.7%が他の宗教であると、そして約25%が無宗教であると解答している。殆どのスペイン人は定期的には儀式に参加しない。同じ調査では宗教的であると解答したスペイン人の56%が年間で数回しかミサに参列しないと答え、9%が一カ月に数回は参列していると答え、16%が日曜日には毎回参列するか一週間につき数回参列するという結果が出ている。スペイン人の大多数がカトリック教徒であるが、大抵の人々、特に若い世代は結婚前の性交渉や性的指向、避妊に関して教会の保守的な道徳の教理を無視している。小教区に配置されている司祭の全体の人数は1975年には24,300人居たが2005年には19,307人に減少した。修道女も同様に2000年から2005年にかけて6.9%減少し54,160人になった。スペインの宗教 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ救急医学会

    ヨーロッパ救急医学会から見たスペインスペイン

    ヨーロッパ各国からの代表者により、1994年5月にロンドンで開催された国際救急医学カンファランス(International Emergency Medicine )の会期中にヨーロッパ救急医学会(European Society for Emergency Medicine、略称:EuSEM)設立に向けた話し合いが行われた。準備会合を、1996年の世界救急災害医学学会(WADEM)の会期中にマインツ、ドイツにおいて開催し、第一回の学術集会 1st European Congress on Emergency Medicine をサンマリノ(サンマリノ共和国)で開催した。ヨーロッパの歴史と文化の多様性を反映して、隔年で開かれている学会(会議)は、各国の学会と同時に開催され、同じく隔年で開催される地中海救急医学会(Mediterranean Emergency Medicine Congress)と交互開催の形を取っている。正式加盟国は、オーストリア、ベルギー、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、グルジア、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、イタリア、リトアニア、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ(団体としては2団体加盟)、英国である。ヨーロッパ救急医学会 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコの歴史

    メキシコの歴史から見たスペインスペイン

    この項目では、メキシコ合衆国の歴史について記述する。現在のメキシコに相当する地域には2万年以上前に人類が進出し、高度な文明を築いた。しかし16世紀にスペインが進出してくると植民地化され、厳しい収奪が行われた。18世紀末にヨーロッパで革命が相次ぐと、メキシコでもメキシコ独立革命がおこり独立を果たした。その後帝政、連邦共和政、対外戦争、ディアスの独裁など動乱を経て、1910年から1918年まで続いたメキシコ革命の動乱により近代的国家を実現した。革命後は制度的革命党(PRI)の長期政権の下で近代化と経済開発が進められたが、20世紀後半までにPRIは様々な社会矛盾を蓄積し、2000年の選挙でPRIは下野した。メキシコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • セブ島

    セブ島から見たスペインスペイン

    マクタン島は風光明媚で風通しがよく、一般に言うセブ・リゾートはここマクタン島を指す場合が多く、外国からの移住者も多い。またセブ市は最初にスペインによる植民地化がされた植民都市でありその名残が随所に残り、昔ながらの大きな市場カルボン・マーケットがあるほか、観光客相手の巨大ショッピング・モールやリゾートホテルがセブ市やマクタン島に多数ある。セブ島 フレッシュアイペディアより)

9810件中 81 - 90件表示

「スペイン」のニューストピックワード