713件中 91 - 100件表示
  • スペイン

    スペインから見たミゲル・デ・セルバンテス

    スペイン文学においては、特に著名な作家として世界初の近代小説と呼ばれる『ドン・キホーテ』の著者ミゲル・デ・セルバンテスが挙げられる。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たミゲル・プリモ・デ・リベラ

    1904年アンダルシアでゼネストの嵐が吹き荒れた。1906年スペインは超保護関税を採用した。これはビスカヤ高炉社長のパブロ・デ・アルソラ(Pablo de Alzola)が精力的に働きかけた結果であり、それまで政府は近代化政策をことごとく頓挫させていた。1907年恐慌がスペインを刺激した。1908年11月ヴィッカースとコミーリャス侯爵(Claudio López Bru)の率いる軍需産業に対して、アントニオ・マウラ(Antonio Maura)のスペイン政府は2億ペセタの契約を与えた。ヴィッカースには死の商人バジル・ザハロフが出入りした。彼はスペイン皇女と結婚する男であった。1910年からストライキの件数が倍増していったが、スペイン労働者の大多数は労組に加入していなかった。1912年を獲得した。スペインは第一次世界大戦を中立で乗り切ったが、スペインの軍需品輸出は「スペインかぜ」の流行に一役買い、スペイン経済は従って戦後不況を免れなかった。農業は作物輸出と肥料輸入の両方が無制限潜水艦作戦で行えなかった。1919年5月、超反動政治家のシエルバ(Juan de la Cierva y Peñafiel)は軍をコルドバに派遣して南部のストライキを弾圧した。1921年、第3次リーフ戦争でスペインは軍事的大損害を出した。1922年マウラ政府が退陣した。1923年から1930年まで、ミゲル・プリモ・デ・リベラ将軍のが軍事独裁政権を樹立した。将軍はカタロニアの自治を廃した一方で、ラティフンディオの所有者とは協調した。1926年フランス軍の援軍を得てリーフ戦争を鎮圧した。この同年から水利技師ロレンソ・パルド(Manuel Lorenzo Pardo)が天才的采配をふるい、7万2000ヘクタールの灌漑農地を新たに開拓し、また水力発電量の倍化に貢献した。1927年にプリモ将軍は石油専売会社を創設した(CAMPSA)。1930年秋にアンダルシアが異常旱魃にみまわれ、軍事政権に対する国民の不満が噴出した。翌1931年アルフォンソ13世が亡命して君主制が崩壊した。が制定され、スペイン第二共和政が成立した。第二共和政はバスク、カタルーニャそしてガリシアに自治権を与えた。共和政下では女性参政権も認められた。スペイン銀行が当時の恐慌を世界恐慌と切り離して論じた。しかしアンダルシア低地には1930年と1931年の数ヶ月で20万人の失業者がいた。1931年に失業保険国民金庫(Caja Nacional contra el Paro Forzoso)が設立された。1933年までに同金庫に割り当てられた予算額は、年間100万ペセタを超えず、国家予算の5厘に満たなかった。失業保険国民金庫は、失業保険を実施している労働者団体に貸し付けることしかできなかった。農地改革にはやる気が全く見えなかった。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たフランシスコ・デ・ビトリア

    16世紀にはフランシスコ・デ・ビトリアやドミンゴ・デ・ソトらのカトリック神学者によってサラマンカ学派が形成され、17世紀オランダのフーゴー・グローティウスに先んじて国際法の基礎を築いた。17世紀から18世紀にかけては強固なカトリックイデオロギーの下、やなどの例外を除いてスペインの思想界は旧態依然としたスコラ哲学に覆われた。19世紀後半に入るとドイツ観念論のクラウゼ (Krause) 哲学が影響力を持ち、フリアン・サンス・デル・リオと弟子のフランシスコ・ヒネル・デ・ロス・リオスを中心にクラウゼ哲学がスペインに受容された。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たペペ・ロメロ

    クラシック音楽においては声楽が発達しており、著名な歌手としてアルフレード・クラウス、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、モンセラート・カバリェ、テレサ・ベルガンサなどの名を挙げることができる。クラシック・ギターも盛んであり、『アランフエス協奏曲』を残した作曲家のホアキン・ロドリーゴや、ギター奏者のセレドニオ・ロメロ、ペペ・ロメロ、アンヘル・ロメロ一家、マリア・エステル・グスマンなどが活躍している。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たネイサン・メイアー・ロスチャイルド

    1808年3月ブルボン朝のフェルナンド7世が退位させられ、ナポレオンの兄のジョゼフがホセ1世としてスペイン国王に即位した。この傀儡国王は国辱とみなされ、即座にマドリードで反乱が発生、全土へ拡大した(スペイン独立戦争)。同年5月3日の虐殺は有名な絵画となっている(フランシスコ・デ・ゴヤ画「マドリード、1808年5月3日」)。ナポレオンは自ら兵を率いて介入したが、スペイン軍のゲリラ戦術とウェリントン公爵率いる英葡軍に苦戦した。公爵にはネイサン・メイアー・ロスチャイルドが戦費を配達した。ホセ1世は1808年12月に封建制を廃止する政令を出していた。1811年8月の政令で貴族の特権的領分は各自治体のものとなった。ガリシアやバレンシアで農民が補償を求めて政令を解釈しようと、社会的緊張や暴動を引き起こした。カディスでスペイン1812年憲法が制定された。1813年に、政令の解釈を調停する委員会が設置された。1814年5月の政令で3年前の政令が撤回された。フランス勢力はスペインから駆逐され、ブルボン家のフェルナンド7世が復位した。そして絶対主義への反動政策を採った。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見た乾貴士

    また、国内のリーグ戦であるリーガ・エスパニョーラは、世界各国の有力選手が集結しイングランド(プレミアリーグ)やイタリア(セリエA)のリーグと並んで注目を集めている。その人気ぶりはスペインの2016年テレビ番組視聴者数ランキングにおいて、トップ50のうち94%にあたる47番組がサッカー関連番組だったほど。特にFCバルセロナ対レアル・マドリードの対戦カードはエル・クラシコと呼ばれ、スペイン国内では視聴率50%を記録、全世界で約三億人が生放送で視聴するとも言われる。日本人ではエイバルの乾貴士が在籍している(2017年現在)。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たサルバドール・ダリ

    19世紀末から20世紀半ばまでにかけてはバルセロナを中心に芸術家が創作活動を続け、キュビスムやシュルレアリズムなどの分野でサンティアゴ・ルシニョール、ラモン・カザス、パブロ・ピカソ、ジョアン・ミロ、サルバドール・ダリ、ジュリ・ゴンサレス、パブロ・ガルガーリョなどが活躍した。スペイン内戦後は芸術の古典回帰が進んだ。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たルイス・ガルシア・ベルランガ

    スペイン初の映画は1897年に製作された。1932年にはルイス・ブニュエルによって『糧なき土地』(1932) が製作されている。スペイン内戦後は映画への検閲が行われたが、1950年代にはルイス・ガルシア・ベルランガやフアン・アントニオ・バルデムらの新世代の映像作家が活躍した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たテレサ・ベルガンサ

    クラシック音楽においては声楽が発達しており、著名な歌手としてアルフレード・クラウス、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、モンセラート・カバリェ、テレサ・ベルガンサなどの名を挙げることができる。クラシック・ギターも盛んであり、『アランフエス協奏曲』を残した作曲家のホアキン・ロドリーゴや、ギター奏者のセレドニオ・ロメロ、ペペ・ロメロ、アンヘル・ロメロ一家、マリア・エステル・グスマンなどが活躍している。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たセルヒオ・ロドリゲス

    バスケットボールもスペイン代表が2006年に世界選手権を制覇し注目を集めている。NBAで活躍する選手も2001-2002ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したパウ・ガソルやホセ・カルデロン、セルヒオ・ロドリゲスらがいる。スペイン フレッシュアイペディアより)

713件中 91 - 100件表示

「スペイン」のニューストピックワード