713件中 111 - 120件表示
  • スペイン

    スペインから見たブエルタ・ア・エスパーニャ

    自転車ロードレースも伝統的に盛んで、ツール・ド・フランス史上初の総合5連覇を達成したミゲル・インデュラインをはじめ、フェデリコ・バーモンテス、ルイス・オカーニャ、ペドロ・デルガド、オスカル・ペレイロ、アルベルト・コンタドール、カルロス・サストレといった歴代ツール・ド・フランス総合優勝者を筆頭に(2006年、2007年、2008年、2009年と4年連続でスペイン人による総合優勝)、著名な選手を数多く輩出している。また、例年8月末から9月中旬まで開催されるブエルタ・ア・エスパーニャはツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアとともに、グランツール(三大ツール)と呼ばれる自転車競技の最高峰的存在である。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たサッカーオランダ代表

    スポーツにおいてスペインではサッカーが最も盛んである。スペイン代表はFIFAワールドカップに13回の出場を果たしている。1998年のフランス大会予選のときに「無敵艦隊」と呼ばれ、以後そのように呼ばれる事もある。最高成績は1950年のブラジル大会の4位を久しく上回れず、「永遠の優勝候補」などと言われてきたが、2010年の南アフリカ大会で初めて決勝に進出し、オランダ代表との延長戦の末、初めて優勝を手にした。一方欧州選手権では2012年までに3度の優勝を経験している。FIFAランキングでは2008年から2013年の6年間にかけて世界1位を記録している。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見た公用語

    スペイン語(カスティーリャ語とも呼ばれる)がスペインの公用語であり全国で話されており、憲法にも規定されている。その他にも自治州憲章によってカタルーニャ語、バレンシア語、バスク語、ガリシア語、アラン語が地方公用語になっているほか、アストゥリアス語とアラゴン語もその該当地域の固有言語として認められている。バスク語以外は全てラテン語(俗ラテン語)に由来するロマンス語である。また、ラテンアメリカで話されているスペイン語は、1492年以降スペイン人征服者や入植者が持ち込んだものがその起源である。ラテンアメリカで話されるスペイン語とは若干の違いがあるが、相互に意思疎通は問題なく可能である。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たスペインかぜ

    1904年アンダルシアでゼネストの嵐が吹き荒れた。1906年スペインは超保護関税を採用した。これはビスカヤ高炉社長のパブロ・デ・アルソラ(Pablo de Alzola)が精力的に働きかけた結果であり、それまで政府は近代化政策をことごとく頓挫させていた。1907年恐慌がスペインを刺激した。1908年11月ヴィッカースとコミーリャス侯爵(Claudio López Bru)の率いる軍需産業に対して、アントニオ・マウラ(Antonio Maura)のスペイン政府は2億ペセタの契約を与えた。ヴィッカースには死の商人バジル・ザハロフが出入りした。彼はスペイン皇女と結婚する男であった。1910年からストライキの件数が倍増していったが、スペイン労働者の大多数は労組に加入していなかった。1912年を獲得した。スペインは第一次世界大戦を中立で乗り切ったが、スペインの軍需品輸出は「スペインかぜ」の流行に一役買い、スペイン経済は従って戦後不況を免れなかった。農業は作物輸出と肥料輸入の両方が無制限潜水艦作戦で行えなかった。1919年5月、超反動政治家のシエルバ(Juan de la Cierva y Peñafiel)は軍をコルドバに派遣して南部のストライキを弾圧した。1921年、第3次リーフ戦争でスペインは軍事的大損害を出した。1922年マウラ政府が退陣した。1923年から1930年まで、ミゲル・プリモ・デ・リベラ将軍のが軍事独裁政権を樹立した。将軍はカタロニアの自治を廃した一方で、ラティフンディオの所有者とは協調した。1926年フランス軍の援軍を得てリーフ戦争を鎮圧した。この同年から水利技師ロレンソ・パルド(Manuel Lorenzo Pardo)が天才的采配をふるい、7万2000ヘクタールの灌漑農地を新たに開拓し、また水力発電量の倍化に貢献した。1927年にプリモ将軍は石油専売会社を創設した(CAMPSA)。1930年秋にアンダルシアが異常旱魃にみまわれ、軍事政権に対する国民の不満が噴出した。翌1931年アルフォンソ13世が亡命して君主制が崩壊した。が制定され、スペイン第二共和政が成立した。第二共和政はバスク、カタルーニャそしてガリシアに自治権を与えた。共和政下では女性参政権も認められた。スペイン銀行が当時の恐慌を世界恐慌と切り離して論じた。しかしアンダルシア低地には1930年と1931年の数ヶ月で20万人の失業者がいた。1931年に失業保険国民金庫(Caja Nacional contra el Paro Forzoso)が設立された。1933年までに同金庫に割り当てられた予算額は、年間100万ペセタを超えず、国家予算の5厘に満たなかった。失業保険国民金庫は、失業保険を実施している労働者団体に貸し付けることしかできなかった。農地改革にはやる気が全く見えなかった。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たイラク戦争

    2002年7月18日にはが起こり、モロッコとの間で緊張が高まったが、アメリカの仲裁で戦争には至らなかった。同年9月、アスナール首相がイラク戦争を非常任理事国として支持、2003年3月のイラク戦争開戦後は有志連合の一員として、米英軍と共にイラクにスペイン軍1400人を派遣した。2004年3月11日にマドリード列車爆破テロ事件が起き、多数の死傷者を出した。選挙を3日後に控えていた右派のアスナール首相はこれを政治利用し、バスク祖国と自由 (ETA) の犯行だと発表したが、3月14日に実施された2004年スペイン議会総選挙では左派の社会労働党が勝利し、サパテロ政権が誕生した。サパテロ首相は就任後、2004年5月にイラク戦争に派遣されていたスペイン軍を撤退させた。また、後に2004年の列車爆破事件はアルカーイダの犯行と CIAからの発表があると、この対応を巡って政治問題となった。2005年、欧州憲法承認のため国民投票が行われ、およそ77%が賛成して批准された。翌2006年エンデサ買収が政治問題となった。サパテロ政権は2008年スペイン議会総選挙でも勝利した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たアブド・アッラフマーン3世

    722年西ゴート王国のペラーヨはコバドンガの戦いに勝利しアストゥリアス王国を建国した。これがスペイン・キリスト教諸国の拡大、すなわちレコンキスタ(再征服運動:Reconquista)の嚆矢であるとされている。数百年にわたるイスラームの支配時期に重なってレコンキスタは進行したが、10世紀のイスラム銀飢饉までは膠着状態にあった。イスラーム勢力はピレネー山脈を越えて北方へ進軍を続けたが、トゥール・ポワティエ間の戦いでフランク王国に敗れた。その後、イスラーム勢力はより安全なピレネー山脈南方へ後退し、エブロ川とドウロ川を境界とする。739年にはイスラーム勢力はガリシアから追われた。778年、ロンスヴォーの戦いがおこった。フランク軍はピレネー山脈南方にキリスト教伯領(スペイン辺境領)を設置し、後にこれらは王国へ成長した。これらの領域はバスク地方、アラゴンそしてカタルーニャを含んでいる。844年、ノルマン人がリスボンとカディスを侵犯した。912年から1002年まで、スペイン・キリスト教諸国と後ウマイヤ朝カリフが不断の抗争に明け暮れた。955年アブド・アッラフマーン3世がレオン王国と講和した。961年レオン王国からカスティーリャ王国が事実上独立した。このカスティーリャが以降のレコンキスタを主導することになる。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たミハイル・バクーニン

    1855年5月の法律がわずかな例外を除いて市町村の共有地をふくむ全ての永代所有地について売却を制度化した。競売の初年度に売却益の一定額が不時の財政赤字に備え積み立てられることになった。それ以降について、売却益の半分が公債の償還に充てられ、残り半分が公共事業へ支出されることとなった。1855年から1868年の間に処分された土地は、競売価格で割合を掲げると、共有地50%、教会財産30%、国家または修道会の慈善事業に属する土地ないしドン・カルロスといった個人からの没収地が20%であった。1856年の銀行諸法が複数発券銀行制を採用し、やがては都市ごとに発券行がおかれた。そして1856年の信用会社法はクレディ・モビリエの定款をモデルとして、マーチャント・バンク(merchant bank)の広範囲な業務活動を可能にした(公債引受・租税徴収・産業助成・商業銀行)。これに沿ってクレディト・モビリアリオ(Sociedad General de Crédito Mobiliario Español)が設立された。大勢のスペイン貴族とペレール兄弟と200家族が重役となった。スペインに鉄道熱がおこり、このときロスチャイルド家のサラゴサ・アリカンテ鉄道が誕生した。1866年バルセロナ証券取引所の鉄道株が暴落した。そしてにわかに土地競売が勢いを増した。1868年、飢饉とともに第三次カルリスタ戦争がおこった。この市民革命で成立した臨時政府が、最大の水銀鉱山アルマデンを担保にロスチャイルド家から借款を得た。1869年の鉱業法がスペインの鉱産資源を散逸させた。鉄鉱石がイギリスとベルギーのものとなった。鉛は英仏の銃弾となった。亜鉛はコッカリルなどベルギー資本が独占するところとなった。銅と黄鉄鉱は英国資本が手中におさめた。フランスが採掘するアストゥリアス州の石炭は需要の不足に苛まれた。1870年サヴォイア家のアマデオ1世が即位した。1873年スペイン史上初の共和制移行がみられた(スペイン第一共和政)。そしてロスチャイルドがリオ・ティントを買収した。翌1874年スペインは経済界に歓迎されて王政復古、スペイン銀行に紙幣発行の独占権を与えた。1876年、新憲法発布の年に、カルリスタがネルビオン川の左岸を放棄した。するとビルバオ港からの鉄鉱石輸出量が大幅に増えた。2年後、第一次キューバ独立戦争が終結した。1880年キューバに対する奴隷漸廃法が成立した。翌年に保守党のカノバス・デル・カスティーリョが失脚した。1883年バクーニン派が弾圧された。1884年スペイン領サハラを獲得した。1880年代カタロニアはネアブラムシのはびこるフランスへ存分にブドウ酒を輸出したが、1898-9年カタロニアもやられて作付面積を38.5万haから4.1万に減らした。1890年ジーメンス・ウント・ハルスケのカタロニア支店が設置された。1893年モロッコへ出兵した。1894年AEGがバルセロナの電力会社(Sociedad Española de Electricidad)を買収した。1898年ハバナでアメリカ海軍のメイン号が爆沈した。そこで米西戦争が勃発し、敗北したスペインはキューバとフィリピンの独立を許した。キューバから移民とその貯蓄が戻ってきてバスクの工業を強化した。カタロニアの通商は麻痺した。米西戦争は「大惨事("El Desastre")」として語り継がれた。敗戦の衝撃から「」と呼ばれる知識人の一群が生まれた。その一人ホアキン・コスタ(Joaquín Costa)は水力政策を国家資本で主導しようと画策したが、売国的な財政政策に阻まれ挫折してしまった。鉱石輸出のピークたる1899年には、541万トンの鉱物がビルバオ港から積み出されたが、全国の産出量は861万トンにすぎなかった。1900年ごろ、(赤道ギニア)を獲得した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たカール5世 (神聖ローマ皇帝)

    アントウェルペンが帝国郵便を介してスペインと結ばれたころであった。1516年、ハプスブルク家のカール大公がスペイン王カルロス1世として即位し、スペイン・ハプスブルク朝が始まる。カルロス1世は1519年に神聖ローマ皇帝カール5世としても即位し、反宗教改革の擁護者となった。するとコムニダーデスの反乱(1520年 - 1521年)がおこった。1538年プレヴェザの海戦でシナン・レイースがオスマン帝国の勝利に貢献した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見た国際連合教育科学文化機関

    スペイン国内には、ユネスコの世界遺産一覧に登録された文化遺産が34件、自然遺産が2件、複合遺産が1件存在する。さらにフランスにまたがって1件の複合遺産が登録されている。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たシナン・レイース

    アントウェルペンが帝国郵便を介してスペインと結ばれたころであった。1516年、ハプスブルク家のカール大公がスペイン王カルロス1世として即位し、スペイン・ハプスブルク朝が始まる。カルロス1世は1519年に神聖ローマ皇帝カール5世としても即位し、反宗教改革の擁護者となった。するとコムニダーデスの反乱(1520年 - 1521年)がおこった。1538年プレヴェザの海戦でシナン・レイースがオスマン帝国の勝利に貢献した。スペイン フレッシュアイペディアより)

713件中 111 - 120件表示

「スペイン」のニューストピックワード