713件中 121 - 130件表示
  • スペイン

    スペインから見たマイモニデス

    古代ローマ時代に活躍したストア派哲学者の小セネカはコルドバ出身だった。中世において、イスラーム勢力支配下のアル=アンダルスでは学芸が栄え、イブン・スィーナー(アウィケンナ)などによるイスラーム哲学が流入し、12世紀のコルドバではアリストテレス派のイブン・ルシュド(アウェロエス)が活躍した。その他にも中世最大のユダヤ哲学者マイモニデスもコルドバの生まれだった。コルドバにもたらされたイブン・スィーナーやイブン・ルシュドのイスラーム哲学思想は、キリスト教徒の留学生によってアラビア語からラテン語に翻訳され、彼等によってもたらされたアリストテレス哲学はスコラ学に大きな影響を与えた。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たフォーミュラ1

    近年はモータースポーツも人気を博しておりサッカーに次ぐ盛況ぶりである。ロードレース世界選手権 (MotoGP) の視聴率は40%を超えることもしばしば。世界ラリー選手権ではカルロス・サインツがスペイン人初のワールドチャンピオンに輝いた。フォーミュラ1 (F1) ではフェルナンド・アロンソが2005年(当時)F1 史上最年少世界王者に輝き、スペインのスポーツ選手人気ランキングでサッカー選手のラウル・ゴンサレス(レアル・マドリード)を抑え1位になるなど、その人気は過熱している。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たクーデター

    1975年11月22日にフランコ将軍が死ぬと、その遺言により フアン・カルロス王子(アルフォンソ13世の孫)が王座に就き、王政復古がなされた。1976年スペインのエネルギー赤字は45億ドルにのぼった。これは前年比で9%の増加であった。オイルショックがスペイン経済に追い討ちをかけて、国際収支赤字は1975年の35億ドルから1976年の43億ドルへと悪化した。アドルフォ・スアレス政権は野放図な金融緩和に走った。1977年10月モンクロア協定(Pactos de la Moncloa)が調印された。フアン・カルロス国王は専制支配を継続せず、スペイン1978年憲法の制定により民主化が達成され、スペイン王国は制限君主制国家となった。1981年2月23日には軍政復帰を目論むアントニオ・テヘーロ中佐ら一部軍人によるクーデター未遂事件が発生したものの、毅然とした態度で民主主義を守ると宣言した国王に軍部の大半は忠誠を誓い、この事件は無血で鎮圧された (23-F)。民主化されたスペインは1982年に北大西洋条約機構(NATO)に加入、同年の1982年スペイン議会総選挙により、スペイン社会労働党 (PSOE) からフェリペ・ゴンサレス首相が政権に就き43年ぶりの左派政権が誕生した。1986年にはヨーロッパ共同体(現在の欧州連合)に加入。1992年にはバルセロナオリンピックを開催した。一方、国内問題も抱えており、スペインはバスク地域分離運動のETAによるテロ活動に長年悩まされている。1982年に首相に就任したゴンサレスは14年に亘る長期政権を実現していたが、1996年スペイン議会総選挙にて右派の国民党 (PP) に敗れ、ホセ・マリア・アスナールが首相に就任した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たオイルショック

    1975年11月22日にフランコ将軍が死ぬと、その遺言により フアン・カルロス王子(アルフォンソ13世の孫)が王座に就き、王政復古がなされた。1976年スペインのエネルギー赤字は45億ドルにのぼった。これは前年比で9%の増加であった。オイルショックがスペイン経済に追い討ちをかけて、国際収支赤字は1975年の35億ドルから1976年の43億ドルへと悪化した。アドルフォ・スアレス政権は野放図な金融緩和に走った。1977年10月モンクロア協定(Pactos de la Moncloa)が調印された。フアン・カルロス国王は専制支配を継続せず、スペイン1978年憲法の制定により民主化が達成され、スペイン王国は制限君主制国家となった。1981年2月23日には軍政復帰を目論むアントニオ・テヘーロ中佐ら一部軍人によるクーデター未遂事件が発生したものの、毅然とした態度で民主主義を守ると宣言した国王に軍部の大半は忠誠を誓い、この事件は無血で鎮圧された (23-F)。民主化されたスペインは1982年に北大西洋条約機構(NATO)に加入、同年の1982年スペイン議会総選挙により、スペイン社会労働党 (PSOE) からフェリペ・ゴンサレス首相が政権に就き43年ぶりの左派政権が誕生した。1986年にはヨーロッパ共同体(現在の欧州連合)に加入。1992年にはバルセロナオリンピックを開催した。一方、国内問題も抱えており、スペインはバスク地域分離運動のETAによるテロ活動に長年悩まされている。1982年に首相に就任したゴンサレスは14年に亘る長期政権を実現していたが、1996年スペイン議会総選挙にて右派の国民党 (PP) に敗れ、ホセ・マリア・アスナールが首相に就任した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見た政教分離

    なお、国民の大多数がカトリック教徒であるにもかかわらず、近年ではローマ教皇庁が反対している避妊具の使用や同性婚を解禁するなど社会的には政教分離の思想が進んでいる点も特徴である。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たフェルナンド2世 (アラゴン王)

    1469年、イサベル女王とフェルナンド国王の結婚により、カスティーリャ王国とアラゴン王国が統合された。それまでカスティーリャは地中海に疎かったが、統合により貿易へ参入した。50年前からの混乱はカスティーリャの経済構造を再編させた。メスタが振興され、メディナ・デル・カンポの大市では大規模な羊毛取引と国際的な為替取引が行われた。ビスカヤ産の鉄製品も輸出された。そしてアンダルシアのワインやオリーブ油もセビリアからジェノヴァ商人の手を経て輸出された。ア・コルーニャは漁港として繁栄した。スペインは現在も欧州最大の漁業国であり、ビーゴ港を主力としている。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たラファエル・デル・リエゴ

    1820年ラファエル・デル・リエゴ将軍がスペイン立憲革命を達成した。このとき1812年憲法が復活した。貴族と教会がなお議会に干渉し革命同年の法律を制定した。十分の一税が廃され、しかし各種公課は金納となった。メスタが不当な利益を得て、零細農民が土地を追われた。一連の法律は1923年まで有効に運用された。1823年にリエゴ将軍は処刑された。ウィーン体制の崩壊を恐れて神聖同盟がスペインに干渉したのであった。1825年リベルタドーレスが南米最後の植民地ボリビアを独立させた。アメリカ大陸でスペインはキューバとプエルトリコ以外の植民地を失った。1825年スペイン鉱業法は1783年の鉱業条例に影響された。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たマヤ文明

    16世紀前半にエルナン・コルテス、ペドロ・デ・アルバラード、フランシスコ・ピサロをはじめとするコンキスタドーレスがアステカ文明、マヤ文明、インカ文明などアメリカ大陸の文明を滅ぼす。アメリカ大陸の住民はインディオと呼ばれ、奴隷労働によって金や銀を採掘させられた。洋銀がポトシやグアナフアトの銀山で鋳造された。金銀は1552年からスペイン帝国の外へ流出した。オスマン帝国やイギリスとの戦争によって流出は加速した。それをイギリスやオランダが蓄積した(資本の本源的蓄積)。ここで洋銀が金銀比価に影響を与えはじめた。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たハバナ

    1855年5月の法律がわずかな例外を除いて市町村の共有地をふくむ全ての永代所有地について売却を制度化した。競売の初年度に売却益の一定額が不時の財政赤字に備え積み立てられることになった。それ以降について、売却益の半分が公債の償還に充てられ、残り半分が公共事業へ支出されることとなった。1855年から1868年の間に処分された土地は、競売価格で割合を掲げると、共有地50%、教会財産30%、国家または修道会の慈善事業に属する土地ないしドン・カルロスといった個人からの没収地が20%であった。1856年の銀行諸法が複数発券銀行制を採用し、やがては都市ごとに発券行がおかれた。そして1856年の信用会社法はクレディ・モビリエの定款をモデルとして、マーチャント・バンク(merchant bank)の広範囲な業務活動を可能にした(公債引受・租税徴収・産業助成・商業銀行)。これに沿ってクレディト・モビリアリオ(Sociedad General de Crédito Mobiliario Español)が設立された。大勢のスペイン貴族とペレール兄弟と200家族が重役となった。スペインに鉄道熱がおこり、このときロスチャイルド家のサラゴサ・アリカンテ鉄道が誕生した。1866年バルセロナ証券取引所の鉄道株が暴落した。そしてにわかに土地競売が勢いを増した。1868年、飢饉とともに第三次カルリスタ戦争がおこった。この市民革命で成立した臨時政府が、最大の水銀鉱山アルマデンを担保にロスチャイルド家から借款を得た。1869年の鉱業法がスペインの鉱産資源を散逸させた。鉄鉱石がイギリスとベルギーのものとなった。鉛は英仏の銃弾となった。亜鉛はコッカリルなどベルギー資本が独占するところとなった。銅と黄鉄鉱は英国資本が手中におさめた。フランスが採掘するアストゥリアス州の石炭は需要の不足に苛まれた。1870年サヴォイア家のアマデオ1世が即位した。1873年スペイン史上初の共和制移行がみられた(スペイン第一共和政)。そしてロスチャイルドがリオ・ティントを買収した。翌1874年スペインは経済界に歓迎されて王政復古、スペイン銀行に紙幣発行の独占権を与えた。1876年、新憲法発布の年に、カルリスタがネルビオン川の左岸を放棄した。するとビルバオ港からの鉄鉱石輸出量が大幅に増えた。2年後、第一次キューバ独立戦争が終結した。1880年キューバに対する奴隷漸廃法が成立した。翌年に保守党のカノバス・デル・カスティーリョが失脚した。1883年バクーニン派が弾圧された。1884年スペイン領サハラを獲得した。1880年代カタロニアはネアブラムシのはびこるフランスへ存分にブドウ酒を輸出したが、1898-9年カタロニアもやられて作付面積を38.5万haから4.1万に減らした。1890年ジーメンス・ウント・ハルスケのカタロニア支店が設置された。1893年モロッコへ出兵した。1894年AEGがバルセロナの電力会社(Sociedad Española de Electricidad)を買収した。1898年ハバナでアメリカ海軍のメイン号が爆沈した。そこで米西戦争が勃発し、敗北したスペインはキューバとフィリピンの独立を許した。キューバから移民とその貯蓄が戻ってきてバスクの工業を強化した。カタロニアの通商は麻痺した。米西戦争は「大惨事("El Desastre")」として語り継がれた。敗戦の衝撃から「」と呼ばれる知識人の一群が生まれた。その一人ホアキン・コスタ(Joaquín Costa)は水力政策を国家資本で主導しようと画策したが、売国的な財政政策に阻まれ挫折してしまった。鉱石輸出のピークたる1899年には、541万トンの鉱物がビルバオ港から積み出されたが、全国の産出量は861万トンにすぎなかった。1900年ごろ、(赤道ギニア)を獲得した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たドミンゴ・デ・ソト

    16世紀にはフランシスコ・デ・ビトリアやドミンゴ・デ・ソトらのカトリック神学者によってサラマンカ学派が形成され、17世紀オランダのフーゴー・グローティウスに先んじて国際法の基礎を築いた。17世紀から18世紀にかけては強固なカトリックイデオロギーの下、やなどの例外を除いてスペインの思想界は旧態依然としたスコラ哲学に覆われた。19世紀後半に入るとドイツ観念論のクラウゼ (Krause) 哲学が影響力を持ち、フリアン・サンス・デル・リオと弟子のフランシスコ・ヒネル・デ・ロス・リオスを中心にクラウゼ哲学がスペインに受容された。スペイン フレッシュアイペディアより)

713件中 121 - 130件表示

「スペイン」のニューストピックワード