713件中 11 - 20件表示
  • スペイン

    スペインから見たバスク祖国と自由

    フランコ体制下のスペインは一応ファランヘ党の一党制であったが、フランコにさからう党員は投獄された。プリモ将軍の愛国同盟を吸収したファランヘ党は、反共主義・カトリック主義・ナショナリズムを掲げた。1938年の労働憲章はイタリアのそれを土台としていた。第二次世界大戦下のスペインは枢軸国寄りであり(フランキスモ)、ソ連と戦うための義勇兵としてナチス・ドイツに青師団を派遣したが、正式な参戦はせずに中立を守った。1939年、全国産業公社(Instituto Nacional de Industria)を創設した。これはイタリアの産業復興公社(IRI)を真似た公営コンツェルンであった。1940年6月にアメリカが1億ドルの借款を申し入れてきたが、フランコはすぐに拒否した。戦時中、全国産業公社は20社を支配する軍産複合体に成長した一方で、フランコの統制経済が小麦生産量を激減させた。戦後1947-8年アルゼンチンから大量に買い付けて国民が命をつないだ。1949年にファランヘ党が国民運動に改称した。ファシズム体制のスペインは政治的・経済的に孤立していたが、1953年9月アメリカと相互防衛条約をむすんだ。このころから開発を目的とした農地整理が行われたが、再分配は行われなかったので、アンダルシアのラティフンディオは健在であった。工業政策が繊維部門の過剰生産を誘導した。1954年、法令で公共部門の賃金を引き上げた。インフレ圧力が高まって資本が逃避した。1955年スペインは国際連合に加入した。1956年に土地法(Ley del Suelo de España)を制定。1957年モロッコとの間でイフニ戦争(Ifni War)が勃発した。1958年冬までに、外貨準備が僅か1000万ドル、経常収支純赤字6000万ドルをかかえた。イタリアの債権国がスペイン経済に干渉していた。1958年スペインは欧州経済協力機構・国際通貨基金・国際復興開発銀行に加盟した。この同年、フランス銀行元副総裁ジャック・リュエフがスペインに招かれていた。欧州経済協力機構と国際通貨基金の使節団もである。彼らの審議結果は、1959年7月と8月に公布された一連の政令となり、スペイン経済の青写真となった。デフレ政策とペセタ切り下げが実施された(1ドル60ペセタ)。自給自足をするのかしないのか優柔不断であったフランコは、ここで一連の法律を制定し外資を誘致する姿勢を前面に押し出した。1959年の経済計画のために外国から総額4.2億ドルの資金援助が寄せられた。内訳の一部を紹介しよう。欧州経済協力機構からのクレジット1億ドル。国際通貨基金引き出し権7500万ドル。チェース・マンハッタン(現JPモルガン・チェース)およびファースト・ナショナル・シティ両行からの商業信用7000万ドル。合衆国輸出入銀行からの借款3000万ドル。1959年にバスク祖国と自由(ETA)がバスク民族主義を掲げて結成された。1953-61年の間に、スペインは経済援助だけで6億ドル強の贈与と4億ドルの借款を受け、さらに軍事援助として4億3680万ドルも受け取った。1962年から1968年にかけて、アメリカの援助額は大幅に減少するとともに、借款が贈与の7倍となった。利子以外にも、米国製品を購入するという負担が借款にはつきまとった。1968年10月12日スペインは赤道ギニアの独立を認めた。フランコ時代の末期に外資の参加割合が最も大きかった産業部門は、化学・食品加工・鉄鋼・非鉄金属等であった。スペイン全体が経済特区と化していた。1973年ETAがフランコの後継者と目されていたルイス・カレーロ・ブランコ首相を暗殺した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たJPモルガン・チェース

    フランコ体制下のスペインは一応ファランヘ党の一党制であったが、フランコにさからう党員は投獄された。プリモ将軍の愛国同盟を吸収したファランヘ党は、反共主義・カトリック主義・ナショナリズムを掲げた。1938年の労働憲章はイタリアのそれを土台としていた。第二次世界大戦下のスペインは枢軸国寄りであり(フランキスモ)、ソ連と戦うための義勇兵としてナチス・ドイツに青師団を派遣したが、正式な参戦はせずに中立を守った。1939年、全国産業公社(Instituto Nacional de Industria)を創設した。これはイタリアの産業復興公社(IRI)を真似た公営コンツェルンであった。1940年6月にアメリカが1億ドルの借款を申し入れてきたが、フランコはすぐに拒否した。戦時中、全国産業公社は20社を支配する軍産複合体に成長した一方で、フランコの統制経済が小麦生産量を激減させた。戦後1947-8年アルゼンチンから大量に買い付けて国民が命をつないだ。1949年にファランヘ党が国民運動に改称した。ファシズム体制のスペインは政治的・経済的に孤立していたが、1953年9月アメリカと相互防衛条約をむすんだ。このころから開発を目的とした農地整理が行われたが、再分配は行われなかったので、アンダルシアのラティフンディオは健在であった。工業政策が繊維部門の過剰生産を誘導した。1954年、法令で公共部門の賃金を引き上げた。インフレ圧力が高まって資本が逃避した。1955年スペインは国際連合に加入した。1956年に土地法(Ley del Suelo de España)を制定。1957年モロッコとの間でイフニ戦争(Ifni War)が勃発した。1958年冬までに、外貨準備が僅か1000万ドル、経常収支純赤字6000万ドルをかかえた。イタリアの債権国がスペイン経済に干渉していた。1958年スペインは欧州経済協力機構・国際通貨基金・国際復興開発銀行に加盟した。この同年、フランス銀行元副総裁ジャック・リュエフがスペインに招かれていた。欧州経済協力機構と国際通貨基金の使節団もである。彼らの審議結果は、1959年7月と8月に公布された一連の政令となり、スペイン経済の青写真となった。デフレ政策とペセタ切り下げが実施された(1ドル60ペセタ)。自給自足をするのかしないのか優柔不断であったフランコは、ここで一連の法律を制定し外資を誘致する姿勢を前面に押し出した。1959年の経済計画のために外国から総額4.2億ドルの資金援助が寄せられた。内訳の一部を紹介しよう。欧州経済協力機構からのクレジット1億ドル。国際通貨基金引き出し権7500万ドル。チェース・マンハッタン(現JPモルガン・チェース)およびファースト・ナショナル・シティ両行からの商業信用7000万ドル。合衆国輸出入銀行からの借款3000万ドル。1959年にバスク祖国と自由(ETA)がバスク民族主義を掲げて結成された。1953-61年の間に、スペインは経済援助だけで6億ドル強の贈与と4億ドルの借款を受け、さらに軍事援助として4億3680万ドルも受け取った。1962年から1968年にかけて、アメリカの援助額は大幅に減少するとともに、借款が贈与の7倍となった。利子以外にも、米国製品を購入するという負担が借款にはつきまとった。1968年10月12日スペインは赤道ギニアの独立を認めた。フランコ時代の末期に外資の参加割合が最も大きかった産業部門は、化学・食品加工・鉄鋼・非鉄金属等であった。スペイン全体が経済特区と化していた。1973年ETAがフランコの後継者と目されていたルイス・カレーロ・ブランコ首相を暗殺した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たダノン

    南部アンダルシア地方にイスラーム文化の影響が非常に強く残っている。旧植民地であったラテンアメリカ諸国との伝統的友好関係も非常に重要となっており、毎年スペイン・ポルトガルとラテンアメリカ諸国の間で持ち回りで開催されるイベロアメリカ首脳会議にも参加している。1986年のEC加盟以降、そこに属してスペインへ資本を輸出する国との関係が相対的に密接となっている。スペインはアフリカ大陸に位置するスペイン領のセウタとメリリャの帰属を巡り、モロッコと領土問題を抱えている。モロッコはダノンなどのフランス企業がすでに60年以上かけて事業関係を築いてきた国である。また、スペインが1801年以来実効支配しているオリベンサに対してポルトガルが返還を求めている。ポルトガルとの間には両国を統一すべきであるとのイベリスモ思想も存在する。この点、英葡永久同盟の存在と、イギリスからスペインへ投資が行われていることに注意を要する。ジブラルタル海峡はチョークポイントであり、ケーブル・アンド・ワイヤレスの海底ケーブルが敷設されている。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たテレフォニカ

    IMFによると、2015年のスペインのGDPは1兆1997億ドルであり、世界第14位である。韓国やオーストラリアなどと同じかやや下回る程度の経済規模であり、EU加盟国では5位である。企業は、金融のサンタンデール銀行やビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行、通信関連企業のテレフォニカ、電力のイベルドローラ、ザラで知られるアパレルのインディテックスなどが大企業として挙げられる。また多額の国際観光収入を持つため観光業の比重も大きく、GDPに占める観光業の割合は国全体の10%を超えている。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たソジェン

    8月初め共和政はカタロニア、バスク、アストゥリアスといった主要工業地帯のすべてを手中におさめていた。農業地帯では新カスティーリャ、レバンテ、アンダルシア東部、アラゴンおよびエストレマドゥーラの一部がその勢力下にあった。共和政は、軽工業と重工業をほぼ独占していたが、食料は園芸作物・オリーブ・かんきつ類の生産に特化している地域へ依存した。ブルゴスを拠点とする反乱軍は、勢力圏内で全国小麦生産の2/3と、じゃがいも・野菜の半分以上と、砂糖の九割を生産した。反乱軍は工業生産の不足を解消するため、8月ビスカヤに猛攻を仕掛け12月に制圧した。ビスカヤはスペイン国民総生産36%の源泉であった。金融制度も分断された。共和政はスペイン銀行の準備金46.7億ペセタを9月にモスクワへ送った。反乱軍はスペイン銀行から90億ペセタを超える貸付をうけた。偏った二つの経済圏は外国の支援も需要した。共和政はソビエト連邦と国際旅団の支援を受けた。反乱軍はナチス・ドイツとイタリア王国とクラインワート(現ソジェン)の支援を受けた。スペインは甚大な物的人的損害を被った。50万人が死亡、50万人が国を捨てて亡命した。スペインは社会基盤も破壊され国力を喪失した。このようにして反乱軍は勝利した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たミゲル・デ・ウナムーノ

    近代に入ると、1898年の米西戦争の敗戦をきっかけに自国の後進性を直視した「98年の世代」と呼ばれる一群の知識人が現れ、哲学者のミゲル・デ・ウナムーノやオルテガ・イ・ガセット、小説家のアンヘル・ガニベー、詩人のフアン・ラモン・ヒメネス(1956年ノーベル文学賞受賞)やアントニオ・マチャードなどが活躍した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たフランシスコ・デ・ゴヤ

    1808年3月ブルボン朝のフェルナンド7世が退位させられ、ナポレオンの兄のジョゼフがホセ1世としてスペイン国王に即位した。この傀儡国王は国辱とみなされ、即座にマドリードで反乱が発生、全土へ拡大した(スペイン独立戦争)。同年5月3日の虐殺は有名な絵画となっている(フランシスコ・デ・ゴヤ画「マドリード、1808年5月3日」)。ナポレオンは自ら兵を率いて介入したが、スペイン軍のゲリラ戦術とウェリントン公爵率いる英葡軍に苦戦した。公爵にはネイサン・メイアー・ロスチャイルドが戦費を配達した。ホセ1世は1808年12月に封建制を廃止する政令を出していた。1811年8月の政令で貴族の特権的領分は各自治体のものとなった。ガリシアやバレンシアで農民が補償を求めて政令を解釈しようと、社会的緊張や暴動を引き起こした。カディスでスペイン1812年憲法が制定された。1813年に、政令の解釈を調停する委員会が設置された。1814年5月の政令で3年前の政令が撤回された。フランス勢力はスペインから駆逐され、ブルボン家のフェルナンド7世が復位した。そして絶対主義への反動政策を採った。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たホセ・オルテガ・イ・ガセット

    近代に入ると、1898年の米西戦争の敗戦をきっかけに自国の後進性を直視した「98年の世代」と呼ばれる一群の知識人が現れ、哲学者のミゲル・デ・ウナムーノやオルテガ・イ・ガセット、小説家のアンヘル・ガニベー、詩人のフアン・ラモン・ヒメネス(1956年ノーベル文学賞受賞)やアントニオ・マチャードなどが活躍した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見た

    16世紀前半にエルナン・コルテス、ペドロ・デ・アルバラード、フランシスコ・ピサロをはじめとするコンキスタドーレスがアステカ文明、マヤ文明、インカ文明などアメリカ大陸の文明を滅ぼす。アメリカ大陸の住民はインディオと呼ばれ、奴隷労働によってや銀を採掘させられた。洋銀がポトシやグアナフアトの銀山で鋳造された。金銀は1552年からスペイン帝国の外へ流出した。オスマン帝国やイギリスとの戦争によって流出は加速した。それをイギリスやオランダが蓄積した(資本の本源的蓄積)。ここで洋銀が金銀比価に影響を与えはじめた。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たツール・ド・フランス

    自転車ロードレースも伝統的に盛んで、ツール・ド・フランス史上初の総合5連覇を達成したミゲル・インデュラインをはじめ、フェデリコ・バーモンテス、ルイス・オカーニャ、ペドロ・デルガド、オスカル・ペレイロ、アルベルト・コンタドール、カルロス・サストレといった歴代ツール・ド・フランス総合優勝者を筆頭に(2006年、2007年、2008年、2009年と4年連続でスペイン人による総合優勝)、著名な選手を数多く輩出している。また、例年8月末から9月中旬まで開催されるブエルタ・ア・エスパーニャはツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアとともに、グランツール(三大ツール)と呼ばれる自転車競技の最高峰的存在である。スペイン フレッシュアイペディアより)

713件中 11 - 20件表示

「スペイン」のニューストピックワード