713件中 41 - 50件表示
  • スペイン

    スペインから見たエル・グレコ

    イスラーム支配下のアンダルスでは、イスラーム式の壁画美術が技術的に導入された。ルネサンス絵画が定着しなかったスペインでは、16世紀に入るとマニエリズムに移行し、この時期にはエル・グレコが活躍している。バロック期にはフランシスコ・リバルタやホセ・デ・リベラ、フランシスコ・デ・スルバラン、アロンソ・カーノ、ディエゴ・ベラスケス、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ、フアン・デ・バルデス・レアルなどが活躍した。18世紀から19世紀初めにかけてはフランシスコ・デ・ゴヤが活躍した。スペイン黄金時代美術を参照スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たフアン・ラモン・ヒメネス

    近代に入ると、1898年の米西戦争の敗戦をきっかけに自国の後進性を直視した「98年の世代」と呼ばれる一群の知識人が現れ、哲学者のミゲル・デ・ウナムーノやオルテガ・イ・ガセット、小説家のアンヘル・ガニベー、詩人のフアン・ラモン・ヒメネス(1956年ノーベル文学賞受賞)やアントニオ・マチャードなどが活躍した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たモンセラート・カバリェ

    クラシック音楽においては声楽が発達しており、著名な歌手としてアルフレード・クラウス、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、モンセラート・カバリェ、テレサ・ベルガンサなどの名を挙げることができる。クラシック・ギターも盛んであり、『アランフエス協奏曲』を残した作曲家のホアキン・ロドリーゴや、ギター奏者のセレドニオ・ロメロ、ペペ・ロメロ、アンヘル・ロメロ一家、マリア・エステル・グスマンなどが活躍している。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たカルロス・モヤ

    テニスの水準も高く近年注目度の高いラファエル・ナダルをはじめフアン・カルロス・フェレーロ、カルロス・モヤといった世界1位になったことのある選手等数多くの著名な選手を輩出し、男子の国別対抗戦であるデビスカップでも毎年好成績を収めている。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たドメニコ・スカルラッティ

    クラシック音楽史に名を残す作曲家としては、バロック音楽ではイタリア出身でスペイン王家に仕えたドメニコ・スカルラッティ、近代音楽ではスペインの民謡や民話をモチーフとして利用したマヌエル・デ・ファリャ(特にピアノと管弦楽のための『スペインの庭の夜』、バレエ『三角帽子』、同『恋は魔術師』が有名)をはじめ、エンリケ・グラナドス、イサーク・アルベニス、現代音楽ではホセ・マヌエル・ロペス・ロペスなどがいる。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たマテオ・アレマン

    1492年から1681年までのスペイン黄金世紀の間には、スペインの政治を支配した強固にカトリック的なイデオロギーに文学も影響を受けた。この時代には修道士詩人サン・フアン・デ・ラ・クルスの神秘主義や、ホルヘ・デ・モンテマヨールの『ラ・ディアナの七つの書』(1559) に起源を持つ牧歌小説、マテオ・アレマンの『グスマン・デ・アルファラーチェ』(1599, 1602) を頂点とするピカレスク小説、『国王こそ無二の判官』(1635) のロペ・デ・ベガ、『セビーリャの色事師と色の招客』(1625) のティルソ・デ・モリーナなどの演劇が生まれた。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たキルケゴール

    20世紀の哲学者としては、「98年の世代」のキルケゴールに影響を受けた実存主義者ミゲル・デ・ウナムーノや、同じく「98年の世代」の『大衆の反逆』(1929年)で知られるホセ・オルテガ・イ・ガセット、形而上学の再構築を目指したハビエル・スビリの名が挙げられる。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たカルロス・サインツ

    近年はモータースポーツも人気を博しておりサッカーに次ぐ盛況ぶりである。ロードレース世界選手権 (MotoGP) の視聴率は40%を超えることもしばしば。世界ラリー選手権ではカルロス・サインツがスペイン人初のワールドチャンピオンに輝いた。フォーミュラ1 (F1) ではフェルナンド・アロンソが2005年(当時)F1 史上最年少世界王者に輝き、スペインのスポーツ選手人気ランキングでサッカー選手のラウル・ゴンサレス(レアル・マドリード)を抑え1位になるなど、その人気は過熱している。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たレオポルド・デ・グレゴリオ

    1759年啓蒙専制君主カルロス3世が即位した。25年もナポリ王であった彼は、財務大臣にレオポルド・デ・グレゴリオ(エスキラーチェ侯爵)を起用した。1765年7月、侯爵は穀物の最高取引価格設定を廃して流通を自由化した。するとマドリードのパン価格は1761年と比べておよそ二倍となった。そして1766年エスキラーチェ暴動がおきた(Motín de Esquilache)。民衆は侯爵の罷免と食糧価格の引き下げにとどまらず、マドリード警備兵と服装取締令の廃止を要求した。王は自ら宮廷のバルコニーに立って群衆の要求を呑んだ。暴動は勢いづいて全国へ伝播していった。1767年2月の勅令が、暴動の首謀者として全土からイエズス会が財産没収のうえ追放された。なお、英仏の啓蒙思想はや、によって輸入され、一部の貴族や王家の中で地歩を築いた。18世紀後半、貴族と教会が農法の啓蒙活動を展開した(Sociedades económicas de amigos del país)。貿易も急速に成長し、アメリカ独立戦争ではアメリカ独立派に軍事援助を行った。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たジョアン・ミロ

    19世紀末から20世紀半ばまでにかけてはバルセロナを中心に芸術家が創作活動を続け、キュビスムやシュルレアリズムなどの分野でサンティアゴ・ルシニョール、ラモン・カザス、パブロ・ピカソ、ジョアン・ミロ、サルバドール・ダリ、ジュリ・ゴンサレス、パブロ・ガルガーリョなどが活躍した。スペイン内戦後は芸術の古典回帰が進んだ。スペイン フレッシュアイペディアより)

713件中 41 - 50件表示

「スペイン」のニューストピックワード