441件中 41 - 50件表示
  • スペイン

    スペインから見たミゲル・プリモ・デ・リベラ

    スペインはアフリカ分割では僅かな役割しか果たさず、スペイン領サハラ(西サハラ)と(モロッコ)、(赤道ギニア)を獲得しただけだった。モロッコでのリーフ戦争で大損害を出し、国王の権威は更に低下した。ミゲル・プリモ・デ・リベラ将軍の(後にファランヘ党に吸収)による軍事独裁政権(1923年 - 1931年)を経て、1931年にアルフォンソ13世が国外脱出して君主制が崩壊し、スペイン第二共和政が成立した。共和国はバスク州、カタルーニャ州そしてガリシア州に自治権を与え、また女性参政権も認められた。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たホセ・オルテガ・イ・ガセット

    20世紀の哲学者としては、「98年の世代」のキルケゴールに影響を受けた実存主義者ミゲル・デ・ウナムーノや、同じく「98年の世代」の『大衆の反逆』で知られるホセ・オルテガ・イ・ガセット、形而上学の再構築を目指したハビエル・スビリの名が挙げられる。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たサルバドール・ダリ

    19世紀末から20世紀半ばまでにかけてはバルセロナを中心に芸術家が創作活動を続け、キュビスムやシュルレアリズムなどの分野でサンティアゴ・ルシニョール、ラモン・カザス、パブロ・ピカソ、ジョアン・ミロ、サルバドール・ダリ、ジュリ・ゴンサレス、パブロ・ガルガーリョなどが活躍した。スペイン内戦後は芸術の古典回帰が進んだ。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たテレサ・ベルガンサ

    クラシック音楽においては声楽が発達しており、著名な歌手としてアルフレード・クラウス、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、モンセラート・カバリェ、テレサ・ベルガンサなどの名を挙げることができる。クラシック・ギターも盛んであり、『アランフエス協奏曲』を残した作曲家のホアキン・ロドリーゴや、ギター奏者のセレドニオ・ロメロ、ペペ・ロメロ、アンヘル・ロメロ一家、マリア・エステル・グスマンなどが活躍している。その他にも特筆されるべきピアニストとしてアリシア・デ・ラローチャとホアキン・アチュカーロの名が挙げられる。近代の作曲家としては、スペインの民謡や民話をモチーフとして利用した、デ・ファリャの知名度が高い。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たセルヒオ・ロドリゲス

    バスケットボールもスペイン代表が2006年に世界選手権を制覇し注目を集めている。NBAで活躍する選手も2001-2002ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したパウ・ガソルやホセ・カルデロン、セルヒオ・ロドリゲスらがいる。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たフランシスコ・デ・スルバラン

    イスラーム支配下のアンダルスでは、イスラーム式の壁画美術が技術的に導入された。ルネサンス絵画が定着しなかったスペインでは、16世紀に入るとマニエリズムに移行し、この時期にはエル・グレコが活躍している。バロック期にはフランシスコ・リバルタやホセ・デ・リベラ、フランシスコ・デ・スルバラン、アロンソ・カーノ、ディエゴ・ベラスケス、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ、フアン・デ・バルデス・レアルなどが活躍した。18世紀から19世紀初めにかけてはフランシスコ・デ・ゴヤが活躍した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ

    2002年7月18日、が起こり、モロッコとの間で緊張が高まったが、アメリカの仲裁で戦争には至らなかった。同年9月、アスナール首相がイラク戦争を非常任理事国として支持。2004年3月11日にスペイン列車爆破事件が起き、多数の死傷者を出した。選挙を3日後に控えていた右派アスナール政権がこれを政治利用し、バスク祖国と自由 (ETA) の犯行と発表していた。後に事件はアルカーイダの犯行と CIA からの発表があると、この対応を巡って政治問題となり、右派アスナール政権が倒れ、社会労働党のサパテロ政権に代わった。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たティルソ・デ・モリーナ

    1492年から1681年までのスペイン黄金世紀の間には、スペインの政治を支配した強固にカトリック的なイデオロギーに文学も影響を受けた。この時代には修道士詩人サン・フアン・デ・ラ・クルスの神秘主義や、ホルヘ・デ・モンテマヨールの『ラ・ディアナの七つの書』(1559) に起源を持つ牧歌小説、マテオ・アレマンの『グスマン・デ・アルファラーチェ』(1599, 1602) を頂点とするピカレスク小説、『国王こそ無二の判官』(1635) のロペ・デ・ベガ、『セビーリャの色事師と色の招客』(1625) のティルソ・デ・モリーナなどの演劇が生まれた。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たエル・グレコ

    イスラーム支配下のアンダルスでは、イスラーム式の壁画美術が技術的に導入された。ルネサンス絵画が定着しなかったスペインでは、16世紀に入るとマニエリズムに移行し、この時期にはエル・グレコが活躍している。バロック期にはフランシスコ・リバルタやホセ・デ・リベラ、フランシスコ・デ・スルバラン、アロンソ・カーノ、ディエゴ・ベラスケス、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ、フアン・デ・バルデス・レアルなどが活躍した。18世紀から19世紀初めにかけてはフランシスコ・デ・ゴヤが活躍した。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たフアン・ラモン・ヒメネス

    近代に入ると、1898年の米西戦争の敗戦をきっかけに自国の後進性を直視した「98年の世代」と呼ばれる一群の知識人が現れ、哲学者のミゲル・デ・ウナムーノやオルテガ・イ・ガセト、小説家のアンヘル・ガニベ、詩人のフアン・ラモン・ヒメネス(1956年ノーベル文学賞受賞)やアントニオ・マチャードなどが活躍した。スペイン フレッシュアイペディアより)

441件中 41 - 50件表示

「スペイン」のニューストピックワード