前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • 小檜山悟

    小檜山悟から見たスマイルジャックスマイルジャック

    実力ある地方競馬騎手を積極的に起用。その目の確かさは2003年、地方船橋・左海誠二に依頼のイルバチオでアイビスサマーダッシュを制し、初重賞を飾った事でもわかる。2008年、スマイルジャックでスプリングステークスを制覇するも、東京優駿(日本ダービー)では、ディープスカイにかわされ2着に終わる。小檜山悟 フレッシュアイペディアより)

  • 15号族

    15号族から見たスマイルジャックスマイルジャック

    15号族(-ごうぞく)はサラブレッドの牝系(母系)のひとつ。イギリスクラシック勝利数は9勝で、15号族という比較的若い番号が振られているが、活躍馬は19世紀中ごろまでに集中しており現在勢力は極めて小さい。日ごろ見かけることの少ない牝系である。日本にも子孫は殆ど入ってきておらず、大競走の勝ち馬は皆無、スルガスンプジョウが1970年代に重賞を3勝したほかはアエロプラーヌがいた程度であった。しかし2008年牡馬クラシック路線にてスマイルジャック(アエロプラーヌの全妹カイウンテンシの孫)が日本ダービー2着、重賞1勝をあげる活躍を見せた。牝祖はロイヤル・メア(Royal Mare、グレーホワイノットの母とも呼ばれる)。15号族 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見たスマイルジャックスマイルジャック

    スマイルジャック(2008年スプリングステークス、東京優駿2着)小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • キャプテントゥーレ

    キャプテントゥーレから見たスマイルジャックスマイルジャック

    2009年8月9日の関屋記念において、1年4ヶ月ぶりに復帰しスマイルジャックの4着に入り、久々のレースながら地力を示していた。9月12日の第60回朝日チャレンジカップに出走し、最後の直線で3歳馬ブレイクランアウトとの叩き合いを制し、皐月賞以来、1年5ヶ月ぶりの勝利を飾った。そして、11月1日の天皇賞(秋)では2番手でレースを進めるも直線で失速してしまい12着と大敗した。続く11月22日のマイルチャンピオンシップでは好スタートから道中2番手で追走したが、直線で馬場の外へよれてしまい4着に敗れた。キャプテントゥーレ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たスマイルジャックスマイルジャック

    当日は皐月賞優勝馬キャプテントゥーレの不在もあり、1番人気に支持される。レースでは後方内側で待機策を採ると、最後の直線では大外から13頭を次々に交わし、残り100メートル付近で先頭のスマイルジャックを捉えて優勝。2004年キングカメハメハ以来史上2頭目となる、NHKマイルカップ、東京優駿連覇の「変則二冠」を達成、同時に四位も武豊に次ぐ史上2人目のダービー連覇を達成した。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルスケルツィ

    マイネルスケルツィから見たスマイルジャックスマイルジャック

    2009年は2月14日のバレンタインステークスで復帰。やや掛かり気味に運び、直線いったんは先頭に立つものの、ゴール寸前でトウショウカレッジに差し切られ4着に敗れた。続く東風ステークスでは1番人気に推されたが、3着に終わった。その後、4月5日のダービー卿チャレンジトロフィーに2番人気で出走したが、6着に敗れた。続く5月3日の谷川岳ステークスでは2番手から競馬を進めたが、直線で伸びあぐねて4着に終わった。その後、8月9日の関屋記念では13番人気と低評価だったが、スマイルジャックの3着と好走した。続く9月13日の京成杯オータムハンデキャップでも3着だった。続く10月24日の富士ステークスでは逃げを打つも直線で失速し、ブービーの17着に終わった。マイネルスケルツィ フレッシュアイペディアより)

  • レオアクティブ

    レオアクティブから見たスマイルジャックスマイルジャック

    続く京成杯オータムハンデキャップでは前走の勝ちっぷりから2番人気におされた。レースではいつもどおり中団〜後方待機から直線で鋭く内から脚を伸ばすと、先に抜け出していたスマイルジャックを交わし、2歳時の京王杯2歳ステークス以来の重賞2勝目を挙げた。なお、勝ちタイム1分30秒7はJRA初の1分30秒台であり、2012年10月時点での世界レコードである。レオアクティブ フレッシュアイペディアより)

  • スマイルスタジアムNST

    スマイルスタジアムNSTから見たスマイルジャックスマイルジャック

    プロジェクトIIで命名されたスマイルジャックが重賞レースを勝つなどの活躍を果たしている。またプロジェクトIIIをきっかけにハシッテホシーノが命名された(タレントのほしのあきが命名。)。又、NSTアナである廣川はこのプロジェクトに「ヒッショースマイル」という馬名で一般応募し(この際、廣川はペンネーム「ヒッショーアケミ」で応募した)、2010年の同プロジェクトの中の一頭の馬の名に採用された。尚、飛田、廣川の2人は競馬中継『NSTみんなのKEIBA』にも関わっており、NSTではこの番組を中心に競馬班がスマイルジャック等、同番組で命名された競走馬の動向を追跡している。スマイルスタジアムNST フレッシュアイペディアより)

  • タニノギムレット

    タニノギムレットから見たスマイルジャックスマイルジャック

    スマイルジャック(スプリングステークス、関屋記念、東京新聞杯)タニノギムレット フレッシュアイペディアより)

  • ファリダット

    ファリダットから見たスマイルジャックスマイルジャック

    休養を終えて2010年3月21日の六甲ステークスに1番人気で出走。後方から追い上げてくるものの届かずスマイルジャックの4着に終わった。続くダービー卿チャレンジトロフィーでは16着と殿負けを喫した。続くオーストラリアトロフィーでは1番人気に支持され、レースでは最後方から追い込んでくるも届かず4着に敗れた。次は安田記念に登録。このとき獲得賞金順位では除外対象最下位だったが、5月24日に発表されたプレレーティングで登録馬中1位の115ポンドを獲得し、優先出走権を得た。レースではいつも通りの最後方から直線で懸命に追い上げてくるもショウワモダンの6着に終わった。その後、7月4日の米子ステークスでは1番人気で出走、道中中団からレースを進めたが直線で伸びず4着に敗れた。休養を挟んで10月30日のスワンステークスでは中団後方から追走も直線では全く伸びず11着に敗れた。11月13日のオーロカップでは最後方から追い込んでくるも届かず4着に敗れた。12月18日の阪神カップと12月26日の2010ファイナルステークスではともに12着に終わった。ファリダット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示