102件中 21 - 30件表示
  • レジェンド (新日本プロレス)

    レジェンド (新日本プロレス)から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    AKIRA(フリーランス) - 終息後は新日本に不定期参戦していたが、後にSMASH査定官役。レジェンド (新日本プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 松田慶三

    松田慶三から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2011年10月28日のSMASH21に乱入し、SMASH22よりレギュラー参戦を果たす。その際に元Iジャ軍団を結成し平野勝美、市来貴代子、岡野隆史を招集した。松田慶三 フレッシュアイペディアより)

  • スターバック

    スターバックから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    その後、SMASHに所属選手を送り込み、2010年7月のSMASH.5&6の昼夜ダブルヘッダーで初来日。スターバック フレッシュアイペディアより)

  • リン・バイロン

    リン・バイロンから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2010年、SMASHのワールドトライアウトを受験し、合格。リン・バイロン フレッシュアイペディアより)

  • ソフト今井

    ソフト今井から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2009年、ハッスルを離脱し、SMASHに参加。旗揚げ以来メインレフェリーとして活動してきた。ソフト今井 フレッシュアイペディアより)

  • セリーナ・ディーブ

    セリーナ・ディーブから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2011年1月29日、SMASHで初来日。朱里、真琴と対戦した。セリーナ・ディーブ フレッシュアイペディアより)

  • 児玉ユースケ

    児玉ユースケから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    専門学校卒業後の2009年、プロレスラーを目指しハッスルの練習生となる。デビューを目指しトレーニングを積むが、ハッスルの活動休止に伴い、SMASHに移籍。児玉ユースケ フレッシュアイペディアより)

  • クズプロ

    クズプロから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2012年に解散したSMASHにレギュラー参戦していた木藤拓也だったが、元SMASH所属選手が中心となって旗揚げされたWrestling New Classic(WNC)に入団を打診されるも「会見に呼ばれなかった」とこれを拒否(ただし参戦はしている)。その場で「業界内でクズと言われる選手を集めて、自分の団体を作ります」と宣言した。クズプロ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・ディンスモア

    ニコラス・ディンスモアから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2010年から再び各インディー団体で活動するようになり、4月24日にはTAJIRIが旗揚げした団体であるSMASH2に参戦が決まり来日。TAJIRIとセミファイナルで対戦し、敗戦。また古巣であるOVWではニック・ディンスモアとしてフリー参戦ながら復帰し、2011年に自己最高である10度目のOVWヘビー級王座に戴冠している。ニコラス・ディンスモア フレッシュアイペディアより)

  • 坂田亘

    坂田亘から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2009年秋頃からハッスルの運営母体である「ハッスルエンターテインメント株式会社」の資金難が表面化し、予定されていた興行が全て中止され事実上活動を休止。所属選手のほとんどは新たに設立された『SMASH』に移籍するか、あるいはフリーとなってしまったが、坂田は唯一ハッスルへ残留しハッスルの再興を目指す意向を表明。その後2010年7月にハッスルの流れを汲む新団体として『ハッスルMAN'Sワールド』を設立し、自ら代表に就任した。坂田亘 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「スマッシュ」のニューストピックワード