108件中 31 - 40件表示
  • 玉川勝巳

    玉川勝巳から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    大学卒業後、東京で保育士として就職するが、プロレスラーを目指すべく2008年にある団体に入門。その後は団体を転々としてSMASHの練習生になるも、2012年1月19日レフェリーデビュー。玉川勝巳 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・ディンスモア

    ニコラス・ディンスモアから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2010年から再び各インディー団体で活動するようになり、4月24日にはTAJIRIが旗揚げした団体であるSMASH2に参戦が決まり来日。TAJIRIとセミファイナルで対戦し、敗戦。また古巣であるOVWではニック・ディンスモアとしてトレーナー兼任で復帰し、2011年に自己最高である10度目のOVWヘビー級王座を戴冠した。ニコラス・ディンスモア フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜

    J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    棚橋弘至(新日本プロレス)&TAJIRI(SMASH)&KUSHIDA(SMASH) ※準優勝J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜 フレッシュアイペディアより)

  • 植松寿絵

    植松寿絵から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    7月24日、東京・新宿FACEでの「SMASH.6」にてSMASHに初参戦し、小路晃と組んでAKIRA、リン・バイロン組と対戦した。「素の植松寿絵」をテーマにリングに上がり、いつものメイクや角はなく、リングコスチュームも白とオレンジを基調とした新しいものを使用して試合を行った。植松寿絵 フレッシュアイペディアより)

  • FCF

    FCFから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2010年7月、日本のSMASHにスターバックが参戦して交流が行われた。FCF フレッシュアイペディアより)

  • 中山貴博

    中山貴博から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2011年2月にTAJIRIが当時主催していたSMASHトレーニングキャンプに参加して練習生となる。憧れの選手は同団体の真琴。中山貴博 フレッシュアイペディアより)

  • レジェンド (新日本プロレス)

    レジェンド (新日本プロレス)から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    AKIRA(フリーランス) - 終息後は新日本に不定期参戦していたが、後にSMASH査定官役。レジェンド (新日本プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 木藤裕次

    木藤裕次から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2011年1月29日、SMASHワールドトライアウトに出場。以降SMASHにレギュラー参戦。なお、SMASHには当初本名で参戦していたが、矢郷良明より改名を勧められ、6月20日より木藤 勝利(きとう かつとし)と改める。だが、改名後初の試合で奮わず木藤 拓也に再改名した。なお、SMASH以外のインディ団体では引き続きYUJI KITOを使用している。木藤裕次 フレッシュアイペディアより)

  • 松田慶三

    松田慶三から見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2011年10月28日のSMASH21に乱入し、SMASH22よりレギュラー参戦を果たす。その際に元Iジャ軍団を結成し平野勝美、市来貴代子、岡野隆史を招集した。松田慶三 フレッシュアイペディアより)

  • Mentallo

    Mentalloから見たSMASH (格闘技団体)SMASH (格闘技団体)

    2010年3月、「SMASH」に参戦。ワールドトライアウトマッチにてTAJIRIと対戦。Mentallo フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示

「スマッシュ」のニューストピックワード