2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示
  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見た社会福祉協議会

    酒井代表が仕掛ける学生パフォーマンスLIVEおよび地域活性化プロジェクト。酒井代表が『夢と希望に向ってチャレンジする若者を応援します』をキャッチフレーズに、2008年より全国で開催。イベントの特徴は「高校生、大学生であれば事前審査無しで誰でも参加できる」「バンド(軽音楽)、ブラスバンド(吹演楽)、ダンス、チアリーディング〜太鼓、演劇など、ジャンルを問わず参加できる」「メジャーデビューのチャンスがある」。毎年、多くの著名な審査員が参加していることも特徴の一つ。MISIAの生みの親である与田春生や通信カラオケ最大手のJOYSOUND、日本を代表するトップダンサーTAKAHIROをプロデュースするTOP COAT(トップコート)、お笑い界を牽引する松竹芸能を筆頭に、学生パフォーマンスのメジャーデビューのチャンスを支援。出場者を応援に来る来場者には、ファッション誌「COOL TRANS(クールトランス)」とタイアップした読者モデルコンテスト「COOLファッションコンテスト」行う。運営スタッフは、地域の高校や大学の部活動と連携体制をとる。書道部・ボランティア部・写真部・放送部・家庭科部の学生は会場の横断幕の作成、募金活動、MCなどでの参加も行う。その他、市や教育委員会、交通遺児育英会、社会福祉協議会、日本赤十字社、地域の楽器店・ライブハウス・ダンススクールなど、地域や社会との取組みも行う。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見たJEWELS 6th RING

    2009年12月12日、東京・新宿FACEにて女子総合格闘技イベント『女子総合格闘技JEWELS 6th RING』が開催され、朱里がASAKO(U-FILE CAMP岐阜)とシュートボクシングルールで対戦、朱里にとっては、格闘技デビュー戦となった。朱里はセーラー服姿のコスプレで登場、セコンドには小路晃が付いた。終始攻め続けてシュートポイント2を奪った朱里が判定勝ちを収め、格闘技デビュー戦を白星で飾った。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見たアックスボンバー

    JCBホール初進出となる『SMASH.10』は、超満員札止めとなる3,200人を動員した。メインイベントではTAJIRIが宿敵・スターバックから悲願の初勝利を挙げ、FCFチャンピオンシップを奪回。セミファイナルではKUSHIDA、木高イサミ(ユニオンプロレス)、スペル・クレイジー組vs.大原はじめ、ヘイモ・ユーコンセルカ、ジェシカ・ラブ組がハードコアマッチで激突。会場全体を使った大乱闘で選手たちが次々と流血に追い込まれる中、イサミの好アシストを受けたKUSHIDAがラダーの上からのミッドナイトエキスプレスでジェシカに勝利。朱里、華名組vs.さくらえみ(アイスリボン)、米山香織(JWP女子プロレス)組は、数々の遺恨が絡み合うハードな戦いに。「SMASH.4」および「SMASH.5」で一騎打ちを行い、犬猿の仲であった朱里と華名の初タッグに加え、9.19JWP新宿大会で髪切りマッチを争って以来となる米山さくらタッグ、女子プロ界に対し強い発言力を持つさくらと華名のライバル対決、さくらとの対戦を熱望した朱里との初対決など、どの顔合わせにも注目が集まる中、華名の裏拳によるアシストを受けた朱里がハイキックでさくらに勝利。試合後はJWP無差別級王者の米山が朱里に対し、「シングルでぜひやりたい。ベルトを賭けて戦いたい」とSMASHでの防衛戦の実現をアピールしたのを受け、朱里も「評価してもらえてうれしい。ぜひベルトを狙いたい」と呼応した。かつて全日本プロレス、プロレスリング・ノアなどで活躍した大森隆男が第0試合のワールド・トライアウトに出場。最近は石川・金沢で家業の旅館経営に携わり、プロレスのリングから遠ざかっていたが、久々の大舞台に気合十分の大森は必殺技のアックスボンバーで巨体のビヨンセンに快勝。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見た千葉マリンスタジアム

    2010年7月13日、千葉マリンスタジアムで開催された千葉ロッテマリーンズ vs オリックス・バファローズの始球式に、古木克明が登板した。昨シーズンまでオリックスに在籍していた古木にとっては、ひさびさとなる千葉マリンスタジアムのグラウンド。もちろん野手だった古木にとっては、千葉マリンスタジアムのマウンドに上がるのは初めての経験となる。この日は、始球式前にスコアボードのビジョンでSMASHが紹介され、古木と共にマウンドに上がった酒井代表がマイクパフォーマンスでスタジアムに詰め掛けた1万5千人を超えるプロ野球ファンにSMASHを大いにアピール。そして、酒井代表からボールを受け取った古木がTシャツを脱いで鍛え上げられたボディを披露した。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見た引退試合

    2010年2月13日、東京・後楽園ホールにて、シュートボクシング『維新-ISHIN-其の壱』が開催され、朱里が人気女子プロレスラーの風香と対戦、風香の格闘技引退試合、さらにはアイドルレスラー対決として注目を集めた一戦は、風香が予告通りのド派手な入場で観客を沸かせる一方、朱里は戦闘モードで入場。試合は、2-0(30-30、30-29、30-28)で朱里が判定勝ちを収めた。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見たDEEP

    2010年4月、総合格闘技の老舗団体DEEPとの業務提携により、DEEP事務局によって定期的に開催されていたアマチュアDEEPを株式会社スマッシュが運営することを発表。アマチュアDEEPでは、アマチュア選手の育成および発掘、ならびにレフェリー・ジャッジの育成を目的としており、イベントプロデューサーには小路晃が就任した。株式会社スマッシュの運営によるアマチュアDEEPの第1回大会は、2010年6月26日に西調布格闘アリーナで行われ、2009年12月にプロ野球選手から総合格闘家へと転向した古木克明が長南亮を相手にエキシビションマッチも行った。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見た教育委員会

    酒井代表が仕掛ける学生パフォーマンスLIVEおよび地域活性化プロジェクト。酒井代表が『夢と希望に向ってチャレンジする若者を応援します』をキャッチフレーズに、2008年より全国で開催。イベントの特徴は「高校生、大学生であれば事前審査無しで誰でも参加できる」「バンド(軽音楽)、ブラスバンド(吹演楽)、ダンス、チアリーディング〜太鼓、演劇など、ジャンルを問わず参加できる」「メジャーデビューのチャンスがある」。毎年、多くの著名な審査員が参加していることも特徴の一つ。MISIAの生みの親である与田春生や通信カラオケ最大手のJOYSOUND、日本を代表するトップダンサーTAKAHIROをプロデュースするTOP COAT(トップコート)、お笑い界を牽引する松竹芸能を筆頭に、学生パフォーマンスのメジャーデビューのチャンスを支援。出場者を応援に来る来場者には、ファッション誌「COOL TRANS(クールトランス)」とタイアップした読者モデルコンテスト「COOLファッションコンテスト」行う。運営スタッフは、地域の高校や大学の部活動と連携体制をとる。書道部・ボランティア部・写真部・放送部・家庭科部の学生は会場の横断幕の作成、募金活動、MCなどでの参加も行う。その他、市や教育委員会、交通遺児育英会、社会福祉協議会、日本赤十字社、地域の楽器店・ライブハウス・ダンススクールなど、地域や社会との取組みも行う。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見た判定

    2009年12月にプロ野球選手から総合格闘家への転向した元横浜ベイスターズの古木克明(1999年ドラフト1位入団)は、転向からの約10か月間、小路晃指導のもと、デビュー戦に向けて猛トレーニングに励む。2010年6月の『アマチュアDEEP』にて『DREAM』で活躍中の長南亮とエキシビションマッチで対戦、古木のデビュー戦は『DEEP 50th IMPACT』(2010年10月24日、JCBホール)となるはずだったが、2010年8月練習中に左眼窩底骨折で全治2か月の重傷となるアクシデントにより延期された。古木は手術後デビュー戦にあわせケガの完治に努めたものの、小路、佐伯繁DEEP代表らと相談の結果デビュー戦は見送られ、エキシビションマッチで小路と“師弟対決”で闘うこととなった。エキシビションながら勝敗が決まった場合はそこで試合終了、時間切れの場合は判定ありという5分1Rのガチンコ対決となった。判定は2-0で小路の勝利。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見たJ SPORTS CROWN

    2010年5月8日、『SUPER J TAG TOURNAMENT 1st』JCBホール大会にKUSHIDAが出場。KUSHIDAにとってはこれが新日本初参戦となった。外道とコンビを結成したKUSHIDAは、トーナメント1回戦で飯伏幸太&オースティン・クリードを撃破し初戦突破。続くトーナメント準決勝では、田口隆祐&プリンス・デヴィットのApollo 55と激突するも、凶器攻撃などのラフ殺法に走る外道と、それを良しとしないKUSHIDAの間で連携が噛み合わず惜しくもトーナメント敗退。これがきっかけとなって、KUSHIDAと外道の抗争がスタートする。KUSHIDAは、2010年5月30日より開幕した『BEST OF THE SUPER Jr.XVII 〜STRIKE GOLD〜』に初出場。予選リーグでは、この大会で優勝したプリンス・デヴィットから白星をあげたKUSHIDAだが、4勝3敗で決勝トーナメント進出ならず。シリーズ最終戦(2010年6月13日、後楽園ホール)で、KUSHIDAは外道の策略によって矢野通と対戦。試合後、矢野と外道が二人掛りでKUSHIDAに竹刀攻撃を見舞うと、矢野と因縁がある棚橋弘至がKUSHIDAを救出した。2010年6月19日、大阪府立体育会館で行われた『DOMINION 6.19』で、棚橋は敗者髪切りマッチルールで因縁深い矢野と一騎打ち。矢野の猛攻を凌いで逆転勝ちを収めた棚橋は、矢野との因縁に決着をつけると共に敗れた矢野の髪を刈ろうとしたものの、矢野は棚橋に急所パンチ。さらに矢野はバリカンを奪って棚橋の髪を刈ろうとしたが、これはセコンドが制止。しかし、ここで飯塚高史が乱入し大乱闘が始まる。すると、棚橋に恩があるKUSHIDAが救援に駆けつけるも、飯塚のアイアン・フィンガー・フロム・ヘルで返り討ちに。これで一人ぼっちとなった棚橋は髪を刈られる絶体絶命のピンチに陥るも、ここでTAJIRIが突然現われて矢野&飯塚めがけてグリーンミスト一閃。さらに、TAJIRIが矢野をバズソーキックで沈めると、ついに棚橋が矢野の髪の毛をバリカンで刈ることに成功した。この救出劇をきっかけに、棚橋、TAJIRI、KUSHIDAはユニット“棚スマ”を結成して『J SPORTS CROWN』無差別級6人タッグトーナメントに出場し、準優勝を飾る。さらに、棚橋&TAJIRIは『G1 TAG LEAGUE 2010』に出場。予選リーグでは勝ち点6で3チームが並んだものの、直接対決の結果により、高橋裕二郎&内藤哲也組がBブロック1位、ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン組が2位となり、棚橋&TAJIRI組は惜しくも予選落ちという結果になった。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見たコントラ・マッチ

    2010年5月8日、『SUPER J TAG TOURNAMENT 1st』JCBホール大会にKUSHIDAが出場。KUSHIDAにとってはこれが新日本初参戦となった。外道とコンビを結成したKUSHIDAは、トーナメント1回戦で飯伏幸太&オースティン・クリードを撃破し初戦突破。続くトーナメント準決勝では、田口隆祐&プリンス・デヴィットのApollo 55と激突するも、凶器攻撃などのラフ殺法に走る外道と、それを良しとしないKUSHIDAの間で連携が噛み合わず惜しくもトーナメント敗退。これがきっかけとなって、KUSHIDAと外道の抗争がスタートする。KUSHIDAは、2010年5月30日より開幕した『BEST OF THE SUPER Jr.XVII 〜STRIKE GOLD〜』に初出場。予選リーグでは、この大会で優勝したプリンス・デヴィットから白星をあげたKUSHIDAだが、4勝3敗で決勝トーナメント進出ならず。シリーズ最終戦(2010年6月13日、後楽園ホール)で、KUSHIDAは外道の策略によって矢野通と対戦。試合後、矢野と外道が二人掛りでKUSHIDAに竹刀攻撃を見舞うと、矢野と因縁がある棚橋弘至がKUSHIDAを救出した。2010年6月19日、大阪府立体育会館で行われた『DOMINION 6.19』で、棚橋は敗者髪切りマッチルールで因縁深い矢野と一騎打ち。矢野の猛攻を凌いで逆転勝ちを収めた棚橋は、矢野との因縁に決着をつけると共に敗れた矢野の髪を刈ろうとしたものの、矢野は棚橋に急所パンチ。さらに矢野はバリカンを奪って棚橋の髪を刈ろうとしたが、これはセコンドが制止。しかし、ここで飯塚高史が乱入し大乱闘が始まる。すると、棚橋に恩があるKUSHIDAが救援に駆けつけるも、飯塚のアイアン・フィンガー・フロム・ヘルで返り討ちに。これで一人ぼっちとなった棚橋は髪を刈られる絶体絶命のピンチに陥るも、ここでTAJIRIが突然現われて矢野&飯塚めがけてグリーンミスト一閃。さらに、TAJIRIが矢野をバズソーキックで沈めると、ついに棚橋が矢野の髪の毛をバリカンで刈ることに成功した。この救出劇をきっかけに、棚橋、TAJIRI、KUSHIDAはユニット“棚スマ”を結成して『J SPORTS CROWN』無差別級6人タッグトーナメントに出場し、準優勝を飾る。さらに、棚橋&TAJIRIは『G1 TAG LEAGUE 2010』に出場。予選リーグでは勝ち点6で3チームが並んだものの、直接対決の結果により、高橋裕二郎&内藤哲也組がBブロック1位、ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン組が2位となり、棚橋&TAJIRI組は惜しくも予選落ちという結果になった。SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示

「スマッシュ」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画