前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
604件中 1 - 10件表示
  • コボコ

    コボコから見たスーダンスーダン

    コボコ (Koboko) はウガンダ北西部西ナイル地方の町。スーダン、コンゴ民主共和国との国境に近い。2005年7月にアルーア県の北西部が分割されて設置された、コボコ県の県庁所在地である。アルーアの北にある。アルーアからコボコを経て国境の町オラバ、スーダンのカヤ、イェイへと道路が通じている。イディ・アミンの出生地である可能性が指摘されている。コボコ フレッシュアイペディアより)

  • エチオピアの歴史

    エチオピアの歴史から見たスーダンスーダン

    一方、彼ら自身は国名を名乗らなかったが、外部からはこの地域に名称をつけた民族が存在する。アラビア半島に住むアラビア人たちは、エチオピア地方のことをハベシュと呼んでいた。これは、スーダンから西方の人々を「黒い人々」「純血のハム系」を意味するスーダンと呼んだことと対比した言葉で、ハベシュはセム語化したハム族、つまり「混血」を意味する言葉だった。それは当初、アラビア人のみによる呼称だったが、マルコ・ポーロが『東方見聞録』においてこの言葉をアバッシュ(Abash)として取り上げると一般化し、ヨーロッパで伝播する過程でさらにアビシニアという言葉に転じた。その言葉はヨーロッパ人から見てエチオピアを示す言葉として広く浸透し、19世紀までエチオピアに向けた諸外国の書簡の宛名はアビシニアとなっていた。エチオピアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 南スーダン

    南スーダンから見たスーダンスーダン

    南スーダン共和国(みなみスーダンきょうわこく)、通称南スーダンは、北アフリカに位置する国家。北にスーダン、東にエチオピア、南東にケニア、ウガンダ、南西にコンゴ民主共和国、西に中央アフリカと国境を接する内陸国である。南スーダン フレッシュアイペディアより)

  • ブッシュバック属

    ブッシュバック属から見たスーダンスーダン

    スーダン南部、ウガンダ北部などに生息。ブッシュバック属 フレッシュアイペディアより)

  • リトルアンバサダー

    リトルアンバサダーから見たスーダン共和国スーダン

    ファイル:Littleamba-Sudan.jpg|スーダン共和国大使館とのリトルアンバサダーの様子リトルアンバサダー フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所

    国際刑事裁判所から見たスーダンスーダン

    近年では、ICCが初めて国際連合憲章第7章に基づく案件の付託を受けたスーダン・ダルフール案件については、2007年5月に、現職の政府閣僚を含む容疑者2名に対して初めて逮捕状が発行されている。同案件について2008年7月、ICC検察局はさらに同国のオマル・バシール大統領の逮捕状も請求し逮捕状は2009年3月4日に発行された。また2008年8月には、北オセチアをめぐるグルジア事態について、グルジア・ロシア連邦両国政府の協力を得て調査を開始している。さらにコンゴ民主共和国の案件について2009年1月26日に公判が開始されたほか、2011年2月26日に採択された安保理決議1970に基づいてリビアの事態に関する案件が付託され、検察官による捜査が開始されている。最新の案件では、2011年11月30日に2010年コートジボワール危機のさなか人道に対する罪を犯したとしてローラン・バグボ前大統領を逮捕・収監。元首経験者に対しはじめて逮捕状を執行した。国際刑事裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア解放戦線

    エリトリア解放戦線から見たスーダンスーダン

    ELFの活動はエチオピア帝国政府及びエチオピア軍に対して順調に成果を挙げていたにもかかわらず、1970年6月になると、オスマン・サッベ率いる成員の一部が分派し人民解放戦線(PLF)が結成され、その一部によってマルクス主義者・キリスト教徒を中心とした組織・エリトリア人民解放戦線(EPLF)が結成された。1972年から1974年にかけて、エリトリア内戦がELFとEPLFとの対立を中心に行われた。同時に進行したエチオピアからの攻勢もあり、その結果独立運動の中心的役割がEPLFに移るとともに、総てのエリトリア独立勢力が疲弊した。1975年初頭にEPLFとELFは一旦和解したものの、1976年と1977年にエリトリア解放戦線人民解放軍を率いるオスマン・サッベを仲介とした和解交渉に失敗し、1980年から1981年にかけて第2次エリトリア内戦が行われ、結果ティグレ人民解放戦線(TPLF)とエリトリア人民解放戦線(EPLF)との連合にELFは敗れ、1981年にスーダンへの退去を余儀なくされた。この際にスーダンへ退去しなかった勢力はELFから分派しエリトリア解放戦線革命評議会(ELF-RC)を形成した。1982年にはマルクス主義を信奉する一部勢力がエリトリア解放戦線中央司令部(ELF-CC)を結成した。この時期にエリトリア解放戦線統一組織(ELF-UO)も分派している。1991年にエチオピアのメンギスツ政権が倒れるまでに、ELFもまたエリトリア領内に再突入した。しかし1993年5月24日エリトリアのエチオピアから独立が国連の承認を受けると、EPLFは1994年2月民主正義人民戦線(PFDJ)に改称・改組して一党独裁制を布き、かつてのELFの成員に対して大規模な結社を行わないか再びスーダンに退去するかの選択を迫った。エリトリア解放戦線 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の気象・地象・天象

    2007年の気象・地象・天象から見たスーダンスーダン

    中旬 - スーダンで中部・東部を中心に大雨、洪水などにより約150人が死亡、8,500人以上が家を失った。2007年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • サバクトビバッタ

    サバクトビバッタから見たスーダンスーダン

    エチオピア高原北部のチグレーやエリトリアで生まれた幼虫は、紅海沿岸にゆっくりと移動してそこで成長する。そのため、エリトリアやスーダンなどで幼虫のうちに対策を取れば、アフリカ東部での蝗害を予防することが可能である。2004年に発生したサバクトビバッタは西アフリカの農業に大きな打撃を与え、地域の食糧安全保障に影響が出るほどだった。サバクトビバッタの被害は、これらの地域の飢饉に大きな影響を与えている。サバクトビバッタ フレッシュアイペディアより)

  • ウサーマ・ビン・ラーディン

    ウサーマ・ビン・ラーディンから見たスーダンスーダン

    現在、「サウジ・ビン・ラーディン・グループ」は、アメリカ、アジアおよび欧州に多数の支部と子会社(60社以上)を有し、石油および化学プロジェクト、遠距離通信および衛星通信に従事している。グループは、50億ドル以上の資本を所有しており、その内、約3億ドルがウサーマの取り分だった。ウサーマは、スーダンの建設会社「アル・ヒジュラ」、イスラム銀行「アシュ・シャマリ」の支配株も保有していた。これに加えて、投資財閥「タバ」を所有し、代理人を通して、ケニアで貿易会社、イエメンで器械製造会社、出版社、セラミック生産工場を監督していた。ウサーマ・ビン・ラーディン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
604件中 1 - 10件表示