604件中 91 - 100件表示
  • カルマ (スーダン)

    カルマ (スーダン)から見たスーダンスーダン

    カルマ(Kalma) は、スーダンダルフール、ニャラから17kmに位置する移住キャンプ(難民キャンプ)。  カルマ (スーダン) フレッシュアイペディアより)

  • スーダンの経済

    スーダンの経済から見たスーダンスーダン

    スーダンの経済(スーダンのけいざい、Economy of the Sudan)では、スーダンの国民経済について述べる。スーダンの経済 フレッシュアイペディアより)

  • アフメド・アブドラ・モハメド・サンビ

    アフメド・アブドラ・モハメド・サンビから見たスーダンスーダン

    コモロを代表するウラマーである。スーダン、サウジアラビア、イランへ留学し、イスラム学問を学んだ。イランへの留学中に、アーヤトッラーの称号を得た。そのためか、親イラン派でもある。アフメド・アブドラ・モハメド・サンビ フレッシュアイペディアより)

  • アムル県

    アムル県から見たスーダンスーダン

    アムル県 (Amuru District) はウガンダ北西部アチョリ地方西部の県。2006年7月1日にグル県の西部のキラク郡とンウォヤ郡が分割され設置された。2002年の国勢調査人口は 177,783 人。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長はアンソニー・アチュベ・アマチ。北にキラク郡、南にンウォヤ郡があり、キラク郡にはグルからスーダンの国境のニムレを通りジュバに向かう幹線道が、ンウォヤ郡にはグルからアルアを通りコンゴ民主共和国に向かう幹線道が通る。白ナイルを挟み西ナイル地方のアルア県、ネビ県、南はブニョロのマシンディ県及びブリサ県、北西にアジュマニ県、南東にランゴ地方のオヤム県、北東にキトゥグム県、北に南スーダンと接する。アムル県 フレッシュアイペディアより)

  • キンドレッド

    キンドレッドから見たスーダンスーダン

    後者の解釈で行くと、日本で言う「シンルイ」の範囲に近いのはアフリカ、スーダンのヌバ族やマレーシア領ボルネオ島サラワク地方の西端部に住む陸ダヤク族が近いと考えられる。また、日常生活、生産活動、通過儀礼、冠婚葬祭などの際に援助が期待でき、血讐などの互酬的な義務を負うこともある親しい血族、親族の範囲と考えることができる。言い換えれば保証人を頼める親族の範囲と考えることができるキンドレッド フレッシュアイペディアより)

  • ザックーム

    ザックームから見たスーダンスーダン

    スーダンのベジャ民族は、巒岳(Euphorbia abyssinica)をザックームと呼んでいる。ヨルダンにおいては、バラニテス(Balanites aegyptiaca)のことである。ザックーム フレッシュアイペディアより)

  • 日本国際ボランティアセンター

    日本国際ボランティアセンターから見たスーダンスーダン

    2011年現在、日本国外では朝鮮民主主義人民共和国、カンボジア、タイ、ラオス、アフガニスタン、イラク、パレスチナ、スーダン、南アフリカ、以上の9地域で活動している。日本の技術の持ち込みや新しい機械の供与でなく、現地の人たちの知恵と自発的意思を生かす手助けを担うということを大切にする。専従スタッフの活動とは別に、ボランティアの活動を重視している。日本人スタッフばかりでなく、当地のスタッフも従事している。また、日本国内についても、東日本大震災での支援活動も行っている。日本国際ボランティアセンター フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ連合ダルフール派遣団

    アフリカ連合ダルフール派遣団から見たスーダンスーダン

    アフリカ連合ダルフール派遣団(アフリカれんごうダルフールはけんだん、African Union Mission in Sudan, AMIS)はアフリカ連合(AU)によりスーダン西部ダルフールへ派遣されたダルフール紛争の平和維持部隊である。アフリカ連合ダルフール派遣団 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ダンフォース

    ジョン・ダンフォースから見たスーダンスーダン

    ミズーリ州検事総長、アメリカ合衆国上院議員、スーダンへの特使等を経て、2004年6月にジョン・ネグロポンテの後任として国連大使に着任した。与党の共和党だけでなく、野党の民主党からも支持と尊敬を集めていたが、2005年に辞任。それにより、ブッシュ大統領により後任に指名されたジョン・ボルトンの承認は難航した。ジョン・ダンフォース フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・コーザイン

    ジョン・コーザインから見たスーダンスーダン

    コーザインは2001年にアメリカ同時多発テロ事件が発生した際、財政的な復興支援を行い、犠牲となった外国人居住者に市民権を与える活動を行った。コーザインはアムトラックへの補助金の廃止、人種による取締まりの差別の禁止、より厳しい銃規制を支持した。またサム・ブラウンバックとともにスーダンに対する現行の外交・経済制裁を拡大するダルフール説明責任法を主唱し、ダルフール地域での大量虐殺に対処するための枠組みを構築した。コーザインはイラク戦争に反対する23人の上院議員のうちの1人でもあった。ジョン・コーザイン フレッシュアイペディアより)

604件中 91 - 100件表示

「スーダン」のニューストピックワード