798件中 121 - 130件表示
  • ONGC

    ONGCから見たスーダンスーダン

    1990年代の経済自由化政策により株式の移管など部分的民営化事業が進められ、1993年にはインド石油公社(ムンバイに本社がある国営石油ガス会社、:en:Indian Oil Corporation)とGAIL社(インド最大の国営ガス輸送会社、:en:GAIL)と互いの株式を相互保有することに合意している。また、海外での活動も活発化し、海外事業会社ONGC Videshを設立、国外の主要投資先はベトナム、サハリン、スーダンなどとなっている。ONGC フレッシュアイペディアより)

  • 同性間のリレーションシップ

    同性間のリレーションシップから見たスーダンスーダン

    世界的には一部の国において同性間の性的行為を犯罪とする国々は存在し、特にムスリム国家の一部(特にイラン、サウジアラビア、イエメン)やアフリカのスーダンは死刑と定めている。大きく報道された例として2005年にイランにおいて同性間の性的行為を理由に十代の青年2人が絞首刑に処せられたものがある。同性間のリレーションシップ フレッシュアイペディアより)

  • ソンガイ族

    ソンガイ族から見たスーダンスーダン

    社会的にはアラブとの混血であるアルマと呼ばれる貴族階級と、スーダンニグロ系のガビビ()と呼ばれる農民、ソルコ()と呼ばれる漁民とで階層社会を形成している。そのほか、工芸職人のカースト制度が取り入れられており、鍛冶、皮革工芸、織物工芸などが盛んにおこなわれ、交易品として使用されている。ソンガイ族 フレッシュアイペディアより)

  • 第7装甲師団 (ドイツ連邦陸軍)

    第7装甲師団 (ドイツ連邦陸軍)から見たスーダンスーダン

    最初の国外派遣任務は第二次国際連合ソマリア活動で師団隷下の29個部隊から人員約70名が派遣された。1996年からIFORに約2,000人が派遣される。1996年と1997年のSFORの任務に参加する。1999年6月には第33戦車大隊から214人がコソボに派遣され、2000年から2001年にかけてのKFORに参加する。2003年5月にはアフガニスタンのISAFに参加。師団はほかにスーダンでの視察団にも参加する。2005年9月から欧州連合部隊に参加し、KFORとISAFに関わる。2006年3月に帰国し師団の解散準備任務に移り、師団は解散する。第7装甲師団 (ドイツ連邦陸軍) フレッシュアイペディアより)

  • ヌバ族

    ヌバ族から見たスーダン共和国スーダン

    ヌバ族(nuba)はスーダン共和国コルドファン地方のヌバ山地に居住するニジェール・コンゴ語族コルドファン語派の民族の総称。カトラ語、コアリブ語、タゲリ語、タロディ語、トゥムトゥム語に分類され、人口は約50万人。ナイル峡谷の民族移動に巻き込まれなかったため、独自の文化を形成した。ヌバ族 フレッシュアイペディアより)

  • 青年エジプト党

    青年エジプト党から見たスーダンスーダン

    1933年10月、弁護士のアフメド・フサインによって宗教の本質とともにある急進的ナショナリズムとの政党として結成された。党の目的は、エジプト、スーダン、その他のアラブ諸国との同盟によってエジプト帝国をつくり、イスラムの指導者を目指すとされた。青年エジプト党 フレッシュアイペディアより)

  • デン・アロル

    デン・アロルから見たスーダンスーダン

    デン・アロル('、Deng Alor')は、スーダンおよび南スーダンの政治家。2007年から2009年までスーダンの外相を務めた。デン・アロル フレッシュアイペディアより)

  • ヌマヨコクビガメ

    ヌマヨコクビガメから見たスーダンスーダン

    イエメン西部、エチオピア、エリトリア、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、コートジボワール、サウジアラビア南西部、シエラレオネ、ジブチ、スーダン、セネガル、中央アフリカ共和国、ナイジェリア北部、ブルキナファソ、マリ共和国南部、リベリアヌマヨコクビガメ フレッシュアイペディアより)

  • オリビ

    オリビから見たスーダンスーダン

    Ourebia ourebi montana (スーダンからエチオピア西部)オリビ フレッシュアイペディアより)

  • アラビア語チャド方言

    アラビア語チャド方言から見たスーダンスーダン

    アラビア語チャド方言は、アラビア語の口語(アーンミーヤ)のひとつでチャド周辺で話されている。シュワ、シュア、スワ、ショア、ショワ、バッガラ・アラビア語、バッカラ・アラビア語、バッガーラ・アラビア語、バッカーラ・アラビア語、西スーダン方言ともよばれる。ただし、シュワはナイジェリアの特定の言語をさしている単語であり、西洋人がこの単語をこの方言の言語学の学術用語として採用してしまったものであり、現地の話者がこれをもちいることはない。100万人を超える人々が第一言語として用いており、このなかに都市住民や遊牧民を含む。この方言の話者の多くはチャド南部に分布していて、方言の話者分布域の大半がチャドやスーダンにある。また、チャド湖周辺でも用いられるためカメルーン、ナイジェリア、ニジェールにも話者が存在している。さらに、南スーダン、中央アフリカにも少し存在している。また、周辺諸国の非母語話者は、リングワ・フランカ(共通語)として用いられることもあるが、その場合においてはいくつかの地方言語のひとつとして用いられるにすぎない。アラビア語チャド方言 フレッシュアイペディアより)

798件中 121 - 130件表示

「スーダン」のニューストピックワード