798件中 131 - 140件表示
  • アラビア語ヒジャーズ方言

    アラビア語ヒジャーズ方言から見たスーダンスーダン

    アラビア語ヒジャーズ方言( ?ijāzī)は、アラビア語の口語(アーンミーヤ)のひとつで、半島方言に分類される言語。西アラビア方言、西アラブ方言、ヒジャーズィー、ヒジャージーとも呼ばれる。主にアラビア半島の紅海沿岸、サウジアラビアの西部のヒジャーズ地方で話されている。この方言は南北でも分けられ、さらに都市部と遊牧民とでも分けられる。都市部方言は、マッカ(メッカ)、マディーナ(メディナ)、ジッダ、ヤンブーの都市が代表である。このヒジャーズ方言は、エリトリア、スーダンのラシャイダ人も用いている。この方言は、日常会話に用いられるが、公的な地位を獲得しておらず、サウジアラビアでは正則アラビア語を公用語としている。アラビア語ヒジャーズ方言 フレッシュアイペディアより)

  • 難民を助ける会

    難民を助ける会から見たスーダンスーダン

    2006年(平成18年)12月の時点で、ラオス、ミャンマー(ビルマ)、カンボジア、アフガニスタン、タジキスタン、ザンビア、スーダン、レバノン、アンゴラに駐在員事務所を置く。現在は、緊急支援・障害者自立支援・地雷対策を中心に、マラリア対策・エイズ対策・小型武器問題にも取り組む。難民を助ける会 フレッシュアイペディアより)

  • ヘグリグ

    ヘグリグから見たスーダンスーダン

    ヘグリグ(????? ヘグリーグ,HegligまたはHeglieg)は、スーダン共和国のコルドファーン地方のにあり、南スーダン共和国と係争中の小さな町である。南スーダン側は、ヘグリグが自国のワラブ州に含まれていると領有権を主張している。この町の付近は、第二次スーダン内戦で争われた土地である。2012年4月中旬に南スーダン軍はスーダンからヘグリグ油田を奪取した。ヘグリグ フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国の世界遺産

    コンゴ民主共和国の世界遺産から見たスーダンスーダン

    しかし、それらよりも重要なのがシロサイの亜種であり絶滅寸前となっているの存在である。キタシロサイの角はアジア諸国などでの需要が見込めることから密猟が絶えず、時代を追うごとにヘリコプターやキャノン砲など、使用する機材も大掛かりなものになっていった。1963年に約1300頭いたキタシロサイは、1984年には15頭にまで激減しており、その年に危機遺産リストに加えられた。その後、密猟取締りの厳格化などの保護政策が成功し、1990年代に入ると漸増に転じていることが確認された。35頭に回復したことが確認された1992年に、危機遺産リストから除外された。しかし、その後、難民の流入やウガンダの反政府勢力神の抵抗軍の侵入によって保護環境が悪化し、公園職員の殺害事件も起こった。こうした地域情勢の不安定化などによって、再びキタシロサイの生息数が減少したことから、1996年に危機遺産リストに再登録された。密猟には、流入したスーダンの反政府勢力も加わっている。コンゴ民主共和国の世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • アスマラ地震 (1913年)

    アスマラ地震 (1913年)から見たスーダンスーダン

    1913年2月27日にエリトリアのアスマラ郊外で発生した。地震についての詳しい記録は、高頻度の大きな余震の為に存在していない。この地震が感じられた地域はスーダンのカッサラ及びエチオピア北部の広い範囲に及んだ。このうち、アスマラ及びケレンでは甚大な損害があった。アスマラ地震 (1913年) フレッシュアイペディアより)

  • .sd

    .sdから見たスーダンスーダン

    .sdは国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、スーダンおよび南スーダンに割り当てられている。.sd フレッシュアイペディアより)

  • ハゲノドシャコ

    ハゲノドシャコから見たスーダンスーダン

    アフリカ大陸東部(ソマリア、スーダン、タンザニア、ウガンダ、ジブチ、エリトレア、エチオピア、ケニア)のサバンナに分布する。ハゲノドシャコ フレッシュアイペディアより)

  • カッサラ

    カッサラから見たスーダンスーダン

    カッサラ(、Kassala)は、スーダンの都市。スーダン東部に位置し、エリトリアとの国境に近い。カッサラ州の州都である。標高529m、人口234,622人(1993年)。以前は鉄道の運行の中心だったが、2006年から鉄道は運休している。西400kmのところにある首都ハルツームと北のポートスーダンとを結ぶ高速道路上に位置する交通の要衝である。カッサラ フレッシュアイペディアより)

  • クリソピギ・デベツィ

    クリソピギ・デベツィから見たスーダンスーダン

    2004年の自国開催のアテネオリンピックの年、デベツィは一気にその才能を開花させた。シーズンはじめの世界室内選手権では、14m73で、ロシアのタチアナ・レベデワ、スーダンのヤミレ・アルダマに次いで銅メダル。オリンピックでは予選で15m32のギリシャ新記録で全体のトップで決勝進出。決勝でも、15m25でカメルーンのフランソワーズ・ムバンゴに敗れたものの、レベデワを抑え、銀メダルを獲得した。クリソピギ・デベツィ フレッシュアイペディアより)

  • フィーダー航空

    フィーダー航空から見たスーダンスーダン

    フィーダー航空()は南スーダンのジュバに本拠地を置く同国のフラッグキャリアである。主に南スーダン国内と近隣諸国(スーダン、ウガンダ)を結んでいる。フィーダー航空 フレッシュアイペディアより)

798件中 131 - 140件表示

「スーダン」のニューストピックワード