604件中 11 - 20件表示
  • ウィンストン・チャーチル

    ウィンストン・チャーチルから見たスーダンスーダン

    1895年11月にはスペイン軍に従軍して蘭領キューバの反乱軍と戦い、初めての実戦経験を得る。1896年より連隊とともに英領インドに派遣され、インド人召使に囲まれた生活を送る。1897年にはインド西北部のパシュトゥーン人の反乱の鎮圧戦に参加した。この時の戦争体験を初めての著作『』に記した。1898年のスーダン侵攻にもに所属して従軍し、オムダーマンの戦いに参加した。戦後この戦いについての『』を著した。ウィンストン・チャーチル フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッピーナ・バキタ

    ジュゼッピーナ・バキタから見たスーダンスーダン

    ジュゼッピーナ・バキタ (Giuseppina Bakhita ,1869年 - 1947年2月8日)は、スーダン出身の修道女。カトリック教会の聖人。スーダンの守護聖人。ジュゼッピーナ・バキタ フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所の歴史

    国際刑事裁判所の歴史から見たスーダンスーダン

    3月15日、ケニヤが98番目の締約国となったことを受け、CICCのアフリカコーディネーター、アングロフォンは声明を発表。ケニアは深刻な紛争が続いているウガンダやスーダンとも国境を接しており、ケニアの批准はこの地域における平和と正義に大きな希望を与えるものであると評価した国際刑事裁判所の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1769

    国際連合安全保障理事会決議1769から見たスーダンスーダン

    国際連合安全保障理事会決議1769(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1769、)は、2007年7月31日に国際連合安全保障理事会で採択されたスーダン・ダルフール情勢に関する決議。略称はUNSCR1769国際連合安全保障理事会決議1769 フレッシュアイペディアより)

  • クシエルの遺産

    クシエルの遺産から見たスーダンスーダン

    ジェベ・バルカル:エチオピアにあたるが、ソマリア、エリトリア、ジブチ、スーダン内部へ向けて国境は広がっている、首都はメロエ。クシエルの遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 上ナイル地方

    上ナイル地方から見たスーダンスーダン

    上ナイル地方(Greater Upper Nile)は、南スーダンの地方。南スーダン北東部に位置し、北をスーダンと、東をエチオピアと接する。地方名はこの地方を貫流する白ナイル川より取られた。地域の東部にはスッド大湿原が広がる。この地域の住民はヌエル人、シルック人が多く、ディンカ人やアニュワ人も居住する。この地域はかつては上ナイル州であったが、1996年に分割され、上ナイル州、ユニティ州、ジョングレイ州の3州に分かれた。2011年7月9日の南スーダン独立によって、この地方は西のバハル・アル・ガザール地方および南のエクアトリア地方とともにスーダン領から南スーダン領となった。上ナイル地方 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・シディグ

    アレクサンダー・シディグから見たスーダンスーダン

    アレクサンダー・シディグ(Alexander Siddig、1965年11月21日 - )は、スーダン生まれの俳優。別名:シディグ・エル・ファディル (Siddig El Fadil)。本名はSiddig El Tahir El Fadil El Siddig El Abderahman El Mohammed Ahmed El Abdel Karim El Mahdi。アレクサンダー・シディグ フレッシュアイペディアより)

  • アジア・アフリカ諸国の独立年表

    アジア・アフリカ諸国の独立年表から見たスーダンスーダン

    1956年 - スーダンがエジプトおよびイギリスから独立。アジア・アフリカ諸国の独立年表 フレッシュアイペディアより)

  • ジュバ

    ジュバから見たスーダンスーダン

    1899年以降はエジプトとイギリスの両国による共同統治下の「アングロ・エジプト・スーダン」となった。南部スーダンを支配していたイギリスは、南部をウガンダと統合させようと望んだが、1947年のジュバ会議での合意により南北スーダンの統合が決められた。1955年ジュバでの南部兵士の反乱が第一次スーダン内戦に発展し1972年まで続いた。第二次スーダン内戦中もジュバは多くの戦いの焦点となった要衝であり、北部による要塞都市と化していた。2005年にスーダン人民解放軍がジュバを制圧し、包括的和平合意により臨時首都のルンベクに代わり南部スーダンの恒久的首都とされた。和平によりケニアに置かれていた国際連合人道問題調整事務所 (OCHA) などの南部スーダンでの任務のための国連の施設や NGO がジュバに移転し OCHAキャンプと呼ばれており、国連関係者や復興事業の関係者がジュバに集まっている。2011年7月9日に分離独立を果たすとその首都となった。ジュバ フレッシュアイペディアより)

  • ケープ・カイロ鉄道

    ケープ・カイロ鉄道から見たスーダンスーダン

    ケープ・カイロ鉄道(Cape to Cairo Railway)はアフリカを南北に縦断する未完成の鉄道路線である。この鉄道の計画は19世紀末の植民地支配の時代に起源があり、南北に連なるイギリス帝国の植民地を南はケープタウン(現南アフリカ)から北はカイロ(エジプト)まで結ぼうというセシル・ローズの構想に基づいている。現在までに計画の半分以上が開通しているが、スーダンとウガンダの領内に大きな未開通部分を残している。ケープ・カイロ鉄道 フレッシュアイペディアより)

604件中 11 - 20件表示