604件中 21 - 30件表示
  • シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド

    シェイク・シャリフ・シェイク・アフマドから見たスーダンスーダン

    シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド(, , )はソマリアの政治家、宗教家。ソマリア暫定連邦政府最後の大統領を務めた。かつてはイスラム法廷会議(ICU)の指導者でもあった。アフマドはソマリアので生まれ、リビアとスーダンの大学で学んだ。アフマドは当初中等学校で地理学、アラビア語、宗教を教えていた。アフマドはソマリ語の他、アラビア語と英語ができる。アフマドは、当時首都モガディシュ周辺でもっとも有力だった氏族ハウィエの支族ムドゥロードの支族アブガールの出身。シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド フレッシュアイペディアより)

  • フランクリン・グラハム

    フランクリン・グラハムから見たスーダンスーダン

    スーダンで自身の団体サマリタンズ・パースの活動を展開していたフランクリン・グラハムは、1994年、ウガンダの神の抵抗軍とスーダンおよびウガンダ両政府のあいだの和平交渉への参加を拒否したことで、批判を受けた。2009年3月、スーダン大統領オマル・アル=バシールが国際刑事裁判所によって訴追されると、フランクリン・グラハムはニューヨーク・タイムズ紙に「平和を正義に優先させよ」と題された記事を寄稿し、バシール大統領をジェノサイドの罪で訴追すれば2005年の和平合意の崩壊を招くと論じて、訴追に反対した 。これに対して、 他の団体に並び、進歩派のNPO団体ピース・フォー・ザ・アメリカン・ウェイ(:en:Peace for the American Way)は、フランクリン・グラハムによるバシール大統領の擁護を批判した。フランクリン・グラハムが、イスラーム系の多いダルフールにおけるバシール大統領の虐殺行為を軽く見積もったのは、キリスト教徒の多いスーダン南部に和平が成立していることや、バシール大統領がサマリタンズ・パースのスーダンでの活動を許したためだという批判内容であった。フランクリン・グラハム フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たスーダンスーダン

    中華人民共和国政府は、スーダン・ミャンマー・ジンバブエ・イラン・北朝鮮などの国々との関係を深めている。欧米諸国はこれらの国々を人権やその他の問題で非難することがある。中華人民共和国政府の動きは、欧米諸国がこれらの国々に制裁を加え、関係が凍結している隙をついたものと指摘されている。これら5カ国と中国の指導者は、米紙ワシントンポスト、週末マガジン・パレードの『世界最悪の独裁者ランキング』に含まれている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア鉄道

    エリトリア鉄道から見たスーダンスーダン

    社のシュンターであり、1941年のイギリス占領期に持ってこられたものである。元はスーダンで使われていたもので、もっと狭軌用だった。もって来られてから950mmに改造され、車輪位置がフレームの内側から外側に変わった。0-6-0型が2台、0-4-0型が1台ある。車体色はクルップのものと同じ構成。エリトリア鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト王国

    エジプト王国から見たスーダンスーダン

    1820年に後のスーダンに侵攻し、東部のフンジュ・スルタン国を滅ぼし、ダール・フール・スルタン国からコルドファンを奪い併合した。さらにギリシャ独立戦争の出兵の代償としてオスマン帝国にシリアの割譲を要求し、エジプト・トルコ戦争を起こし勝利するものの、列強諸国の介入により、ムハンマド・アリーは自らの子孫による総督の世襲を認めさせる代わりにシリアの割譲を諦めることになった。しかしながら、世襲制を認められたことにより、ムハンマド・アリー朝が事実上成立した。エジプト王国 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たスーダンスーダン

    エボラ出血熱は、1976年6月のスーダンのヌザラ(Nzara)という町で倉庫番を仕事にしていた男性が急に39度の高熱と頭や腹部に痛みを感じて入院、その後、消化器や鼻から激しく出血して死亡したことを最初の確認例とする新興感染症である。そののち、その男性の近くにいた2人も同様に発症して、これを発端に血液や医療器具、エアロゾルを通して感染が広がった。最終的にヌザラでの被害は、感染者数284人、死亡者数151人というものだった。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • プント国

    プント国から見たスーダンスーダン

    プント国の正確な位置は不明である。エジプトの南東にあったとする学者が大勢であり、ソマリア、ジブチ、エリトリア、スーダンなどに比定されている。アラビアにあったと主張する学者もいる。プント国 フレッシュアイペディアより)

  • バユダ砂漠

    バユダ砂漠から見たスーダンスーダン

    バユダ砂漠(バユダさばく、)は、北アフリカスーダンハルツーム西部に位置する砂漠である。サハラ砂漠の東側にある。バユダ砂漠 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊南スーダン派遣

    自衛隊南スーダン派遣から見たスーダンスーダン

    2011年7月9日に南スーダン共和国がスーダン共和国から分離独立することとなり、独立前日の7月8日に国連安保理決議第1996号が採択された。この決議により、南スーダン共和国において独立後の「地域の平和と安全の定着」及び「南スーダン共和国の発展のための環境構築の支援等」を任務とするUNMISSが設立された。自衛隊南スーダン派遣 フレッシュアイペディアより)

  • ユニティ州

    ユニティ州から見たスーダンスーダン

    ユニティ州の主要産業は農業及び牧畜である。農業は主に雨季に行われる。都市部より農村部の人口が圧倒的に多いため、野菜などの園芸作物はあまり栽培されていない。また、この州には豊富な石油の埋蔵があり、1970年代にスーダン初の油田が発見されたのもこの州であった。ユニティ油田をはじめとするムグラド盆地の石油埋蔵量は1.5億バレルと推定されている。大ナイル石油パイプラインはユニティ油田が起点となっている。ユニティ州 フレッシュアイペディアより)

604件中 21 - 30件表示

「スーダン」のニューストピックワード