798件中 21 - 30件表示
  • エリトリア鉄道

    エリトリア鉄道から見たスーダンスーダン

    社の入換機関車であり、1941年のイギリス占領期に持ってこられたものである。元はスーダンで使われていたもので、もっと狭軌用だった。譲受後950mmに改造され、車輪位置がフレームの内側から外側に変わった。0-6-0型が2台、0-4-0型が1台ある。車体色はクルップのものと同じ構成。エリトリア鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • エリトリアディクディク

    エリトリアディクディクから見たスーダンスーダン

    エリトリアディクディク(Madoqua saltiana)はアフリカの角の半砂漠地帯、森林地帯、茂みに生息する小さなアンテロープの一種で、ケニア北部やスーダン東部にも少数生息している 。19世紀初頭にエチオピア帝国で発見され、英語名のSalt's dikdikは、その発見者、ヘンリー・ソルトにちなんで名付けられた。エリトリアディクディク フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1769

    国際連合安全保障理事会決議1769から見たスーダンスーダン

    国際連合安全保障理事会決議1769(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1769、)は、2007年7月31日に国際連合安全保障理事会で採択されたスーダン・ダルフール情勢に関する決議。略称はUNSCR1769国際連合安全保障理事会決議1769 フレッシュアイペディアより)

  • 上ナイル地方

    上ナイル地方から見たスーダンスーダン

    上ナイル地方()は、南スーダンの地方。南スーダン北東部に位置し、北をスーダンと、東をエチオピアと接する。地方名はこの地方を貫流する白ナイル川より取られた。地域の東部にはスッド大湿原が広がる。この地域の住民はヌエル人、シルック人が多く、ディンカ人やアニュワ人も居住する。この地域はかつては上ナイル州であったが、1996年に分割され、上ナイル州、ユニティ州、ジョングレイ州の3州に分かれた。2011年7月9日の南スーダン独立によって、この地方は西のバハル・アル・ガザール地方および南のエクアトリア地方とともにスーダン領から南スーダン領となった。上ナイル地方 フレッシュアイペディアより)

  • スーダン (地理概念)

    スーダン (地理概念)から見たスーダンスーダン

    現在の国家としてのスーダン共和国(北スーダン)および南スーダン共和国は近代までの地理概念の「スーダン」の東部に当たり、日本の学術分野では特に国家としてのスーダン共和国と区別するために歴史的スーダンの呼称が用いられる場合があるが、アフリカ史では単に「スーダン」とだけ記されることも少なくない。英語では地理概念としてのスーダン "The Sudan" または "the Sudan Region"(スーダン地方)と呼び、国家名としてのスーダンを "Sudan"(the をつけない)と読んで区別している。スーダン (地理概念) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大使館爆破事件

    アメリカ大使館爆破事件から見たスーダンスーダン

    アメリカ大使館爆破事件(アメリカたいしかんばくはじけん)は、アメリカ合衆国の大使館が爆破された爆弾テロ事件である。1983年の事件は内戦中のレバノンの大使館が爆破されたもので、シリアの関与が疑われた。1998年の事件はケニアとタンザニアの米大使館が爆破された。この事件は国際テロ組織アルカーイダが関与したと断定したアメリカは、ミサイルによってスーダンとアフガニスタンを攻撃した。アメリカ大使館爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • クナマ族

    クナマ族から見たスーダンスーダン

    クナマ族(クナマぞく、Kunama)は、エチオピアおよびスーダンに住む部族。クナマ族 フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッピーナ・バキタ

    ジュゼッピーナ・バキタから見たスーダンスーダン

    ジュゼッピーナ・バキタ (Giuseppina Bakhita ,1869年 - 1947年2月8日)は、スーダン出身の修道女。カトリック教会の聖人。スーダンの守護聖人。ジュゼッピーナ・バキタ フレッシュアイペディアより)

  • プント国

    プント国から見たスーダンスーダン

    プント国の正確な位置は不明である。エジプトの南東にあったとする学者が大勢であり、ソマリア、ジブチ、エリトリア、スーダンなどに比定されている。アラビアにあったと主張する学者もいる。プント国 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト王国

    エジプト王国から見たスーダンスーダン

    1820年に後のスーダンに侵攻し、東部のフンジュ・スルタン国を滅ぼし、ダール・フール・スルタン国からコルドファンを奪い併合した。さらにギリシャ独立戦争の出兵の代償としてオスマン帝国にシリアの割譲を要求し、エジプト・トルコ戦争を起こし勝利するものの、列強諸国の介入により、ムハンマド・アリーは自らの子孫による総督の世襲を認めさせる代わりにシリアの割譲を諦めることになった。しかし世襲制を認められたことにより、ムハンマド・アリー朝が事実上成立した。エジプト王国 フレッシュアイペディアより)

798件中 21 - 30件表示

「スーダン」のニューストピックワード