798件中 31 - 40件表示
  • ザガワ族

    ザガワ族から見たスーダンスーダン

    ザガワ族(ザガワぞく、Zaghawa)は、スーダンおよびチャドに住むスーダン人部族。チャドのイドリス・デビ大統領は、ザガワ人である。ナイル・サハラ語族の中央スーダン語派或は東スーダン語派に分類されるを話す。自称はベリでありザガワはアラブ系からの他称である。ザガワ族 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ゴードン

    チャールズ・ゴードンから見たスーダンスーダン

    チャールズ・ジョージ・ゴードン(Charles George Gordon、1833年1月28日 - 1885年1月26日)は、英国の軍人。太平天国の乱の時、民兵組織の常勝軍を率いて活躍、その後、スーダンのハルツームで戦死した。チャールズ・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • バユダ砂漠

    バユダ砂漠から見たスーダンスーダン

    バユダ砂漠(バユダさばく、)は、北アフリカスーダンハルツーム西部に位置する砂漠である。サハラ砂漠の東側にある。バユダ砂漠 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ分割

    アフリカ分割から見たスーダンスーダン

    また、奴隷貿易の対象ではなく宗教上のライバルであった北アフリカのイスラム諸国は、19世紀には宗主国オスマン帝国の影響力が衰え、また自立した群小政権もヨーロッパ勢力の経済的・軍事的な発展に対してほとんど為す術がないほど弱体化していた。ここに入り込もうとしたのが当時の植民地大国であるイギリスとフランスであり、両国はナポレオン戦争時代からエジプトの支配権を巡って対立関係にあった。1869年、フランスはエジプトと協力してスエズ運河を完成させたが、この建設はエジプト財政に対する過大な負担に跳ね返り、1875年になってスエズ運河会社の株を購入したイギリスがかわってエジプトの支配権を手に入れた。1882年、イギリスはついにエジプトを保護国化し、さらに南のスーダンへと侵攻する。アフリカ分割 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たスーダンスーダン

    中華人民共和国政府は、スーダン・ミャンマー・ジンバブエ・イラン・北朝鮮などの国々との関係を深めている。欧米諸国はこれらの国々を人権やその他の問題で非難することがある。中華人民共和国政府の動きは、欧米諸国がこれらの国々に制裁を加え、関係が凍結している隙をついたものと指摘されている。これら5カ国と中国の指導者は、米紙ワシントンポスト、週末マガジン・パレードの『世界最悪の独裁者ランキング』に含まれている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・シディグ

    アレクサンダー・シディグから見たスーダンスーダン

    アレクサンダー・シディグ(Alexander Siddig、1965年11月21日 - )は、スーダン生まれの俳優。別名:シディグ・エル・ファディル (Siddig El Fadil)。本名はSiddig El Tahir El Fadil El Siddig El Abderahman El Mohammed Ahmed El Abdel Karim El Mahdi。アレクサンダー・シディグ フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・アリー朝

    ムハンマド・アリー朝から見たスーダンスーダン

    ムハンマド・アリーは軍隊の近代化、土地の国有化による輸出向け農業の振興、ヨーロッパの技術を導入した工業化など、イスラム社会における近代化政策をオスマン帝国本国に先んじて推進した。彼のもとでエジプトの国力は急速に増強され、軍事的な衰退著しい宗主国オスマン帝国にかわって1818年にはワッハーブ派がアラビア半島に興した第一次サウード王国を滅ぼした。1820年からは南のスーダンに侵攻し、スーダン北部をエジプト領に併合する。ムハンマド・アリー朝 フレッシュアイペディアより)

  • シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド

    シェイク・シャリフ・シェイク・アフマドから見たスーダンスーダン

    シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド(, , )はソマリアの政治家、宗教家。ソマリア暫定連邦政府最後の大統領を務めた。かつてはイスラム法廷会議(ICU)の指導者でもあった。アフマドはソマリアので生まれ、リビアとスーダンの大学で学んだ。アフマドは当初中等学校で地理学、アラビア語、宗教を教えていた。アフマドはソマリ語の他、アラビア語と英語ができる。アフマドは、当時首都モガディシュ周辺でもっとも有力だった氏族ハウィエの支族の支族の出身。シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド フレッシュアイペディアより)

  • アンワル・アッ=サーダート

    アンワル・アッ=サーダートから見たスーダンスーダン

    サダトはミヌーフィーヤ県のミト・アブー・アル=クムで、貧しいスーダン系エジプト人一家の13人兄弟の一人として誕生した。1938年、カイロの王立陸軍士官学校を卒業し、通信部隊に配属された。アンワル・アッ=サーダート フレッシュアイペディアより)

  • ベルベル人

    ベルベル人から見たスーダンスーダン

    ベルベル人はハプログループE1b1b (Y染色体)が高頻度であるが、ハプログループH1 (mtDNA)を高頻度で持ち、遺伝的にはネグロイド(E1b1b(Y-DNA))とコーカソイド(H1(mtDNA))の混血と言える。H1(mtDNA)の対のタイプであるハプログループR1b (Y染色体)はレバントからエジプト、スーダンを通ってカメルーン付近にいたり、現在はチャド語派の民族に高頻度に見られるが、R1b(Y-DNA)-H1(mt-DNA)集団がエジプト・スーダン付近に到達した際に、南方からやってきたアフロ・アジア系E1b1b(Y-DNA)(ネグロイド)と、元来R1b(Y-DNA)の対であったH1(mtDNA)(コーカソイド)が混合、セットが組み変わり、E1b1b(Y-DNA)-H1(mtDNA)をもつ現在のベルベル人が形成されたと考えられる。またベルベル人はコーカソイド系U6(mtDNA)もある程度の頻度で持ち、H1(mtDNA)と同じ挙動が想定できる。ベルベル人 フレッシュアイペディアより)

798件中 31 - 40件表示

「スーダン」のニューストピックワード