798件中 41 - 50件表示
  • イランド属

    イランド属から見たスーダンスーダン

    胴に鮮明な横縞を持つ亜種で、スーダン南東部をはじめ、ウガンダ、ルアンダ、ブルンジ、ケニア南部などに生息。イランド属 フレッシュアイペディアより)

  • 英埃領スーダン

    英埃領スーダンから見たスーダンスーダン

    スーダン・・・1956年1月1日にスーダン共和国として独立した。1969年のスーダン民主共和国を経て、1985年から現在のスーダンとなる。英埃領スーダン フレッシュアイペディアより)

  • 大統領令13769号

    大統領令13769号から見たスーダンスーダン

    国外からのテロリストの入国を阻止するため、より厳格な入国審査制度の確立と、その間の難民の受け入れおよび中東・アフリカの一部の国民のアメリカ合衆国への入国の制限を命じる。これにより、米国難民受け入れプログラム(USRAP)は120日間停止された後、個々の国ごとに再開される。イラク・イラン・リビア・ソマリア・スーダン・イエメンの国民の入国は査証の有無にかかわらず90日間禁止された後、国民受け入れを停止する国の一覧が定められる。シリアの国民の入国に関しては、ケースバイケースの例外を除いて査証の有無にかかわらず無期限に停止されるが、国土安全保障省は、当初の方針を変更し、永住権保持者に関しては、大統領令の対象外となると発表した。大統領令13769号 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合南スーダン派遣団

    国際連合南スーダン派遣団から見たスーダンスーダン

    2012年4月になり、南スーダン軍がスーダンのコルドファンにあるヘグリグ油田を占拠した。4月12日には、スーダン軍が南スーダンの都市を空爆し、死傷者が発生する事態となった(南北スーダン国境紛争)。国際連合安全保障理事会は、全面的な戦闘に発展する恐れがあることから、両国に即時停戦を強く求めていたが、2012年4月16日にスーダン国民会議は、南スーダンを敵とみなす決議を採択し、4月18日には、スーダンのオマル・アル=バシール大統領が、南スーダンを同国与党のスーダン人民解放運動から「解放」するとの宣言をおこなった。国際連合南スーダン派遣団 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋由美子

    高嶋由美子から見たスーダンスーダン

    イギリス、エセックス大学政治学科卒業。学習院大学政治学科研究科博士後期課程満期退学。学習院大学大学院在学中に1999年にジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO・外務省からの国連機関への派遣制度)としてスーダンに派遣され、2002年より国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR:United Nations High Commissioner for Refugees)職員に採用される。高嶋由美子 フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たスーダンスーダン

    エジプトの属領だったスーダンでは、ウラービー革命とほぼ同時期に「マフディー」(「救世主」という意味)を名のる指導者ムハンマド・アフマドがあらわれ、外国支配や重税に不満をいだく民衆を結集して立ち上がった。イギリスが軍事介入をこころみたが失敗し、10年以上を費やして、ようやく1898年にマフディー国家を滅ぼしてスーダンを支配下におくことに成功した。しかし、このイスラーム教徒の戦いは、アフリカ各地の部族連合王国の抵抗を勇気づけた。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たスーダンスーダン

    エボラ出血熱は、1976年6月のスーダンのヌザラ(Nzara)という町で倉庫番を仕事にしていた男性が急に39度の高熱と頭や腹部に痛みを感じて入院、その後、消化器や鼻から激しく出血して死亡したことを最初の確認例とする新興感染症である。そののち、その男性の近くにいた2人も同様に発症して、これを発端に血液や医療器具、エアロゾルを通して感染が広がった。最終的にヌザラでの被害は、感染者数284人、死亡者数151人というものだった。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • サブサハラアフリカ

    サブサハラアフリカから見たスーダンスーダン

    アフロ・アジア語族 - コーカソイド系。北部・北東部の諸国(モーリタニア、チャド、スーダン、エチオピア、エリトリア、ジブチ、ソマリア)、コモロで公用語。サブサハラアフリカ フレッシュアイペディアより)

  • ソフィア・サマター

    ソフィア・サマターから見たスーダンスーダン

    サマターはアラビア語と英語をはじめとした複数の言語を操る。 またカレッジではスワヒリ語を学び、スーダンで教えている間にザンデ語を習得した。ソフィア・サマター フレッシュアイペディアより)

  • モロコシ属

    モロコシ属から見たスーダンスーダン

    モロコシを主に主穀として栽培している国はモーリタニア、マリ、ブルキナファソ、ナイジェリア、ニジェール、チャド、スーダンといったサハラ南縁のサヘル地帯の国々である。特にブルキナファソとスーダンにおいては一人当たり食糧生産量がソルガムが最も多く、最重要の穀物となっている。またこれ以外の地域においても、乾燥地域を中心に熱帯雨林を除くブラックアフリカのほぼ全土で栽培されており、アフリカにおける最重要穀物の一つである。2000年のブラックアフリカの作物の収穫面積のうちソルガムは13.0%を占めるが、これはトウモロコシと同率1位であり、アフリカでもっとも広く栽培される作物となっている。一方で土地生産性は非常に低く、1997年のソルガムの土地生産性は世界平均が1ヘクタール当たり1414kgであるのに対し、アフリカ平均は788kgで、世界平均よりも79%も収量が少ない。主穀用ソルガム自体が収量の改善はさほど進んでいないうえ、サブサハラ・アフリカにおけるソルガムの土地生産性は1961年以来ほぼ改善が見られず、50年以上ほぼ横ばいのままである。これは肥料の投入が農地に行われないなど、緑の革命がソルガムに限らず、コメやコムギなど全穀物においてブラックアフリカ全域では進んでいないためである。主食用モロコシにおいてはコメやコムギと違って品種改良が進んでいないうえ、もともとそれらの栽培できない乾燥地の農地での栽培が主となっているため、ブラックアフリカ内ですらコメ・コムギ・トウモロコシよりも反収が低く、ほぼ半分かそれ以下にとどまっている。モロコシ属 フレッシュアイペディアより)

798件中 41 - 50件表示

「スーダン」のニューストピックワード