604件中 41 - 50件表示
  • エジプト

    エジプトから見たスーダンスーダン

    西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ

    アフリカから見たスーダンスーダン

    1995年から10年間にアフリカは経済成長を続け、2005年の平均成長率は5%に達した。さらに、埋蔵石油を持ち輸出に振り分けるため掘削に着手したアンゴラ・スーダン・赤道ギニアなど数カ国はさらなる成長が見込まれる。さらにアフリカには世界中のコバルト90%、白金90%と金の50%、クロム98%、タンタライト(en)70%、マンガン64%、ウラン33%が存在すると考えられている。コンゴ民主共和国には、携帯電話の製造に欠かせないコルタンが世界の70%に相当する量に上り、ダイヤモンドも世界の30%以上が同国に存在する。ギニアは世界最大のボーキサイト供給国である。このようにアフリカの経済成長はほとんどが資源提供を背景としたもので、工業や農業の発展ではなく、雇用創出や貧困からの脱却に寄与していない。実際に、2008年にリーマンショックを原因として起こった食糧危機では、1億人が飢餓状態に陥った。アフリカ フレッシュアイペディアより)

  • 傭兵

    傭兵から見たスーダンスーダン

    ロルフ・シュタイナー(1933年 - ) - ドイツ人。第二次世界大戦時にはヒトラー・ユーゲントに参加。戦後、フランス外人部隊に加わり第一次インドシナ戦争やアルジェリア戦争に参加。除隊後傭兵となる。フランス政府の紹介でビアフラ共和国に雇われる。シュタイナーは傭兵とビアフラ兵で「シュタイナー軍団」と呼ばれた第4奇襲旅団を編成。しかし、ビアフラの指導者オジェクとの仲が悪く追放された。1969年には、スーダン内戦で、南部黒人反政府勢力を支援するが失敗。ウガンダで怪我の療養をしていたところ、ウガンダ政府に拘束され、スーダン政府に身柄を引き渡される。死刑を宣告されたが、西ドイツ政府の尽力により、国外追放で西ドイツに帰国。体調を崩し、現役から引退した。フレデリック・フォーサイスの小説『戦争の犬たち』に同名の傭兵が登場し、そのモデルにもなっている。傭兵 フレッシュアイペディアより)

  • ムアンマル・アル=カッザーフィー

    ムアンマル・アル=カッザーフィーから見たスーダンスーダン

    2009年9月にリビア革命40周年記念式典が行われ、リビア原油の主要輸出先であるイタリアのベルルスコーニ首相が植民地支配の謝罪・賠償合意に訪問し、式典にはベネズエラのチャベス大統領、スーダンのバシール大統領、ジンバブエのムガベ大統領、カタールのハマド首長、フィリピンのアロヨ大統領、イラクのハーシミー副大統領らが姿を見せ、最高指導者のカッザーフィーと笑顔で握手するなどした。リビアの国営通信社によると約50カ国から首脳や閣僚らが参列したが西側諸国は参加せず多くはアフリカや中東諸国だった。ムアンマル・アル=カッザーフィー フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア

    エリトリアから見たスーダンスーダン

    西にスーダン、南にエチオピア、東にジブチと国境を接し、北は紅海に面する。1991年5月29日にエチオピアからの独立を宣言し、1993年5月24日に独立が承認された。エリトリア フレッシュアイペディアより)

  • MiG-29 (航空機)

    MiG-29 (航空機)から見たスーダンスーダン

    21世紀初頭にはロシアからスーダンへMiG-29 12機が輸出されたが、スーダンでは政府の支援すると見られるアラブ系武装勢力によるアフリカ系住民の虐殺問題 (ダルフール紛争) があるため、ロシアの行動は国際的な非難を浴びた。しかしながら、ロシアは輸出するMiG-29は対地攻撃能力がないため問題はないと主張し、予定通り輸出を行った。その結果2003年末から翌2004年6月にかけて計10機のMiG-29EShと2機のMiG-29UBがAn-124 ルスラーン輸送機によって輸送され、スーダン空軍の第2戦闘迎撃飛行隊に配備された。MiG-29 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼフ・チェンバレン

    ジョゼフ・チェンバレンから見たスーダンスーダン

    チェンバレンは1897年5月よりケープ植民地高等弁務官に着任したアルフレッド・ミルナーを通じてトランスヴァールに対する強硬外交を行うようになった。ただし首相ソールズベリー侯爵がマフディーの反乱以来独立状態にあるスーダンの再征服を1898年に計画していたため、チェンバレンもそれが終わるまでは事を荒立てすぎないようにとミルナーを抑制した。ジョゼフ・チェンバレン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大使館爆破事件

    アメリカ大使館爆破事件から見たスーダンスーダン

    アメリカ大使館爆破事件(アメリカたいしかんばくはじけん)は、アメリカ合衆国の大使館が爆破された爆弾テロ事件である。1983年の事件は内戦中のレバノンの大使館が爆破されたもので、シリアの関与が疑われた。1998年の事件はケニアとタンザニアの米大使館が爆破された。この事件は国際テロ組織アル・カーイダが関与したと断定したアメリカは、ミサイルによってスーダンとアフガニスタンを攻撃した。アメリカ大使館爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)

    ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)から見たスーダンスーダン

    「社会帝国主義者」チェンバレンを植民地大臣に任じ、積極的な帝国主義政策を推進した。1898年にはマフディーの反乱以来、イギリス支配から離れていたスーダンに侵攻して同地をイギリス支配下に戻した。この際にフランスとの間にファショダ事件が発生するもフランスを恫喝して引き下がらせた。1899年にはトランスヴァール共和国再併合を狙って第二次ボーア戦争を開始。ボーア軍のゲリラ戦に苦戦させられるも1902年に勝利をおさめた。ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯) フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たスーダンスーダン

    ハライブ・トライアングルおよびビル・タウィール(エジプト・スーダン国境):ハライブ・トライアングルは、エジプトとスーダンの間の紅海に面した地域。エジプトとスーダンが領有を主張。ビル・タウィールはハライブ・トライアングルの真西にある一帯だが、ここの領有権を主張するとハライブ・トライアングルの領土問題で不利になることから、エジプト・スーダンのいずれも領有権を主張していない、世界的にも珍しい無主地である。領土問題 フレッシュアイペディアより)

604件中 41 - 50件表示

「スーダン」のニューストピックワード