798件中 51 - 60件表示
  • メックエル

    メックエルから見たスーダンスーダン

    これは(??????? ?? ??? ???? ???????)率いるスーダンのマフディー軍が、エチオピア帝国に侵攻した戦争である。メックエル フレッシュアイペディアより)

  • ムアンマル・アル=カッザーフィー

    ムアンマル・アル=カッザーフィーから見たスーダンスーダン

    2009年9月にリビア革命40周年記念式典が行われ、リビア原油の主要輸出先であるイタリアのベルルスコーニ首相が植民地支配の謝罪・賠償合意に訪問し、式典にはベネズエラのチャベス大統領、スーダンのバシール大統領、ジンバブエのムガベ大統領、カタールのハマド首長、フィリピンのアロヨ大統領、イラクのハーシミー副大統領らが姿を見せ、最高指導者のカッザーフィーと笑顔で握手するなどした。リビアの国営通信社によると約50カ国から首脳や閣僚らが参列したが西側諸国は参加せず多くはアフリカや中東諸国だった。ムアンマル・アル=カッザーフィー フレッシュアイペディアより)

  • 第二次スーダン内戦

    第二次スーダン内戦から見たスーダンスーダン

    第二次スーダン内戦(だいにじスーダンないせん)は、1983年に当時のヌメイリ政権が国政にイスラム法を導入したことに南部の非アラブ系住民(大半が黒人とアニミズム、一部キリスト教徒)が反発し勃発したスーダンの内戦である。2005年までほぼ22年間続いたことから約190万人が死亡し、400万人以上が家を逐われた。またこの内戦で、南部のヌエル族やディンカ族の子どもたち約二万人が、居住地を追われて孤児となり、スーダンのロストボーイズと呼ばれる集団避難民となった。数は少ないがロストガールズもいる。第二次スーダン内戦 フレッシュアイペディアより)

  • サハラ砂漠

    サハラ砂漠から見たスーダンスーダン

    サハラ砂漠は西端で大西洋に接し、北端ではアトラス山脈および地中海に接する。東側はエジプトと紅海に面し、スーダンとニジェール川を南の境とする。サハラ砂漠の中は西サハラを含むいくつかの地域に分割される。サハラ砂漠は標高300m程度の台地が広がり、中央部にはホガール山地(アルジェリア南部)、アイル山地(ニジェール北部)、ティベスティ山地(チャド北部)がある。サハラ砂漠の最高点は、ティベスティ山地のエミクーシ山(3,415m)である。サハラ砂漠の約70%は礫砂漠で、残りが砂砂漠と山岳・岩石砂漠である。サハラ砂漠 フレッシュアイペディアより)

  • チャド

    チャドから見たスーダンスーダン

    チャド共和国(チャドきょうわこく、、)、通称チャドは、アフリカ中央部の国家。スーダン、中央アフリカ、カメルーン、ナイジェリア、ニジェール、リビアと国境を接する。首都はンジャメナ。チャド フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア湖

    ヴィクトリア湖から見たスーダンスーダン

    探検がほぼ終了すると、まもなくこの地域もアフリカ分割の対象となった。きっかけはヴィクトリア湖のはるか北、スーダンで起こったマフディー戦争であった。1881年にムハンマド・アフマドが起こした反乱は1885年にはハルツームを落とすまでになり、エジプトはいったんスーダンからの撤退を余儀なくされる。しかしその撤退地域のさらに奥、エジプト最南端の赤道州の州都ゴンドコロ(現在のジュバ)には総督エミン・パシャが残留しており、孤立しながら何とか独立を保っていた。エミン・パシャは本名をシュニッツァーというドイツ人であり、彼を救出すると称してイギリスとドイツがそれぞれ軍を派遣したのである。北からはマフディー軍によって近づけないため、この救出作戦は南のヴィクトリア湖方面から進められた。救出作戦自体はヘンリー・モートン・スタンリー率いるイギリス隊に軍配が上がり、1889年にエミン・パシャは「救出」されて赤道州政府は滅亡した。これに対してドイツ隊は出遅れたが、代わりにブガンダ王国と友好条約を締結するなどしてこの地域に進出を図った。このドイツの行動に対し以前からブガンダと接触を持っていたイギリスは反発したが、結局1890年8月10日、ヘルゴランド=ザンジバル条約により南緯1度の線に両国の境界線が引かれ、ブガンダなどのヴィクトリア湖北部はイギリスの勢力範囲、それ以南はドイツの勢力範囲となり、ヴィクトリア湖は南北にほぼ二分された。これに基づいて、イギリスはブガンダ王国やブニョロ王国、トロ王国、アンコーレ王国といったヴィクトリア湖周辺の国々と条約を締結し、1894年にはウガンダ保護領が成立した。同時にドイツも南岸の攻略を進め、19世紀末にはドイツ領東アフリカが成立した。ヴィクトリア湖 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・アリー

    ムハンマド・アリーから見たスーダンスーダン

    エジプト・シリア戦役においてオスマン帝国がエジプトへ派遣した300人の部隊の副隊長から頭角を現し、熾烈な権力闘争を制してエジプト総督に就任。国内の支配基盤を固めつつ、近代性と強権性を併せもった富国強兵策を推し進め、アラビア半島やスーダンに勢力を伸ばし、遂にはオスマン帝国からシリアを奪うに至る。ムハンマド・アリー フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・グラッドストン

    ウィリアム・グラッドストンから見たスーダンスーダン

    1880年の総選挙で自由党が大勝したため、第二次グラッドストン内閣を組閣した(→総選挙に大勝、再び首相へ、第二次グラッドストン内閣)。 アイルランド土地法を改正し、アイルランド小作農の地代を地代法廷で決めるなど小作農保護を強化した(→アイルランド小作農保護強化)。また選挙区割りについて野党保守党に妥協することで第三次選挙法改正を達成し、男子普通選挙に近い状態を実現した(第三次選挙法改正)。グラッドストンはであり、帝国主義には消極的だったが、オラービー革命が発生したエジプトには派兵し、革命を鎮圧してエジプトを半植民地となした(→オラービー革命とエジプト出兵)。一方マフディーの反乱が発生したスーダンは放棄を決定し、国民的英雄チャールズ・ゴードン将軍を同地に派遣してスーダン駐屯エジプト軍の撤退の指揮をとらせようとしたが、ゴードンは撤退しようとせずに戦死したため、内閣支持率に大きな打撃を受けた(→スーダンの反乱・ゴードン将軍の死)。1885年にアイルランド強圧法を制定しようとしたことにアイルランド国民党が反発してソールズベリー侯爵率いる保守党との連携に動いた結果、議会で敗北して総辞職に追い込まれた(→保守党とアイルランド国民党の連携で総辞職)。ウィリアム・グラッドストン フレッシュアイペディアより)

  • 第2回南米・アラブ諸国首脳会議

    第2回南米・アラブ諸国首脳会議から見たスーダンスーダン

    政治分野では、イスラエルに対して、シリア、パレスチナ及びレバノンの占領地からの撤退を求めるとともに、レバノン問題に関して国際連合安全保障理事会決議1701違反として非難。アメリカの対シリア制裁を批判し、2003年に制定されたシリア問責及びレバノン主権回復法を国際法違反と非難した。また、イラク問題やスーダン問題についても言及した。経済分野では、世界的な金融危機と、それにより影響を受ける貧困国に対する支援に対して、共通の関心を表明。両地域の経済交流に関しては、2005年の第1回南米・アラブ諸国首脳会議以来、目覚ましい発展を遂げたと評価し、引き続き協力に努めるものとした。その他、環境問題、文化、科学、教育分野における協力、貧困や飢餓の軽減などが話し合われた。次回の会合については、2011年にペルーの首都リマで開催することを取り決めた 。第2回南米・アラブ諸国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)

    ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)から見たスーダンスーダン

    「社会帝国主義者」チェンバレンを植民地大臣に任じ、積極的な帝国主義政策を推進した。1898年にはマフディーの反乱以来、イギリス支配から離れていたスーダンに侵攻して同地をイギリス支配下に戻した。この際にフランスとの間にファショダ事件が発生するもフランスを恫喝して引き下がらせた(→スーダン奪還とファショダ事件)。1899年にはトランスヴァール共和国再併合を狙って第二次ボーア戦争を開始。ボーア軍のゲリラ戦に苦戦させられるも1902年に勝利をおさめた(→第二次ボーア戦争)。ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯) フレッシュアイペディアより)

798件中 51 - 60件表示

「スーダン」のニューストピックワード