798件中 61 - 70件表示
  • アジア・アフリカ諸国の独立年表

    アジア・アフリカ諸国の独立年表から見たスーダンスーダン

    1956年 - スーダンがエジプトおよびイギリスから独立。アジア・アフリカ諸国の独立年表 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年欧州難民危機

    2015年欧州難民危機から見たスーダンスーダン

    2015年、ヨーロッパ諸国には中東やアフリカなどから前年の二倍以上の難民が殺到し、国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)は2015年の年末、年初から欧州に到達した難民・移民の数は100万人を超えると発表した。中東(シリア、イラク)、アフリカ(エリトリア、ナイジェリア、ソマリア、スーダン)、南アジア(アフガニスタン、パキスタン)、バルカン半島西部(コソボ、アルバニア)が移民および難民の主な出身地となっている。UNHCRによれば、2015年9月時点で地中海経由の難民の内訳はシリア(51%)、アフガニスタン(14%)、エリトリア(8%)である。移民の多く(69%)は成人男性である。「欧州難民危機」という語は2015年欧州難民危機 フレッシュアイペディアより)

  • 傭兵

    傭兵から見たスーダンスーダン

    ドイツ人。第二次世界大戦時にはヒトラー・ユーゲントに参加。戦後、フランス外人部隊に加わり第一次インドシナ戦争やアルジェリア戦争に参加。除隊後傭兵となる。フランス政府の紹介でビアフラ共和国に雇われる。シュタイナーは傭兵とビアフラ兵で「シュタイナー軍団」と呼ばれた第4奇襲旅団を編成。しかし、ビアフラの指導者オジェクとの仲が悪く追放された。1969年には、スーダン内戦で、南部黒人反政府勢力を支援するが失敗。ウガンダで怪我の療養をしていたところ、ウガンダ政府に拘束され、スーダン政府に身柄を引き渡される。死刑を宣告されたが、西ドイツ政府の尽力により、国外追放で西ドイツに帰国。体調を崩し、現役から引退した。フレデリック・フォーサイスの小説『戦争の犬たち』に同名の傭兵が登場し、そのモデルにもなっている。傭兵 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼフ・チェンバレン

    ジョゼフ・チェンバレンから見たスーダンスーダン

    チェンバレンは1897年5月よりケープ植民地高等弁務官に着任したアルフレッド・ミルナーを通じてトランスヴァールに対する強硬外交を行うようになった。ただし首相ソールズベリー侯爵がマフディーの反乱以来独立状態にあるスーダンの再征服を1898年に計画していたため、チェンバレンもそれが終わるまでは事を荒立てすぎないようにとミルナーを抑制した。ジョゼフ・チェンバレン フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所の歴史

    国際刑事裁判所の歴史から見たスーダンスーダン

    3月15日、ケニヤが98番目の締約国となったことを受け、CICCのアフリカコーディネーター、アングロフォンは声明を発表。ケニアは深刻な紛争が続いているウガンダやスーダンとも国境を接しており、ケニアの批准はこの地域における平和と正義に大きな希望を与えるものであると評価した国際刑事裁判所の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • シリア

    シリアから見たスーダンスーダン

    一方、バアス党政権は伝統的な同盟国であるイラン、及びロシアと良好な関係を維持し続けており、シリア騒乱に対する軍事的援助を両国から受けている。また、騒乱勃発後も友好的な関係を維持している国々として、中国、北朝鮮、アンゴラ、キューバ、ベネズエラ、ニカラグア、ブラジル、ガイアナ、インド、南アフリカ、タンザニア、パキスタン、アルメニア,、アルゼンチン、ベラルーシ、タジキスタン、インドネシア、フィリピン ウガンダ、ジンバブエ 、キプロス、及びその他諸国があり、アラブ連盟加盟国であるイラク、エジプト(2013年のクーデター以降)、アルジェリア、クウェート、スーダン、レバノン、オマーン、パレスチナ自治政府、及びイエメンとも友好関係を維持している。シリア フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たスーダンスーダン

    ハライブ・トライアングルおよびビル・タウィール(エジプト・スーダン国境):ハライブ・トライアングルは、エジプトとスーダンの間の紅海に面した地域。エジプトとスーダンが領有を主張。ビル・タウィールはハライブ・トライアングルの真西にある一帯だが、ここの領有権を主張するとハライブ・トライアングルの領土問題で不利になることから、エジプト・スーダンのいずれも領有権を主張していない、世界的にも珍しい無主地である。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • スーダンの鉄道

    スーダンの鉄道から見たスーダンスーダン

    スーダンの鉄道では、スーダンにおける鉄道について記す。スーダンの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ケープ・カイロ鉄道

    ケープ・カイロ鉄道から見たスーダンスーダン

    ケープ・カイロ鉄道(Cape to Cairo Railway)はアフリカを南北に縦断する未完成の鉄道路線である。この鉄道の計画は19世紀末の植民地支配の時代に起源があり、南北に連なるイギリス帝国の植民地を南はケープタウン(ケープ植民地、現南アフリカ)から北はカイロ(エジプト)まで結ぼうというセシル・ローズの構想に基づいている。現在までに計画の半分以上が開通しているが、スーダンとウガンダの領内に大きな未開通部分を残している。ケープ・カイロ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • リビア

    リビアから見たスーダンスーダン

    リビア国(, '、)、通称リビア(リービヤー、, '、)は、北アフリカに位置する共和制国家。東にエジプト、南東にスーダン、南にチャドとニジェール、西にアルジェリア、北西にチュニジアと国境を接し、北は地中海に面し、海を隔てて旧宗主国のイタリアが存在する。首都はトリポリである。リビア フレッシュアイペディアより)

798件中 61 - 70件表示

「スーダン」のニューストピックワード