798件中 71 - 80件表示
  • エジプト

    エジプトから見たスーダンスーダン

    西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エボラ出血熱

    エボラ出血熱から見たスーダンスーダン

    初めてこのウイルスが発見されたのは1976年6月。スーダン(現:南スーダン)のヌザラ (Nzara) という町で、倉庫番を仕事にしている男性が急に39度の高熱と頭や腹部の痛みを感じて入院、その後消化器や鼻から激しく出血して死亡した。その後、その男性の近くにいた2人も同様に発症して、それを発端に血液や医療器具を通して感染が広がった。最終的にヌザラでの被害は、感染者数284人、死亡者数151人というものだった。エボラ出血熱 フレッシュアイペディアより)

  • サヘル

    サヘルから見たスーダンスーダン

    サヘル(Sahel)とはサハラ砂漠南縁部に広がる半乾燥地域である。主に西アフリカについて用いられるが、場合によりスーダンやアフリカの角の諸地域を含める事もある。語源はアラビア語の????(sāhil、岸辺の意)。サヘル フレッシュアイペディアより)

  • 2017年

    2017年から見たスーダンスーダン

    ドナルド・トランプ米大統領により大統領令13769号が発令され、イラク、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの全国民の入国が90日間は禁止となった。2017年 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ

    アフリカから見たスーダンスーダン

    1995年から10年間にアフリカは経済成長を続け、2005年の平均成長率は5%に達した。さらに、埋蔵石油を持ち輸出に振り分けるため掘削に着手したアンゴラ・スーダン・赤道ギニアなど数カ国はさらなる成長が見込まれる。さらにアフリカには世界中のコバルト90%、白金90%と金の50%、クロム98%、タンタライト(en)70%、マンガン64%、ウラン33%が存在すると考えられている。コンゴ民主共和国には、携帯電話の製造に欠かせないコルタンが世界の70%に相当する量に上り、ダイヤモンドも世界の30%以上が同国に存在する。ギニアは世界最大のボーキサイト供給国である。このようにアフリカの経済成長はほとんどが資源提供を背景としたもので、工業や農業の発展ではなく、雇用創出や貧困からの脱却に寄与していない。実際に、2008年にリーマンショックを原因として起こった食糧危機では、1億人が飢餓状態に陥った。アフリカ フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア解放戦線革命評議会

    エリトリア解放戦線革命評議会から見たスーダンスーダン

    1958年に結成されたエリトリア解放戦線(ELF)のメンバーのうち、ELFが1981年にティグレ人民解放戦線(TPLF)とエリトリア人民解放戦線(EPLF)によってスーダンに退去させられた際EPLFに合流しなかったメンバーの一部によって結成された。EPLFとELF-RCとの最も重要な違いはELF-RCは多元的民主主義を受容している点である。1991年のエリトリア人民解放戦線(EPLF、現・民主正義人民戦線〔PFDJ〕)を中心とするアスマラ攻撃に参加し、臨時政府にも参加した。EPLFと協力関係にあったが独立前に協力関係を打ち切られ、1998年にエチオピア・エリトリア国境紛争が勃発するに至ってエチオピアの政権与党・エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)と和解した。1999年の反政府協力組織・エリトリア国民同盟(Alliance of Eritrean National Forces ,AENF・Eriteran National Alliance,ENA)が結成された際、当時議長であったアバデラ・イドリースが代表についた。以降常に反エリトリア政府・反PFDJの立場をとっている。本拠地はエリトリア政府の対外関係によって左右され、エチオピア・エリトリアの戦争中は両国の国境地帯、2002年の停戦後はスーダン南西部の難民キャンプ、2004年スーダンとエリトリアが和解した後は難民キャンプの移動に伴い再びエチオピア・エリトリアの国境付近やAENFのメンバーだったエリトリア革命民主戦線(Eritrean Revolutionary Democratic Front,ERDF)の勢力圏内に転じている。イギリス、スウェーデンにも活動拠点を持つ。エリトリアは事実上の一党独裁制の為、現在もなお非合法組織とされている。エリトリア解放戦線革命評議会 フレッシュアイペディアより)

  • スーダン共和国

    スーダン共和国から見たスーダンスーダン

    スーダン共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事国家

    軍事国家から見たスーダンスーダン

    スーダン(1958-1964、1969-1986、1989-1996)軍事国家 フレッシュアイペディアより)

  • 砂の迷宮

    砂の迷宮から見たスーダンスーダン

    イスラム過激派「紅海の虹」のリーダー。スーダンを拠点とするグループの指導者。砂の迷宮 フレッシュアイペディアより)

  • 国道P-5号線 (エリトリア)

    国道P-5号線 (エリトリア)から見たスーダンスーダン

    国道P-5号線は、ケレンの南側、アディ・テケレザンの北側からアゴルダト、デッダ、バレンツ、ハイコタを経由し、テセネイの西側Aligiderのスーダン国境に至っている。アスファルトで舗装がなされている。ケレンでは国道S-1号線が北に分岐し、バレンツでは国道S-3号線が東に、テセネイでは国道S-2号線が南側に分岐している。国道P-5号線 (エリトリア) フレッシュアイペディアより)

798件中 71 - 80件表示

「スーダン」のニューストピックワード