604件中 81 - 90件表示
  • 国道P-5号線 (エリトリア)

    国道P-5号線 (エリトリア)から見たスーダンスーダン

    国道P-5号線は、ケレンの南側、アディ・テケレザンの北側からアゴルダト、デッダ、バレンツ、ハイコタを経由し、テセネイの西側Aligiderのスーダン国境に至っている。アスファルトで舗装がなされている。ケレンでは国道S-1号線が北に分岐し、バレンツでは国道S-3号線が東に、テセネイでは国道S-2号線が南側に分岐している。国道P-5号線 (エリトリア) フレッシュアイペディアより)

  • 北部スーダン

    北部スーダンから見たスーダンスーダン

    北部スーダン フレッシュアイペディアより)

  • 栗本英世

    栗本英世から見たスーダンスーダン

    栗本 英世(くりもと えいせい、1957年 - )は、日本の人類学者。専攻は社会人類学、アフリカ民族誌。大阪大学教授。長年スーダンの研究に取り組んでいる。栗本英世 フレッシュアイペディアより)

  • オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケ

    オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケから見たスーダンスーダン

    シルマルケは国際連合の外交官としてスリランカやシエラレオネに赴任し、スーダンではダルフール紛争に関する政治アドバイザーを務めた。その後、ソマリアでアメリカ大使に任命された。オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケ フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア州

    エリトリア州から見たスーダンスーダン

    エリトリア州(エリトリアしゅう、)は1962年から1993年までエチオピア北部の海岸部に存在した州。州都アスマラ。北側は紅海に面し、北西側はスーダンとの国境、南東側はジブチとの国境を持ち、南側を西からベゲムデル州・ティグレ州・ウォロ州と隣接していた。1962年、エリトリアは連邦を形成していたエチオピアに併合され、エチオピアの14番目の州になった。1993年までエチオピアの州としての地位にあったが、エリトリア独立戦争の結果、独立国家・エリトリア国として独立し、エチオピアの州から外れた。エリトリア州 フレッシュアイペディアより)

  • モハマッド・モハマッド・シャバーン

    モハマッド・モハマッド・シャバーンから見たスーダンスーダン

    1990年代初め、アフガニスタン内戦に参加し、スーダン、ソマリア、レバノン、グルジアを訪れた。モハマッド・モハマッド・シャバーン フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・アーティフ

    ムハンマド・アーティフから見たスーダンスーダン

    アーティフはビン・ラーディンを追って1992年にスーダンに入った。アーティフはソマリアやケニアにも何度か入った。アメリカはモガディシュの戦闘でアメリカ軍と交戦した民兵はアーティフが養成したものだと、アーティフを非難した。ムハンマド・アーティフ フレッシュアイペディアより)

  • .sd

    .sdから見たスーダンスーダン

    .sdは国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、スーダンおよび南スーダンに割り当てられている。.sd フレッシュアイペディアより)

  • セダン核実験

    セダン核実験から見たスーダンスーダン

    2005年3月2日、エレン・タウシャー下院議員(カリフォルニア州選出、民主党 のちオバマ政権で軍備管理・国際安全保障担当国務次官)は、セダンの様な核実験で生じた大量の放射性降下物の封じ込めに関して、議会で演説した。しかし公式記録には、セダンと言う言葉が誤って国名のスーダンと記録されてしまった。この記録から数日の内に、国際社会はこの内容に気が付いた。スーダンは“政府としてこの件を深刻かつ重要な内容として受け止める”と発表した。また中国の新華社は、“スーダン政府は米国により自国民の発がん率が上げられたことを非難する”という記事を配信したセダン核実験 フレッシュアイペディアより)

  • サワ国防訓練センター

    サワ国防訓練センターから見たスーダンスーダン

    サワ国防訓練センター(サワこくぼうくんれんセンター)は、スーダン国境付近のバドメの北にあるサワ付近に設立された、エリトリア国内の高等学校第11学年及び第12学年における就学が義務とされている教育機関。生徒は通常の学科に加えてコンピュータ等の工業技術を学習する。エリトリアでは兵役または政府事業での労役が義務になっている。エチオピアとの間に「戦争ではないが平和でもない」状態が存在することで、殆どの男女が召集を受けている。サワ国防訓練センター フレッシュアイペディアより)

604件中 81 - 90件表示

「スーダン」のニューストピックワード