前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示
  • スーダン

    スーダンから見たジミー・カーター

    2011年1月9日、南部の自治政府による独立の是非を問う住民投票が行われ、南スーダン独立票が過半数に達した。この投票のために国連はスーダン派遣団をおくり、住民投票監視団には一員として元米大統領ジミー・カーター(Jimmy Carter)がスーダン入りしている。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たジョン・ガラン

    1983年始め、非アラブ系黒人主体で南部に「新スーダン」建設を掲げる反政府組織スーダン人民解放軍 (SPLA) が、ジョン・ガランの指導の元に組織された。ヌメイリ政権は1983年9月にイスラム法を導入したため、これに反発する南部スーダンの黒人有力民族ディンカ人を主体とするスーダン人民解放軍 (SPLA) がゲリラ闘争を拡大、再び内戦に突入した。1984年からは旱魃(かんばつ)とエチオピアからの難民流入で経済困難に陥った。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たアフリカ連合

    2009年3月26日、ダルフールでの戦犯容疑(人道に対する犯罪などの容疑)で3月4日国際刑事裁判所 (ICC) から逮捕状を出されているバシール大統領は、リビアを訪問し、アフリカ連合(AU) の議長でもあるカダフィ大佐と会談した。同大統領は、逮捕状発行後、エリトリアとエジプトを訪問している。リビアが三国目。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たイドリス・デビ

    西部のダルフール地方3州でも2003年以降、アラブ系と非アラブ系の定住民フール人や遊牧民ザガワ人などとの対立が激化し、ダルフール紛争が勃発した。双方が武装勢力を組織したが、特に政府の支援を受けたアラブ系の民兵組織ジャンジャウィードの勢力が強く、民族浄化がおこなわれたとして非難の対象となった。また、多くの難民がチャドに流れ込み、ザガワ人のイドリス・デビ大統領が実権を握るチャドとの関係も極度に悪化した。2004年アフリカ連合が監視要員の派遣を決定した。2010年7月11日、国連アフリカ連合合同ダルフール派遣団は、同地方での武力紛争により、6月の死者は221人に達したことを明らかにした。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たモハメド・アン=ヌメイリ

    独立運動の主体及び自治政府が北部のイスラム教徒中心だったため、1955年に(南北内戦)が勃発し北部の「アラブ系」イスラム教徒と南部の主に黒人の非アラブ系(主にアニミズム、一部キリスト教徒)が戦った。1924年以降イギリスが南北を分断統治し、マラリアなどの予防の名目で8度以北の者が南、10度以南の者が北に行くことはどちらも違法とされたことも分裂の元となった。1969年5月、陸軍のクーデターでモハメド・アン=ヌメイリを議長とする革命評議会が全権を掌握、国名をスーダン共和国からスーダン民主共和国に改め、1971年にヌメイリが大統領に就任した。第一次スーダン内戦は1972年のまで続いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たムアンマル・アル=カッザーフィー

    2009年3月26日、ダルフールでの戦犯容疑(人道に対する犯罪などの容疑)で3月4日国際刑事裁判所 (ICC) から逮捕状を出されているバシール大統領は、リビアを訪問し、アフリカ連合(AU) の議長でもあるカダフィ大佐と会談した。同大統領は、逮捕状発行後、エリトリアとエジプトを訪問している。リビアが三国目。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たオマル・アル=バシール

    1989年6月30日、オマル・アル=バシール准将がイスラム主義組織民族イスラム戦線 (NIF) と連携して無血クーデターを成功させた。バシールは、「革命委員会」を設置して非常事態を宣言し、自ら元首、首相、革命委員会議長、国防相に就任し、NIFの主張に沿ったイスラーム化を推進した。最高機関だった革命委員会は1993年10月、民政移管に向け解散し、同委員会の権限は内閣に委譲されたが、バシールが首相を兼任したまま大統領に就任した。1996年3月の議会選では欧米諸国との関係改善を図るバシール大統領派が圧勝し、バシール政権が存続した。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たイスマーイール・パシャ

    1821年エジプトのムハンマド・アリー朝のイスマーイール・パシャにより後のスーダン北部が征服された。エジプトは次第に南部に支配を広げたがエジプトそのものがイギリスの保護下に置かれ、イギリスの力を借りて支配を広げていった。(History of Sudan under Muhammad Ali and his successors (1821?1885))スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たテロ支援国家

    バシール政権は、湾岸戦争時にはイラク側についたため諸外国との関係が悪化し、1993年にはアメリカにテロ支援国家の指定を受け、以後経済制裁が続いている。一時改善の兆しがあったものの、2003年のダルフール紛争勃発後はさらに両国の関係は悪化した。このため、バシール政権はスーダンの豊富な資源を求めている中華人民共和国との関係を深めており、経済・軍事両面において両国は密接な関係を持っている。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た非常事態宣言

    1989年6月30日、オマル・アル=バシール准将がイスラム主義組織民族イスラム戦線 (NIF) と連携して無血クーデターを成功させた。バシールは、「革命委員会」を設置して非常事態を宣言し、自ら元首、首相、革命委員会議長、国防相に就任し、NIFの主張に沿ったイスラーム化を推進した。最高機関だった革命委員会は1993年10月、民政移管に向け解散し、同委員会の権限は内閣に委譲されたが、バシールが首相を兼任したまま大統領に就任した。1996年3月の議会選では欧米諸国との関係改善を図るバシール大統領派が圧勝し、バシール政権が存続した。スーダン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示

「スーダン」のニューストピックワード