168件中 11 - 20件表示
  • スーダン

    スーダンから見たダルフール紛争

    西部のダルフール地方3州でも2003年以降、アラブ系と非アラブ系の定住民フール人や遊牧民ザガワ人などとの対立が激化し、ダルフール紛争が勃発した。双方が武装勢力を組織したが、特に政府の支援を受けたアラブ系の民兵組織ジャンジャウィードの勢力が強く、民族浄化がおこなわれたとして非難の対象となった。また、多くの難民がチャドに流れ込み、ザガワ人のイドリス・デビ大統領が実権を握るチャドとの関係も極度に悪化した。2004年アフリカ連合が監視要員の派遣を決定した。2010年7月11日、国連アフリカ連合合同ダルフール派遣団は、同地方での武力紛争により、6月の死者は221人に達したことを明らかにした。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たマラリア

    独立運動の主体及び自治政府が北部のイスラム教徒中心だったため、1955年に(南北内戦)が勃発し北部の「アラブ系」イスラム教徒と南部の主に黒人の非アラブ系(主にアニミズム、一部キリスト教徒)が戦った。1924年以降イギリスが南北を分断統治し、マラリアなどの予防の名目で8度以北の者が南、10度以南の者が北に行くことはどちらも違法とされたことも分裂の元となった。1969年5月、陸軍のクーデターでモハメド・アン=ヌメイリを議長とする革命評議会が全権を掌握、国名をスーダン共和国からスーダン民主共和国に改め、1971年にヌメイリが大統領に就任した。第一次スーダン内戦は1972年のまで続いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た内閣

    1989年6月30日、オマル・アル=バシール准将がイスラム主義組織民族イスラム戦線 (NIF) と連携して無血クーデターを成功させた。バシールは、「革命委員会」を設置して非常事態を宣言し、自ら元首、首相、革命委員会議長、国防相に就任し、NIFの主張に沿ったイスラーム化を推進した。最高機関だった革命委員会は1993年10月、民政移管に向け解散し、同委員会の権限は内閣に委譲されたが、バシールが首相を兼任したまま大統領に就任した。1996年3月の議会選では欧米諸国との関係改善を図るバシール大統領派が圧勝し、バシール政権が存続した。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たトトメス1世

    かつてこのスーダンのナイル川流域北部はヌビアと呼ばれ、北に栄えた古代エジプトの影響を強く受けた地域である。古代エジプトの諸王朝は、勢力が強まるとナイル川沿いに南下して金や象牙の交易拠点を作り支配領域を広げ、国力が衰退すると撤退することを繰り返した。そうした中、紀元前2200年頃に、南部から移動してきた黒人の集団がこの地域にクシュ王国と呼ばれるはじめての王国を建国した。この王国は中王国時代のエジプトの影響を受けながら勢力を拡大していった。その後、エジプトが新王国時代に入るとトトメス1世がクシュを滅亡させた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た公用語

    アラビア語()と英語が公用語。など非アラブ民族語も広く話される。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た国際連合教育科学文化機関

    スーダン国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が1件ある。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た小学校

    教育制度は小学校8年、Secondary School3年、大学4年の8・3・4制であり、義務教育は小学校8年のみである。バシール政権成立後、教育のイスラム化が重視され、1991年にはイスラム教育が導入された。これは非イスラム教圏にも適用されたため、国内の非イスラム教徒の反発を招いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た比例代表制

    議会は、一院制の国民議会(360議席)。全議席の60%を小選挙区制、15%を比例代表制で選出する。残り25%は女性議員枠である。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たレアメタル

    同様にレアメタルの埋蔵量も注目を集めている。そのほか、メロウェダムに象徴される大規模な水力発電所及びダム、鉄道(老朽化したポートスーダンからハルツーム間)の建設も中国系企業が受注するなど、極めて濃厚な協力の下、徐々に経済が立ち直る兆しが見られる。以上の理由から、特に東部では経済が急成長しており、首都ハルツームでは総工費40億円を掛けて63塔もの高層ビルの建築が進行中である。しかし、石油資源などが豊富な地域は南部スーダン地域であり、南部スーダンが独立し、中国が長年かけてスーダンに投資してきた地下資源権益が毀損されてしまう可能性もある。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たクーデター

    独立運動の主体及び自治政府が北部のイスラム教徒中心だったため、1955年に(南北内戦)が勃発し北部の「アラブ系」イスラム教徒と南部の主に黒人の非アラブ系(主にアニミズム、一部キリスト教徒)が戦った。1924年以降イギリスが南北を分断統治し、マラリアなどの予防の名目で8度以北の者が南、10度以南の者が北に行くことはどちらも違法とされたことも分裂の元となった。1969年5月、陸軍のクーデターでモハメド・アン=ヌメイリを議長とする革命評議会が全権を掌握、国名をスーダン共和国からスーダン民主共和国に改め、1971年にヌメイリが大統領に就任した。第一次スーダン内戦は1972年のまで続いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

168件中 11 - 20件表示