253件中 31 - 40件表示
  • スーダン

    スーダンから見た連立政権

    1964年のアブード政権崩壊後、1965年4月にウンマ党と国民統一党との連立政権が誕生。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たシーア派

    2016年1月2日にサウジアラビアがイスラム教シーア派の有力指導者を処刑したことで、サウジアラビアとイランの関係は急速に悪化。イランの首都テヘランにあるサウジアラビア大使館が襲撃されたことをきっかけに、サウジアラビアはイランとの国交を断絶した。スーダンもこれに続いて、イランとの国交断絶を表明した。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た大学

    教育制度は小学校8年、Secondary School3年、大学4年の8・3・4制であり、義務教育は小学校8年のみである。バシール政権成立後、教育のイスラム化が重視され、1991年にはイスラム教育が導入された。これは非イスラム教圏にも適用されたため、国内の非イスラム教徒の反発を招いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たテヘラン

    2016年1月2日にサウジアラビアがイスラム教シーア派の有力指導者を処刑したことで、サウジアラビアとイランの関係は急速に悪化。イランの首都テヘランにあるサウジアラビア大使館が襲撃されたことをきっかけに、サウジアラビアはイランとの国交を断絶した。スーダンもこれに続いて、イランとの国交断絶を表明した。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た企業

    東部に限れば、「アフリカのパン篭」とも言われる肥沃なナイル川周辺の農地を使っての小麦、トウモロコシの栽培が盛んである。とくに、ハルツームより南の白ナイル川と青ナイル川に挟まれた三角地帯では、1925年にイギリスの植民地政府によってゲジラ計画がおこなわれ、大規模灌漑によって小麦や綿花の大穀倉地帯となった。最近はトルコやサウジアラビアなどの周辺諸国の企業による農業投資が盛んである。とりわけ湾岸アラブ諸国は、国土の大半が農業に不向きな砂漠のため食料供給地としてのスーダンに着目している。2008年の農業投資契約数は33件で07年度の3倍である。スーダン政府は、投資企業に土地を安く提供、関税免除などの特典で、投資国を引き付けようとしている。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たホレイショ・ハーバート・キッチナー

    1898年イギリスのホレイショ・キッチナー率いる英埃軍がオムダーマンの戦い(オムドゥルマンの戦い)などでマフディー国家を制圧した。しかし、この十余年のマフディ国家の支配下で進出していたフランスのマルシャン部隊とイギリス軍がファショダ村(Kodok)で衝突し、ファショダ事件がおこった。この事件は、イギリスの南下政策とフランスの東進政策が背景にあったが、本国政府同士で話し合い、スーダンとモロッコの利権を交換することで解決をみた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たチャールズ・ゴードン

    1883年にムハンマド・アフマドをマフディー指導者とするマフディーの乱がおこり、1885年には、エジプト/イギリス軍のチャールズ・ゴードンを、ハルツームで戦死させ、マフディー国家( Mahdist Sudan、 )が建設された。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たテロ支援国家

    バシール政権は、湾岸戦争時にはイラク側についたため諸外国との関係が悪化し、1993年にはアメリカ合衆国にテロ支援国家の指定を受け、以後経済制裁が続いている。一時改善の兆しがあったものの、2003年のダルフール紛争勃発後はさらに欧米諸国との関係が悪化した。このため、バシール政権はスーダンの豊富な資源を求めている中華人民共和国との関係を深めており、経済・軍事両面で両国は密接な関係を持っている。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た非常事態宣言

    1989年6月30日、オマル・アル=バシール准将がイスラム主義組織民族イスラム戦線(NIF)と連携して無血クーデターを成功させた。バシールは、「革命委員会」を設置して非常事態を宣言し、自ら元首、首相、革命委員会議長、国防相に就任し、NIFの主張に沿ったイスラーム化を推進した。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た水力発電

    同様にレアメタルの埋蔵量も注目を集めている。そのほか、メロウェダムに象徴される大規模な水力発電所及びダム、鉄道(老朽化したポートスーダンからハルツーム間)の建設も中国系企業が受注するなど、極めて濃厚な協力の下、徐々に経済が立ち直る兆しが見られる。以上の理由から、特に東部では経済が急成長しており、首都ハルツームでは総工費40億円を掛けて63塔もの高層ビルの建築が進行中である。しかし、石油資源などが豊富な地域は南部スーダン地域であり、南部スーダンが独立し、中国が長年かけてスーダンに投資してきた地下資源権益が毀損されてしまう可能性もある。スーダン フレッシュアイペディアより)

253件中 31 - 40件表示

「スーダン」のニューストピックワード