168件中 41 - 50件表示
  • スーダン

    スーダンから見たナイル川

    かつてこのスーダンのナイル川流域北部はヌビアと呼ばれ、北に栄えた古代エジプトの影響を強く受けた地域である。古代エジプトの諸王朝は、勢力が強まるとナイル川沿いに南下して金や象牙の交易拠点を作り支配領域を広げ、国力が衰退すると撤退することを繰り返した。そうした中、紀元前2200年頃に、南部から移動してきた黒人の集団がこの地域にクシュ王国と呼ばれるはじめての王国を建国した。この王国は中王国時代のエジプトの影響を受けながら勢力を拡大していった。その後、エジプトが新王国時代に入るとトトメス1世がクシュを滅亡させた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たニヤラ

    南ダルフール州(ニヤラスーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たフール人

    西部のダルフール地方3州でも2003年以降、アラブ系と非アラブ系の定住民フール人や遊牧民ザガワ人などとの対立が激化し、ダルフール紛争が勃発した。双方が武装勢力を組織したが、特に政府の支援を受けたアラブ系の民兵組織ジャンジャウィードの勢力が強く、民族浄化がおこなわれたとして非難の対象となった。また、多くの難民がチャドに流れ込み、ザガワ人のイドリス・デビ大統領が実権を握るチャドとの関係も極度に悪化した。2004年アフリカ連合が監視要員の派遣を決定した。2010年7月11日、国連アフリカ連合合同ダルフール派遣団は、同地方での武力紛争により、6月の死者は221人に達したことを明らかにした。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た大統領

    独立運動の主体及び自治政府が北部のイスラム教徒中心だったため、1955年に(南北内戦)が勃発し北部の「アラブ系」イスラム教徒と南部の主に黒人の非アラブ系(主にアニミズム、一部キリスト教徒)が戦った。1924年以降イギリスが南北を分断統治し、マラリアなどの予防の名目で8度以北の者が南、10度以南の者が北に行くことはどちらも違法とされたことも分裂の元となった。1969年5月、陸軍のクーデターでモハメド・アン=ヌメイリを議長とする革命評議会が全権を掌握、国名をスーダン共和国からスーダン民主共和国に改め、1971年にヌメイリが大統領に就任した。第一次スーダン内戦は1972年のまで続いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たステップ気候

    国土の大部分は広大な平原で、ほぼ中央をナイル川とその支流が縦貫する。北部はヌビア砂漠、南部はステップ気候であり、サヘル地帯が広がっている。北部は乾燥した砂漠気候であり年間降水量は100mm以下である。わずかにナイル川や紅海沿岸に少数の人々が住むに過ぎない。紅海沿岸は起伏が多く、平野はあまり発達していないが、湾入も少なく良港はほとんどない。中部は乾季には乾燥するが、雨季にはまとまった降水量があり、特に白ナイル川以東のゲジラ地区などは肥沃な農業地帯となっている。南部のコルドファンや西部のダルフールでも事情は同じで、雨季には農耕も行われ、さらに雨を受けて広大な草原となった土地を牧草地として、盛んに牧畜がおこなわれる。西部のダルフール地域にあるマッラ山地や中央部のヌバ山地など、いくつかの山地が孤立して存在している。最高地点はマッラ山地のデリバ・カルデラ (標高3042m) 。南にいくにしたがって雨量が増え、ステップ気候となっていく。北部の砂漠と紅海沿岸は一年中、日中の気温が40℃を超す炎熱の地である。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た国民会議 (スーダン)

    1998年5月、政党結成の自由などを含む新憲法の可否を問う国民投票を実施し、96.7%が賛成により成立、1989年以来禁止されていた政党活動が解禁となった(政党登録開始は1999年1月)。しかし、バシール大統領は大統領の権限縮小を狙う国民議会のハサン・トラービー議長との確執から、1999年12月に非常事態を宣言し国民議会を解散、内閣も総辞職し、2000年1月に親トラービー派を排除した新内閣が発足、トラービーはバシール政権の与党「国民会議」(NC, NIFを母胎とするイスラム主義政党)の書記長を解任された。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たリビア

    スーダン共和国(スーダンきょうわこく)、通称スーダンは、北アフリカに位置する国家。首都はハルツームである。エジプト、リビア、チャド、中央アフリカ、エチオピア、エリトリア、南スーダンと国境を接し、東は紅海に面している。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た国際刑事裁判所

    2009年3月26日、ダルフールでの戦犯容疑(人道に対する犯罪などの容疑)で3月4日国際刑事裁判所 (ICC) から逮捕状を出されているバシール大統領は、リビアを訪問し、アフリカ連合(AU) の議長でもあるカダフィ大佐と会談した。同大統領は、逮捕状発行後、エリトリアとエジプトを訪問している。リビアが三国目。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たキリスト教

    4世紀ごろ、メロエはエチオピア高原のアクスム王国によって滅ぼされ、その故地は北からノバティア、マクリア、アルワの三王国に分かれた。三国ともに5世紀頃にキリスト教を受容し、以後1000年近くキリスト教を信仰し続けたが、やがてイスラム教勢力によって飲み込まれ、1505年にはイスラム教のが建国されてキリスト教勢力は消滅した。1596年には西のダルフールにおいてもイスラム教のダルフール・スルターン国(en)が建国され、この地方は完全にイスラム化された。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た南スーダン

    スーダン共和国(スーダンきょうわこく)、通称スーダンは、北アフリカに位置する国家。首都はハルツームである。エジプト、リビア、チャド、中央アフリカ、エチオピア、エリトリア、南スーダンと国境を接し、東は紅海に面している。スーダン フレッシュアイペディアより)

168件中 41 - 50件表示

「スーダン」のニューストピックワード