168件中 51 - 60件表示
  • スーダン

    スーダンから見たアラビア語

    「スーダーン」はアラビア語で「黒い人」を意味する言葉を原義とし、元来は北アフリカのアラブ人たちからみて南に住む黒人の居住地域、すなわち西アフリカから東アフリカに至るまでのサハラ砂漠以南の広い地域を指す地域名称で、国名としてのスーダンと区別するために歴史的スーダンともいう。スーダンは、歴史的スーダンの東部を占め、歴史的には東スーダーンと呼ばれた地域にあたる。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たイギリス

    1898年イギリスのホレイショ・キッチナー率いる英埃軍がオムダーマンの戦い(オムドゥルマンの戦い)などでマフディー国家を制圧した。しかし、この十余年のマフディ国家の支配下で進出していたフランスのマルシャン部隊とイギリス軍がファショダ村(Kodok)で衝突し、ファショダ事件がおこった。この事件は、イギリスの南下政策とフランスの東進政策が背景にあったが、本国政府同士で話し合い、スーダンとモロッコの利権を交換する事で解決をみた。1899年から再びエジプトとイギリスの両国による共同統治下(英埃領スーダン)に置かれた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たアフリカ大陸

    アルジェリア・コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を擁する。2011年7月の南スーダン共和国の分離独立前は、面積2,505,810km?とアフリカ大陸最大の国土を有する国家であった。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たサヘル

    2010年7月12日、国際刑事裁判所 (ICC)は、バシール大統領にジェノサイド(大量殺害)犯罪容疑で2回目の逮捕状を発行した。7月15日、スーダンの2005年包括和平合意(CPA)の北部のスーダン国民会議(NC)と南部のSPLAは、南北境界画定合同委員会を補佐する小委員会の設置で合意したことを明らかにした。この南北境界画定合同委員会は3年前に発足した。7月21日バシール大統領はサヘル(サハラ南縁)諸国首脳会議のためチャドを訪れた。同大統領がICC 締結国を訪問するのははじめてである。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たアニミズム

    独立運動の主体及び自治政府が北部のイスラム教徒中心だったため、1955年に(南北内戦)が勃発し北部の「アラブ系」イスラム教徒と南部の主に黒人の非アラブ系(主にアニミズム、一部キリスト教徒)が戦った。1924年以降イギリスが南北を分断統治し、マラリアなどの予防の名目で8度以北の者が南、10度以南の者が北に行くことはどちらも違法とされたことも分裂の元となった。1969年5月、陸軍のクーデターでモハメド・アン=ヌメイリを議長とする革命評議会が全権を掌握、国名をスーダン共和国からスーダン民主共和国に改め、1971年にヌメイリが大統領に就任した。第一次スーダン内戦は1972年のまで続いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たイスラム教

    4世紀ごろ、メロエはエチオピア高原のアクスム王国によって滅ぼされ、その故地は北からノバティア、マクリア、アルワの三王国に分かれた。三国ともに5世紀頃にキリスト教を受容し、以後1000年近くキリスト教を信仰し続けたが、やがてイスラム教勢力によって飲み込まれ、1505年にはイスラム教のが建国されてキリスト教勢力は消滅した。1596年には西のダルフールにおいてもイスラム教のダルフール・スルターン国(en)が建国され、この地方は完全にイスラム化された。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たMi-17 (航空機)

    保有機数や運用実態の詳細は不明であるが、スーダン空軍では固定翼機はMiG-21(主として中国生産型のJ-7)及びMiG-29を、回転翼機はMi-24/35やMi-8/17などを保有している。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た攻撃ヘリコプター

    MiG-29については、ダルフール紛争に関する国際的な批判にも拘らず、2003年から2004年にかけてロシアより最新派生型のひとつMiG-29ESh戦闘機10機とMiG-29UB練習機2機が輸出され、国際的な注目を集めた。ロシアは、MiG-29のこの派生型は対地攻撃には使用できない仕様であり紛争には関係しないと説明していたが、一方で対地攻撃ヘリコプターMi-35の新型を引渡している。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た義務教育

    教育制度は小学校8年、Secondary School3年、大学4年の8・3・4制であり、義務教育は小学校8年のみである。バシール政権成立後、教育のイスラム化が重視され、1991年にはイスラム教育が導入された。これは非イスラム教圏にも適用されたため、国内の非イスラム教徒の反発を招いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たMi-8 (航空機)

    保有機数や運用実態の詳細は不明であるが、スーダン空軍では固定翼機はMiG-21(主として中国生産型のJ-7)及びMiG-29を、回転翼機はMi-24/35やMi-8/17などを保有している。スーダン フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示