168件中 61 - 70件表示
  • スーダン

    スーダンから見たゲジラ計画

    東部に限れば、「アフリカのパン篭」とも言われる肥沃なナイル川周辺の農地を使っての小麦、トウモロコシの栽培が盛んである。とくに、ハルツームより南の白ナイル川と青ナイル川に挟まれた三角地帯では、1925年にイギリスの植民地政府によってゲジラ計画がおこなわれ、大規模灌漑によって小麦や綿花の大穀倉地帯となった。最近はトルコやサウジアラビアなどの周辺諸国の企業による農業投資が盛んである。とりわけ湾岸アラブ諸国は、国土の大半が農業に不向きな砂漠のため食料供給地としてのスーダンに着目している。2008年の農業投資契約数は33件で07年度の3倍である。スーダン政府は、投資企業に土地を安く提供、関税免除などの特典で、投資国を引き付けようとしている。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た96式戦車

    戦車は中国から96式戦車が輸出されている。また、99式戦車のライセンス生産版である「アル・バシール」を保有している。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たアフロ・アジア語族

    北部のナイル・サハラ語族を話す、中部ののニジェール・コンゴ語族を話すヌバ族や、南部のを話す民族など非アラブ黒人が52%、北部を中心にアラブ化した黒人や黒人との混血を含む「アラブ系」(:en:Sudanese Arabs)が総人口の約39%、東部のアフロ・アジア語族ベジャ語を話す(:en:Ababda people、:en:Rashaida people)が6%、外国人が2%、その他1%。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た連邦

    2005年7月9日、バシールを大統領、SPLAのジョン・ガラン最高司令官を第一副大統領とする暫定政府が発足した。暫定政府が6年間の統治を行なったうえで南部で住民投票を実施し、北部のイスラム教徒系政権と南部政府の連邦を形成するか、南部が独立するかを決めることになった。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たサウジアラビア

    東部に限れば、「アフリカのパン篭」とも言われる肥沃なナイル川周辺の農地を使っての小麦、トウモロコシの栽培が盛んである。とくに、ハルツームより南の白ナイル川と青ナイル川に挟まれた三角地帯では、1925年にイギリスの植民地政府によってゲジラ計画がおこなわれ、大規模灌漑によって小麦や綿花の大穀倉地帯となった。最近はトルコやサウジアラビアなどの周辺諸国の企業による農業投資が盛んである。とりわけ湾岸アラブ諸国は、国土の大半が農業に不向きな砂漠のため食料供給地としてのスーダンに着目している。2008年の農業投資契約数は33件で07年度の3倍である。スーダン政府は、投資企業に土地を安く提供、関税免除などの特典で、投資国を引き付けようとしている。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たアメリカ

    バシール政権は、湾岸戦争時にはイラク側についたため諸外国との関係が悪化し、1993年にはアメリカにテロ支援国家の指定を受け、以後経済制裁が続いている。一時改善の兆しがあったものの、2003年のダルフール紛争勃発後はさらに両国の関係は悪化した。このため、バシール政権はスーダンの豊富な資源を求めている中華人民共和国との関係を深めており、経済・軍事両面において両国は密接な関係を持っている。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た陸軍

    独立運動の主体及び自治政府が北部のイスラム教徒中心だったため、1955年に(南北内戦)が勃発し北部の「アラブ系」イスラム教徒と南部の主に黒人の非アラブ系(主にアニミズム、一部キリスト教徒)が戦った。1924年以降イギリスが南北を分断統治し、マラリアなどの予防の名目で8度以北の者が南、10度以南の者が北に行くことはどちらも違法とされたことも分裂の元となった。1969年5月、陸軍のクーデターでモハメド・アン=ヌメイリを議長とする革命評議会が全権を掌握、国名をスーダン共和国からスーダン民主共和国に改め、1971年にヌメイリが大統領に就任した。第一次スーダン内戦は1972年のまで続いた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見た野党

    トラービーは新党「人民国民会議」(PNC) を結成し対抗したが、12月の議会選、大統領選では野党はボイコットし、バシール大統領とバシール派政党が勝利した。2001年2月、PNCと南部のスーダン人民解放運動(SPLA)がスイスのジュネーヴで第二次内戦終結や民主化に向け協力するとの覚書に調印したため、政府はトラービーらを逮捕して対抗した。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たアルジェリア

    アルジェリア・コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を擁する。2011年7月の南スーダン共和国の分離独立前は、面積2,505,810km?とアフリカ大陸最大の国土を有する国家であった。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たアビエイ

    南北和平協定における協定事項の一つであるアビエイの境界を巡り、北部側が提案を拒絶しディンカ系住民を攻撃し2007年末より戦闘が激化、2008年には正規軍同士が衝突するに至った。その後、調停により帰属未決定のアビエイ地域を除くアビエイ地区はスーダン側の支配下となったが、アビエイ地域以外のアビエイ地区に含まれていたヘグリグ油田は、南スーダンに帰属すると主張し、2012年3月に南スーダン軍が同油田に侵攻。南スーダン・スーダン国境紛争が発生した。スーダン フレッシュアイペディアより)

168件中 61 - 70件表示