66件中 41 - 50件表示
  • AV女優

    AV女優から見た陰茎

    当時はビデ倫のモザイクが非常に濃かったこともあり、モザイクの向こうで本番行為、すなわち陰茎の膣への挿入が行われていないことは半ば当たり前であったようだ。特にルックスの良い、ランクの高い女優にとってこれが当てはまる。東良美季は『別冊宝島211 1億人のAV』で「当時は<本番>と言えば<SM>や<スカトロ>とさほど変わらない、かなりキワモノ的な行為だったのだ」と語っている。ただしこれには、モデルプロダクション側の意向も有ったとも言われている。彼らは女優が人気を博せば通常の芸能界への売り込みを考えており、その為質の高い女優には、本番などのプレイを行わせることはよしとしなかったと言うのだ。またある人気AV女優は1986年、男性誌GOROでのインタビューで堂々と、撮影時には(モザイクの向こうでは)前張りを付けている、フェラチオ時には(モザイクの向こうでは)ガムテープで作られた物体を使用している、本番はやりません、などと答えていた。実は本番をせずに本番をしている様に見せる行為は疑似本番と呼ばれる様になった。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たダイコン

    代表例としては豊丸が挙げられよう。彼女のデビュー作は1989年5月、『吸淫力 - 史上最強のワイセツ』。膣にダイコンを挿入しアナルセックスまでこなし、自らも感じまくると言う作品である。豊丸は自らも感じまくると言う淫猥な演技で人気を博し、1988年には20本以上のAVに出演する。文献ではその他、淫乱の嚆矢となった咲田葵 『いんらんパフォーマンス GINZAカリカリ娘』(1987年5月)、膣にバイブを実に7本挿入すると言うプレイを見せた亜利沙、痙攣失神・潮吹きの沖田ゆかりなどが紹介されている。なお潮吹きは1990年代以降、アダルトビデオの一つの要素として確立されている。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たオーディション

    ほとんどのAV女優はAV事務所(AVプロダクション)に所属しており、マネージメントされる立場にある。一般的にAVメーカー(制作会社)からの出演依頼を取り付け、初めて撮影となり、収入が得られる。新人AV女優は仕事を得るためにマネージャーと共にメーカー回りをして、ようやく仕事(収入)が得られる。このメーカー回りのことを業界用語では「面接回り」と言うが、一般的に言えば「オーディション」である。また、プロダクションはマネージメントだけでなく、撮影現場でのトラブルの解決も重要な仕事の一つである。マネージメント料は相当な高額であり、村西 (2011)は折半としているが、いのうえ(2012)では事務所7、女優3が多く中には折半もみられるとしており、中村(2012)は折半は良心的な方であり、60 - 70%はプロダクションに流れるとしている。プロダクションから独立して独自にAVメーカーと契約することも可能ではあるが、適切な出演料を提示できなかったり、或いは逆に買い叩かれてしまうなど困難が多い。ただし企画女優においては長期間成功しているケースもみられる。プロダクションはかつてに比べれば健全化しており、ギャラなどもある程度は明らかにされるようになってきているが、ギャラの持ち逃げや、AV女優に偽って劣悪な撮影現場に送り出すなどといった例もある。また過度のSMプレイにより刑事事件となったバッキー事件などもある。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たオンラインストア

    DVD化による作品の長時間化(VHS時代は一般的に1本40 - 60分、たまに90分の作品もあった。DVDでは1本90分から2時間、長いと3、4時間以上)、インターネットの普及(ファン同士の情報交換、オンラインストアの購入者による商品評価によって作品の評判がすぐ広まってしまう)が環境の変化としてあげられる。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見た海賊版

    近年では深夜放送のドラマやバラエティー番組に有名AV女優がレギュラーやゲストで出演することも珍しくなくなって来ている。一般芸能界で最も成功した例として飯島愛(1972 - 2008、タレント・『プラトニック・セックス』)や黒木香(1965 -)が挙げられるが、近年は及川奈央(1981 -)が子供向け特撮番組やNHK大河ドラマに出演するなど大きな活躍を見せ、また2008年以降はAV女優で構成されたアイドルグループ恵比寿マスカッツが人気を得た。また執筆した小説が映画化・漫画化されたほか舞台・映画の主演などを行うみひろ、海賊版の流通をきっかけに香港・中国・台湾で大きな人気となっている蒼井そら、小澤マリアなども活躍している。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見た特撮番組

    近年では深夜放送のドラマやバラエティー番組に有名AV女優がレギュラーやゲストで出演することも珍しくなくなって来ている。一般芸能界で最も成功した例として飯島愛(1972 - 2008、タレント・『プラトニック・セックス』)や黒木香(1965 -)が挙げられるが、近年は及川奈央(1981 -)が子供向け特撮番組やNHK大河ドラマに出演するなど大きな活躍を見せ、また2008年以降はAV女優で構成されたアイドルグループ恵比寿マスカッツが人気を得た。また執筆した小説が映画化・漫画化されたほか舞台・映画の主演などを行うみひろ、海賊版の流通をきっかけに香港・中国・台湾で大きな人気となっている蒼井そら、小澤マリアなども活躍している。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たプラトニック・セックス

    近年では深夜放送のドラマやバラエティー番組に有名AV女優がレギュラーやゲストで出演することも珍しくなくなって来ている。一般芸能界で最も成功した例として飯島愛(1972 - 2008、タレント・『プラトニック・セックス』)や黒木香(1965 -)が挙げられるが、近年は及川奈央(1981 -)が子供向け特撮番組やNHK大河ドラマに出演するなど大きな活躍を見せ、また2008年以降はAV女優で構成されたアイドルグループ恵比寿マスカッツが人気を得た。また執筆した小説が映画化・漫画化されたほか舞台・映画の主演などを行うみひろ、海賊版の流通をきっかけに香港・中国・台湾で大きな人気となっている蒼井そら、小澤マリアなども活躍している。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見た俳優

    AV女優(エーブイじょゆう)は、日本のアダルトビデオ(AV。内容はポルノビデオ)に出演する専門の女優である。非アダルト系メディア出演時にはセクシー女優と言い換えられることがある。本項は日本或いは日本系の性的映像であるAVの女優について記述するため特記ない場合は日本における状況である。2012現在、一説には6000 - 8000人のAV女優がおり、また一説にはAVの誕生よりほぼ30年を経た2011年現在、延べ20万人にものぼると言う。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たバッキー事件

    ほとんどのAV女優はAV事務所(AVプロダクション)に所属しており、マネージメントされる立場にある。一般的にAVメーカー(制作会社)からの出演依頼を取り付け、初めて撮影となり、収入が得られる。新人AV女優は仕事を得るためにマネージャーと共にメーカー回りをして、ようやく仕事(収入)が得られる。このメーカー回りのことを業界用語では「面接回り」と言うが、一般的に言えば「オーディション」である。また、プロダクションはマネージメントだけでなく、撮影現場でのトラブルの解決も重要な仕事の一つである。マネージメント料は相当な高額であり、村西 (2011)は折半としているが、いのうえ(2012)では事務所7、女優3が多く中には折半もみられるとしており、中村(2012)は折半は良心的な方であり、60 - 70%はプロダクションに流れるとしている。プロダクションから独立して独自にAVメーカーと契約することも可能ではあるが、適切な出演料を提示できなかったり、或いは逆に買い叩かれてしまうなど困難が多い。ただし企画女優においては長期間成功しているケースもみられる。プロダクションはかつてに比べれば健全化しており、ギャラなどもある程度は明らかにされるようになってきているが、ギャラの持ち逃げや、AV女優に偽って劣悪な撮影現場に送り出すなどといった例もある。また過度のSMプレイにより刑事事件となったバッキー事件などもある。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見た芸名

    2012年現在、AV女優はおおよそ「単体」、「企画単体」、「企画」に分類できる。詳しくは後述する。女優のほとんどが本名以外の別名を女優名(芸名)にして出演している。出身地は架空のものである場合が多い。AV女優 フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「セクシータレント」のニューストピックワード